たけのこさんの映画レビュー・感想・評価

たけのこ

たけのこ

映画(163)
ドラマ(0)

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.8

フィンチャーで見てなかったから。
相変わらず楽しく見れるんだけど、まぁこれに関しては元々の実話が弱いというか、どうしても尻切れ感を感じずには居られなかったのがあんまり世間的な評価も高くない要因ですかね
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.8

理解できないことほど怖いことはない。
命乞いや説得に聞く耳も持たず、目的も分からず、金でも懐柔できない。そんな十代の年端も行かぬ少年たちが武装して襲い掛かってくる恐怖。そんなモノをずっと見せられる映画
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.9

評判も良かったし、グレンも新感線も嫌いじゃない私に抜かりはなかった。
しいて言えば、堺正人とか早乙女太一の声はちょっと違和感があった。マツケンさんはよかったけれど。彼らは役者だから役者としての声を求め
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.8

ああキャメロンさん撮ってるかと思ってたけど製作なのか。
微妙っていう前評判を聞いていたのでもっとダメかと思っていたんですが、ちゃんと楽しめる作品ではありました。

ま、でもターミネーターって題材は基本
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

3.9

なるほど「2001年宇宙の旅」と比べたくなる気持ちはわからんではない。ただ同じように地味な作品ながら、こちらの方がだいぶ楽しめた気がする。まああっちは話がどう、とかそういうレベルで楽しむ映画じゃないし>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.8

面白かったな。
話はもうひと息欲しい気はしたけれど、お金がかかっているわけでもなければ、派手なシーンがあるわけでもないのに、ケヴィン・ベーコンもいいし、最後まで緊迫感があって引き付けられる映画だった。
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

シェフものって多くて、どれがどれやら……って思ってた中の一つ。
最初見始めたら、すぐ気が付いた。これ絶対見た覚えがある。でも結末はさっぱり覚えていないし、そもそもフードトラックがどう、とかいう副題なの
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

エグイ話だったよ……いやこの前見た「シシリアンゴースト~」とかとは方向は違うんだけどね。

思春期ならではの、周りイヤがることやってることの自覚があるにも関わらず、それをやめられないあの感じ。全部受け
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

幻想的で美しそうなこの絵にひかれて見てみた。
……見てみたわけだけれど、イメージとはだいぶかけ離れた作品であった。

正直わかりづらくて、ミスリードなシーンも多いし、妄想で進む場面も多い。あとから調べ
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.0

ああなんでこれを借りてしまったのかな私は……
いやいいところもあった。配役は豪華。こういう絵が撮りたい、という意欲的なカットもあった。玉城ティナがかわいい等々。
……が、しかしだな。結局、動機が見えな
>>続きを読む

アマデウス(1984年製作の映画)

4.1

アマデウス面白いよね。
モーツァルトとサリエリの話。モーツァルトの名曲とオペラで彩られた愛憎と嫉妬の物語。おじいさんの一人語りというだけのはずの話をここまで見せるものにする力量。
何が凄い、と言いづら
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.8

よくできていた。流石にノミネートが多いだけのことはある。
終始綱渡りを見ているようで、え、それ行けちゃうの??という行動の連続。すごくとびぬけてどう、という感じでもなかったけれど、よくできた映画を見た
>>続きを読む

8月の家族たち(2013年製作の映画)

3.7

メリル・ストリープは流石圧巻の演技。
が、話としては終始不快な話でして(笑 まあそういう方向の心の動きをとらえたかった映画であるとすれば、成功していると思うし評価されてもいいと思う。ただまあ個人的には
>>続きを読む

プラン9・フロム・アウター・スペース(1959年製作の映画)

3.8

え、何。面白いじゃん。
「アメリカ最低の映画監督」と名高いエド・ウッド監督の悪名高き代表作。思ったよりも全然楽しかったですよこれ。
とは言え、事前にバートン監督の「エド・ウッド」を見ていたお陰でずいぶ
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.9

おお全然期待してなかったけれど面白いじゃないか。
B急ゾンビ映画かなぁと思ったらゾンビじゃなかったし。変なウイルスで凶暴になっちゃって会社の上層部に言い渡された解雇に反論しに行く話。上層部が居る上の階
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.7

ああリック・ベッソンさんなのか。
サルで始まってサルで終わる的な美意識の高さを作品に落とし込めるのはさすがのベテラン監督。ただ、こうなんていうの……超能力?の使い方がちょっとダサくない?(笑 いやこう
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.5

ううむ。タイトルから想像するべきだったんだけれど、「12人の怒れる男」みたいな話やりたいなぁというところが発端なんですかね。

原作冲方さんだし、監督堤幸彦さんだし、間違いなさそうなのに、どうにもイマ
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.9

いい映画だった。全体的には結構好き。
ただ私は割と映画にはすっきり終わってほしい願望があるらしくって、本作に関しては、元のコミックが読みたいなぁと強く思わせた。でも検索したらプレミア価格で安くても50
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.0

なるほどなぁ。やっとミッドサマー見たんだけど、だいぶ引っ掛かることがある。
いや面白かった。それに後から解説サイトとか見に行ってもいろいろ発見があって楽しかったし。細かい部分のこだわりは流石アリ・アス
>>続きを読む

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.9

さすがのバートンさん。
バートンさんは結構作品沢山あるのに大体面白くてすごい。これはちょっと……って思ったのは「猿の惑星」くらいだわ(笑
そして、これを見たからには「プラン9〜」も見ないわけには行かな
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.6

いやあ謎だったわ。
テリー・ギリアムを攻めようと思って借りたけど、謎だったわ。いやそういえばブラジルも謎か。そこじゃないんだろうな。12モンキースが分かりやすすぎたせいで、逆に他が分かりづらく見えると
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.7

長かったな。あと絡みが結構ハード。百合もの。
決して面白くないとは思わなかったけれど、付いて離れてケンカしてというもの以上の何かはないので、私のような感想の人も結構いると思う。
「百合もの」というのが
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.9

おー面白かった!
「死を恐れるAI」の話ってのは、多分今までにもあったと思うんだけど、描き方のせいかとても新鮮だった。
デザインとか性格とか多少気になるところはたまにあるけれど、終わり方も好きだし、そ
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

3.9

さすがにディズニー。きっちり面白い。
勝手に最初のボロボロの星(地球)での話だけだと思ってたら、色々宇宙に飛び出して勝手にビックリした(笑
絵も綺麗だし、押さえるとこ押さえて外さないってのは大事なこと
>>続きを読む

ローズマリーの赤ちゃん(1968年製作の映画)

3.9

おお面白かった。
もっとおどろおどろしくて、デロデロなやつかと勝手に思ってましたが、全然そんなじゃなくて、「恐怖」そのものを描いた粋な作品だった。
それだけ引き込む強い演技があるってことなんだろうなぁ
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.5

映画単品としての評価は下げざる得ないかな。見終わった後に解説サイトにいかないとわけがわからなかったので。
唐突に出てくるクモとか、謎のセリフたちとか。初見でこれを理解できる人はいないでしょう。まあそう
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

いやーゲイリー・オールドマンとわかって見てもすごいな。演技もすごいし、あの特殊メイクね。
ダンケルクの戦いが行われている裏側、議会で行われていたことを描いていて、地味なのに惹きつけられる。リリー・ジェ
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.7

私、シリーズひとつも見ていないのに、なんでこれから見だしたんだろう(笑 
なんにしてもこれから見始めても全然楽しい映画でした。ちゃんと怖いし、大ぶろしきを広げすぎないお手軽な感じが素敵。怪獣大戦争か?
>>続きを読む

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

女版ジョン・ウィックって感じか。アクション結構すごい。
それをこのあどけなさの残る顔立ちの年端も行かない少女にやらせるっていうギャップがすごい。最近のアクションはすごいねぇ。話も序盤はこっそり始まる感
>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.6

普通に、普通に面白かった。
ネコはカワイイ。というかこの子とても美ネコ。毒気もないし、ネコはかわいいし、何気なく見て楽しいという映画。ネコ愛されてるし。お金ないのに、ペット買っちゃいけません、というの
>>続きを読む

スイミング・プール(2003年製作の映画)

3.9

旅行先に来た作家の女性と、その不倫相手の娘の繰り広げる不穏なバカンスの物語……と最初は思っていたんだけどな。
初見では全然話がわからず、あわてて解説サイトとかをあさりました。それでもわからないことも多
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.8

なんか似たようなタイトルの作品がいっぱいあって、自分が見たものが正しかったのかどうかわからないな(笑
自閉症で数学が得意な男の子が、数学オリンピックを目指す話。あと恋愛?それに成長かな。個人的にはあま
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.1

手綱をつけられて、尻をひんむかれ、馬乗りにされたあげく、大海原を勇ましく進む死んだダニエル・ラドクリフが見たいあなたはこの作品をぜひ見るべきだ。
意味がわからないと思ったあなたも一度見るべきだ。特に、
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.1

面白いな。最後まで一遍していて、あまり山谷はないんだけど、ずっと引っ張っていく演技とキャラクターと緊張感。この感じで最期までいけること自体がすごい。
ショッキングな映像を撮ってテレビ局に売りつける仕事
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.2

あーやっぱキャプラはいい。好き。
理想主義というそしりもあるみたいですけど、私はこのくらいご都合主義が好きです。いい話といい演技があれば、それも成立するんですよね。
この映画、天使が出てきて助けてくれ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

素敵な作品だった。
思いつきで女装してみたのをきっかけに、自分は女性であるという自認に至ってしまった夫。そしてその妻の物語。
私が愛するのは男性の夫。でも自分に気が付いてしまった夫は、それにはもう答え
>>続きを読む