ハリーさんの映画レビュー・感想・評価

ハリー

ハリー

映画(21)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.7

数あるゾンビ映画の中でもかなりお気に入りの作品。

スピーディーかつシンプルな内容で、オーソドックスなゾンビ映画に仕上がっている。そしてシンプルゆえの面白さが今作にはある。

余計な要素を排除し、迫り
>>続きを読む

大脱出(2013年製作の映画)

3.4

大御所2人のダブル主演ってことで期待値は高いが、中身はまずまずといった所。

設定や、スタローンの職業は非常に面白いと感じた。
脱獄物になるが脱獄のロジックにはやや荒さが目立ち、後半からはアクション重
>>続きを読む

サークル(2015年製作の映画)

1.7

シチュエーションスリラーだが、ここまで同じシチュエーションを貫くのも珍しい。

正直中盤から早く終わるのを待ってしまった。
登場人物が何故あんな落ち着いてるのか、真っ先に死にそうなうるさい奴がなかなか
>>続きを読む

ホステージ(2005年製作の映画)

3.3

ブルース演じる警察署長、強盗犯、裏組織の三つ巴のアクションサスペンス。

前半のスピード感やハラハラ感はとても面白かった。
でも終盤の強引感に少し違和感が。。。
三つ巴の設定をもっとうまく活かせたら面
>>続きを読む

ラン・オールナイト(2015年製作の映画)

3.5

定番の強いおっさん役。
個人的にはどうせなら96時間みたいな感じでセガールくらいに無双してくれた方が気持ち良い。

テンポがいいので飽きなく観れるが、いまひとつパンチに欠ける印象。
あのラストは良いと
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

映像は相変わらず凄いが、ストーリーの面白さ、迫力共に前作よりスケールダウンしか感じがする。

政党な続編なので前作のファンは観ないわけにはいかないが、正直がっかりする可能性が高いのでは。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.3

オチ勝負?のクライムサスペンス。でもなんかすごくそのオチがありそうな雰囲気が出ちゃってるので、それ程の驚きはなし。

キャストの演技がすごく良い。

過去の回想と現在が交互に出てくるが、外見の変化があ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

2.5

前半の掴みはなかなか良かった。
後半でそっち系な事が判明して個人的には萎えた。

謎解き要素もあるがメインジャンルはホラーなのでその辺の曖昧さは気にしないにしても、後半のグダグダ感が残念。。

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.2

コメディ色の強い泥棒もの。
難しい事は考えずにあっさり観れる作品。

ラストまでテンポもよく安定して面白いし、所々でクスっと笑えるので良い作品だった。
キャストもよく活かされてる。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.0

一応どんでん返し?もの。
オチはまぁまぁしっかりしてるし雰囲気、テンポも良いので楽しく見れる。

一点を除いて。。。
虫の描写が凄すぎてトラウマレベル。そのインパクトが凄すぎてあんまり他が記憶に残らな
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.2

テンポもよく観やすい作品。

ただキャストによる期待値が高いのでもう一つ何か欲しかったという印象。
普段の陽気な感じとは違うトム・クルーズの演技が見所。

個人的には違う形での結末を期待してしまった。

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

2.2

単調で退屈に感じてしまった。

謎を解くまでの過程を描くサスペンス映画というよりは、その過程での登場人物の心理を描くヒューマンドラマのように感じた。

ALONE アローン(2016年製作の映画)

3.6

同じ状況が続くシチュエーションスリラーだが飽きずにいい緊張感を感じられた。

途中幻覚か幻想的な描写があるがそこで好き嫌いがでるかも。
終わりまでまとまっていて楽しく観れた。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.3

絶対面白そうと感じてしまうキャストと設定。その事前の期待値にやや負けてしまった感はある。

ラストの切ない結末はなんとも言えず、本当に悪い人が報いを受けない。こんな事がたくさんの所でたくさんあるんだろ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

2.0

これは好き嫌いがかなり分かれると思う。
風景や音楽といった芸術性がかなり重視されていて、ハリウッド映画の様な派手さを求める人にとってはなんとも物足りない。

自分は退屈してしまった。
子供がいる身とし
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.1

終始続く不穏な雰囲気と登場人物の不気味さが印象的。

ストーリー的には非現実でありながら派手さが控えめで登場人物の心理描写が多めなので、サスペンスよりもヒューマンドラマ風に仕上がっている。

派手さが
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

テンポが非常によく、飽きずに観ることが出来た。
法廷系の要素が混ざったヒューマンドラマで過去の回想と現在が交互にでてくる手法。

ノンフィクションとゆー事で、こんな激しい人生を送ってる人がいるのかと考
>>続きを読む

Darc/ダーク(2018年製作の映画)

2.5

細かいストーリーのツッコミどころを無視して、頭を空っぽにして観るならなんとか楽しめる。

漫画みたいなラストシーンが印象に残った。