ハリーさんの映画レビュー・感想・評価

ハリー

ハリー

映画(120)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.8

ストーリーはよく出来てると思います。
ただ、この濃い内容をやるには時間が短すぎると感じました。このせいでもっと細かく丁寧に描いてほしい部分がサラっとしてしまい、せっかくの興味深い物語が活かしきれてない
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.9

私は子供の頃ずっと野球をやっていて、大人になってからも試合を見たり、野球の話をしたりするのは大好きです。
だからこそわかりません、これは野球に興味がない人が見て面白いのか?

私はヒューマンドラマとし
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.2

オリジナルは未観賞です。

心理的な恐怖よりは、スプラッター要素が強調されており、グロいのが苦手な人は要注意です。

内容はザ・スプラッターホラーという感じで小難しい内容や設定はなく、ひたすら残虐な場
>>続きを読む

デビル(2011年製作の映画)

3.2

シチュエーションスリラーや、サスペンスが好きな人はそそられそうな設定ですが、見る前にこの作品のジャンルをしっかり理解しないと人によっては後悔する可能性あり。

この作品の本質は、犯人を探すミステリーで
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

地球外生命体という存在を別ジャンルで考えれば、この手のSF映画の中では最高峰といってもいいのではないのでしょうか。

長い上映時間に見合う壮大なドラマ。冒頭に張られた伏線とそれを終盤で回収するスマート
>>続きを読む

ママは世直しヒーロー(2020年製作の映画)

3.3

面白すぎず、つまらなすぎずなバランスが良く、シンプルな見易さが良かったので、なんか気軽に見たい時にはいいかもしれません。

まず意味不明な邦題へのツッコミは置いといて、内容としては超人パワーを持つもの
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.0

主題歌が大ファンのGLAYなので、ネトフリで発見し2回目の観賞。

普段邦画はあまり見ないので端的に。
確実に見る人を選ぶ。親子愛をテーマにしており、それなりに胸熱なエピソードではあるが「ゲーム」とい
>>続きを読む

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

2.9

ワクワクする興味深い主演陣と、ネトフリのアピールにより高まった期待感を越えられず残念でした。

内容としてはシンプルな設定になっておりサクっと見れます。今作のポイントとしては能力の時間制限と、多重仕様
>>続きを読む

消えたアイリス(2016年製作の映画)

2.4

突如妻が失踪した銀行家が妻を取り戻そうと奮闘する映画。のようでその裏にある秘密や裏切りをテーマにしたサスペンス映画。

状況が二転三転してスピード感のある作品にしたかったのはわかります。
でも残念なが
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.4

笑い一切なしの終始シリアスな雰囲気で、物語、心情すべてにおいて細かく作り込まれた非常に上質なサスペンス映画です。
パニック・ルームでファンになったフィンチャーらしさも良くでていてとても面白い作品でした
>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

2.5

設定や冒頭のワクワク感はすごく良かったです。2分先まで見える事によってその短い時間制限の中でどう先手を打って立ち回るのかと期待が持てるが、中盤以降その期待は裏切られる。
設定が崩壊する。その意味は見れ
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

3.3

そこそこ楽しめましたが、後半の失速感が気になりました。

施設やアイランドの秘密が明かされるまでと明かされてからの前半後半で流れが大きく変わりますが、後半はなんか雑な印象を受けましたし、大して記憶に残
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.2

これは男の子は絶対好きでしょー!
というのは偏見ですが、合体ロボや怪獣が好きな人は絶対好きなはず。

初めて観たときのワクワク感は忘れられません。子供の時に見てた戦隊モノを最大スケールで再現したような
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

2.2

見る人によってかなり好き嫌いが分かれる作品だと思います。
ストーリーはなかなか見ない独特な構成で、現在・過去・小説の3つの時間軸が交互に進行していきますのでながら見は厳禁です。

きちんとした結末や、
>>続きを読む

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.3

ワクワク感しかない2人のダブル主演で期待は大。見た結果、この2人の存在感、演技で成り立ってるって感じでした。

特にデンゼルのオーラはやっぱり圧倒的でこの人がいるだけでなんか名作の雰囲気でますね。
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

うん、面白かったです。
何より戦闘シーンのスピード感、臨場感がすごく良かったです。

話の内容は単純でわかりやすく物語のテンポもいいのでサクッと観れます。
ヴェノムの心情の変化に対する描写や理由があま
>>続きを読む

アザーライフ ~永遠の一瞬~(2017年製作の映画)

2.3

マトリックスとかインセプションみたいな設定アイデア勝負系の作品ですな。

設定は魅力的だし、アイデアも良いと思うし、作中でもいろいろ試行錯誤してやりたい事はすごくよくわかる。
でもなんか空回ってんだよ
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.0

実際にあった事件を題材にしたサスペンス。というかちょっと調べた感じほぼ事実に近いみたいですね。

実際に子を持つ親ならアンジーの気持ちが痛いほどわかり、またそれを迫真の演技でこちらにも訴えかけてきます
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

2.0

好評価が多くてビックリ。まぁこういうのは人それぞれですからね。

コンパクトな時間にテンポの良いクライムサスペンスでした。ただイマイチ話の中核が見えてこないというか、見所が見つからなかったというか、、
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.3

個人的には1の方が好きですが、1が楽しめてデンゼル・ワシントンを魅力的に感じたのなら是非見てほしいです。(ほんとは他に見てほしい作品が山ほどありますが。。。)

内容は前作のような単純明快な爽快アクシ
>>続きを読む

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

私の大好きなデンゼル・ワシントン主演の無双系アクションです。

ストーリー自体には特に真新しさはなく、主演がそのままセガールでも成り立つような単純明快なアクション映画です。
ただやっぱりデンゼル・ワシ
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.9

まず言いたい、キャストか豪華すぎる!
主役をはれるような役者がゴロゴロいてそれだけでテンション上がります!
アナ・デ・アルマスは雰囲気違すぎて最初気付きませんでした。

設定自体はひねりもないオーソド
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

仕事で疲れた時に無性に「プラダを着た悪魔」とこの作品が観たくなるのは私だけではないはず。
キャラは大分違うけどアン・ハサウェイの立ち位置がプラダとは逆なのも面白い。

現実的な話でありながらも、これは
>>続きを読む

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.3

素晴らしい作品です。

まずはやっぱりエドワード・ノートンがすごい。作品ごとにまったく違う表情を見せてくれるのでこの人がでてるだけで点数上がります。

内容は人種差別を題材とし、犯罪もいとわない過激な
>>続きを読む

ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム(2020年製作の映画)

1.8

いやー面白くなかったです。
一見設定は近未来を舞台としたSFサスペンス的ですが、好きなジャンルだからと思って見ると損します。

面白くなかった理由は正直たくさんありますが大まかには以下。
1.話の主軸
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

4.1

1,2作目に比べ少し大衆向けに切り替わったかなという印象。

テンポが良く歴史の知識を駆使した謎解きは健在だが、1作目はキリスト教、2作目はカトリックと出来事そのものが宗教と大きく関わり合っていた前作
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

4.0

続編として成功ではないでしょうか。
スピード感のある謎解きや、教授の個性、宗教色など良いところをすべて受け継いだ上で決して前作の二番煎じではなく新しい気持ちで見ることが出来る。
話の構成的にはこっちの
>>続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.7

久しぶりに観賞。
キリスト教の隠された真実を題材に、秘密を隠したい人、秘密を公にしたい人、ただ真実が知りたい人など、様々な思いが交錯する宗教系ミステリーサスペンスです。
私もそうですが、特に宗教の知識
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

2.3

実在する幽霊屋敷を題材にしたホラー映画。

序盤はちょいちょい映像と音でビックリする瞬間はあるものの、正直ストーリーがイマイチですね。
まず部屋を増築し続けるというこの作品の最大の特徴が設定として死ん
>>続きを読む

ザ・ファーム/法律事務所(1993年製作の映画)

3.1

若かりしトム・クルーズ。。

良く言えば丁寧に作り込まれてる。
悪く言えば長い!

前述の通り設定やストーリーはよく出来ていて、登場人物の心情も丁寧に描かれてます。法律事務所の裏事情と家族の幸せの間に
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.9

この作品から着想を得ていくつのクソ映画が作られたのだろうと思う程、自分にとってはシチュエーションスリラーの原点的な作品です。

今見ると映像も古く、内容も大して濃くもない。ただ何故か定期的に見たくなっ
>>続きを読む

シュガー・マウンテン(2016年製作の映画)

3.2

まず最初にいいたいのは、パッケージとかでジェイソン・モモアが主人公的な雰囲気だすのやめてくれ!笑
騙された!笑

話のテーマや、流れは好みでした。
嘘が引き起こす様々なトラブル、事は更に重大になり引き
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.1

報道の自由をテーマに描くノンフィクションのヒューマンドラマ。

抵抗する政府からの圧力にどこまで報道の自由を貫くかを守るべきものとの天秤にかけるジャーナリストの葛藤を中心に描く。
話のメインは上記した
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.0

これは見る人を選ぶと思います。

難しい!リーマンショックや金融、株に関する用語などの知識がないと100%理解するのは不可能でしょう。
劇中に解説を軽くはさんではくれますがそもそもの知識がないとその解
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.6

思ってたより楽しめました。

シャーリーズ・セロンの存在感がかなりでかく他の人だったらここまで楽しめなかった感は大きい。

実際シャーリーズ・セロンのアクションは素晴らしく戦闘時のキレ、スピード感は最
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.3

探偵が恩師が殺された事件を暴くべく社会の闇に奮闘するサスペンス映画。

サスペンスとしては正統派で新しい手がかりを得て怪しい人物からまた新しい手がかりを得て真相にたどり着く流れ。
派手さはないが丁寧に
>>続きを読む

>|