TAMAKIさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

TAMAKI

TAMAKI

映画(187)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

デメキン(2017年製作の映画)

3.0

漫才コンビ『バットボーイズ』佐田さんの自伝を基に作られた作品。ひとつ一つのシーンが本当だとしたら、佐田さんの歩いてきた人生はスリリング過ぎる。

火花(2017年製作の映画)

3.2

終始暗い印象の作品。個人的にはドラマ版の方が好きですね。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.8

子供が成長する過程での、子供の吸収能力の高さの原点がこうであったら。
ファンタジーたっぷりの映画!

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.9

LGBT要素があるとの前評判も、エンターテイメント性が強く、それもエマ・ストーン&スティーブ・カレルの名演があってこそ!

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.0

今これやるか!?
超ダサカッコイイ!!!
全力でできる事に高評価!

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

初めてCDを買った時を思い出した。
幼い自分が青春した音楽を想像させてくれる作品!!

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.9

ジョン・カーニー監督がオスカーを獲る日は、そう遠くは無い!!
傑作!!

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

さすがに二回は見れない。
なぜなら、犯人がわかってるから。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.4

原作で読むより、大場つぐみ先生の作品は映像の方がわかりやすいかも。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

DCは何故こんなにも暗いのか!?
不思議でたまらん!

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.1

細田監督の作品で初めて、座席から前のめりになって見た作品!

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

2.9

東洋人のカレ、知り合いに似てて、知り合いが役者になったと思ったほど。

おおかみこどもの雨と雪(2012年製作の映画)

3.1

自分の生きる道を知って、それぞれの道へ行くシーンは、納得と不服の感情が入り交じって最終的にモヤモヤしてしまった。

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

マイケルペーニャのバイプレイヤーズっぷりも良い!

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

往年のスピルバーグが戻ってきたって感じ!
溢し無しの最高傑作!!

龍が如く 劇場版(2007年製作の映画)

2.0

役者さんだけで映画を成立させて欲しかった。
余計な人は出なくていいから!