Kotokaさんの映画レビュー・感想・評価

Kotoka

Kotoka

主に洋画好きです!初恋はJohnny Depp

映画(164)
ドラマ(0)

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

4.0

とにかく大好き!!の一言。初めて観た後にそのまま3回続けて観た笑
70sのロック、よく分からないアメリカのハイスクールのカースト制、頭の中で宇宙と交信してるんじゃないかってくらいのストーナー、マシュー
>>続きを読む

0円キッチン(2015年製作の映画)

3.6

こういう映画は絶対に学校の授業で観せるべき。
衝撃的な事は色々あったけど中でもヨーロッパの子供達の虫を食べることについての発言、やはり教養があるなーと思った。
食に対しての意識がだいぶ変わる。

81
>>続きを読む

17歳(2013年製作の映画)

-

17歳、同い年で主人公の心理が分からなくもない。人に求められている事が快感だったのかもしれない。けど精神科医が言ってたようにリスクが大きすぎるよなぁ、、。

ひたすら主人公が美しい。深い海のような冷
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.6

2人がどこか情けなく見えたが、あまりにも理不尽なラストで信念が伝わってくるような気がした。

彼らは何から逃げ、何を求めハーレイを走らせていたのだろうか。

ぼくとアールと彼女のさよなら(2015年製作の映画)

3.8

ハリウッドでよくあるClichéの逆を行く作品。
2人の関係が恋愛に発展することはないし、ロマンチックなインディーズ音楽が流れる中大胆な規則破りをする事もない。
けれど主人公の、学校に馴染めず自己嫌悪
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.0

こんなにロマンチックな名作をどうして今まで観なかったんだろう!

心が暖かくなり思わず笑みがこぼれ落ちるようなシーンがたくさんある。綺麗な響きのイタリア語と大袈裟な手振り、フィルムと映写機の温かみ、青
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.1

静かで、美しく、重く、繊密だった。

ここまで登場人物の心情が深く描かれているとは思わなかった。もっと社会的な面での差別などの問題にぶち当たっていくと思っていたけど、この映画は本当にアイナーとゲルダの
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.7

"What the hell you know about me?"ていうのは俺の事を知ってほしいって言ってるのと同じだね。
大人っぽい喋り方をする子だなぁ。

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.2

観終えた後、言葉が中々出てきませんでした。

この事件は不屈な記者達により公になり、こうして映画にまでなったけれど知られていない事はまだたくさんあるのだと思うと、受け止めきれずただただ怒りと絶望を覚え
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.5

単純にコーヒーを飲みながらタバコを吸いたくなる。
Cousins?がお気に入り。

退屈さが魅力な映画です。

KIDS/キッズ(1995年製作の映画)

3.6

まだ子供の私から見たら、クズ。

あのヒョロくて歯並び悪いやつの顔見てるだけでイラつく。喋り方にもいちいち腹立つ。
けど話題になるのは納得だしカルチャーを知るには最適な映画だと思う。雰囲気がとても好き
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.8

(なぜか何度も観てしまう映画って見るたびにレビュー書き直したくなるんですよね。)

トムの"なんで俺じゃないんだ?"と語りかけるような目、サマーを愛おしそうに見つめる瞳が印象に残りました。JGL最高で
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.0

ノーラン映画にしては簡単な方なので本当にアトラクションに乗っているかのように楽しめる作品!

どんでん返しのどんでん返し。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.7

脚本が雑で残念だったけれどそれぞれのキャラクターにとても魅力があったしジョークも面白かったので結果的に楽しんで観れる映画です。

Suicide Squadの動画に"JokerとHarleyだけの映画
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

恋と音楽は何もかも変える。

君といれば無敵。ていうキャッチコピーすごい合ってると思います。好きな人と一緒なら嵐の中でボートに乗ってても嫌じゃないですもんね。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.0

なんでそんなにヒットしているのかよく分からない。

ストーリーは特に覚えてないけれどThe Breakfast Clubを観てみようかなと思いました

小さな恋のものがたり(2005年製作の映画)

3.7

笑顔なしでは観られない!
可愛いなぁ、この歳に戻れたらなぁとつくづく思います

レナードの朝(1990年製作の映画)

3.8

デ・ニーロの笑顔がとても素敵でした。
何十年もの間話すことも出来なかった人達がピアノを弾き始め、踊って、恋をする。
本当に奇跡ですね。

ルーム(2015年製作の映画)

4.5

観終わった後、車から見る景色が空でさえも当たり前なものではなく、何か新鮮なものに感じました。
こんなに重いテーマを2時間、飽きさせずに観せる監督の技術と手法が素晴らしいです。ジャックがトラックの荷台か
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.4

メイズランナーごっことか楽しそう グリーバーは無しで
っていう浅い感想ですすみません笑
カヤ・スコデラーリオはskinsでのEffy以上のハマり役はもうないだろうなぁ。

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.4

いやいや待てよなんであの惨殺魔お気楽にカジノやってるんだ

個人的にニコラス・ケイジがあの女装家のゲイを迷いながらもビンタするところが大好きです笑

Doodlebug(1997年製作の映画)

3.4

この3分間で監督が何を伝えようとしてるのかきっと色々な考えがあるはず。
これは誰かと話したい!

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.8

オー・ヘンリーの短編を読み終わった時のような感覚。
初期の作品でこれだけの脚本とはさすがノーラン監督です、、

主人公の役者のイギリス英語が(同じ地方なのかな?)David Bowieに似ていて綺麗だ
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

5.0

前に1度レビューを書いたんですが書き直しました。

これは、今現在の私の"憧れ"が全て詰まっている映画です。
刺激的な仲間達に夜のドライブ、最高の音楽に純粋で不安定な恋、スタジアムの観客席、サンセット
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7

使われている音楽が軽快(船長のチョイスw)だったせいか、ワトニーは楽しんでいるように見えました笑

奇想天外のアイデアやこれでもかとワトニーが利かせる機転にただただ驚かされます。

船長がワトニーをキ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.2

"良い映画"だけではすまされない映画だった。

私は相当単純なので、最初はアランに良い印象を持たず、映画が進むにつれ仲間と同じように彼に心を開いていきました笑

時代をさかのぼり謎解きのように明かされ
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.2

静かにゆっくりと突き刺さっていくナイフのような映画。

映画の内容自体は自分の周りを囲む環境と正反対なのに、派手な演出が無いせいかリアルに感じました。

そしてとにかくジョニーの迫力がすごい。あの目で
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.6

とても暖かい家族愛と、ヨーロッパの独特な雰囲気が入り混じった面白い映画でした。

全てを知った上で息子の作るニュースを見るお母さんの言う「素晴らしい」や、アレックスの得意気な表情、笑いを堪えきらないお
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

まずこの映画が出来た経緯やきっかけが素敵だなぁと思う。

ハーバード大学のシナリオの授業のためにマット・デイモンが書いた戯曲を親友のベン・アフレックに見せた事から始まる。2人で試行錯誤を繰り返し2年か
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.1

あまりにも淡々と過ぎていく日常。そんな中でも彼らは友達関係を築き恋愛をし、自分の趣味に打ち込み充実させたものにしようとする。

そんな中に飛び込んできた銃弾は恨みのこもった残酷すぎるものだった。

>>続きを読む

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

3.0

よくある学園ドラマってたまに観るとほんっとうに面白い笑

ヒース・レジャーももちろん最高だけれどJGL(なで肩すぎだろ)がなんとも言えない可愛さ。あの2人の恋のが気になってしまいました笑

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.8

あの批評家へのセリフを聞いた後ではレビュー書きにくい気もするけどw

異色な作品。
主人公の心情を表す常にせわしいドラムの音や、映画全体を古めかしくしているクラシックな音響、語りかけてくる低い声、鏡を
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.7

まず冒頭のメキシコの死者の祭がかっこいい。
2時間40分という長さだったけれど、アクションが多いせいか、テンポがいいせいか、あっという間に終わってしまったような感覚だった。楽しかった。

ああQかっこ
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス(2014年製作の映画)

3.1

さあ、これからだ。

フィリップ・シーモア・ホフマン。あなたを初めて知ったのはセントオブウーマンを観た時です。
お悔やみ申し上げます。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4


ひたすらクズだなw

でも色調とか、カメラワークとか、表現の仕方が独特でしかもツボ。今度またじっくり観よう

そしてユアン・マクレガー、憧れるほどすんごいカッコイイ。リングピアスにハイウェストのジー
>>続きを読む