Takubeさんの映画レビュー・感想・評価

Takube

Takube

映画(619)
ドラマ(0)

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.8

この映画を言葉で表現しようとすればするほど、その本質からかけ離れていくって感じる。

映画の言葉を借りれば、
「美は感覚だけに属するものだ」
「自然に発生するもので、努力とは関係ない」
となるわけで、
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.0

あぁ〜ゾンビ〜

「ゾンビ」をリメイクして、走るゾンビを取り入れた今作だけど、それ以外の内容としてはお約束がきっちりつまった作品だった。

ゾンビ映画らしいキャラクターが、色んな死に方するのが良かった
>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

4.1

この映画を観終わっても、どう感想を言っていいのか整理がつきづらいね。

ただ、色々と解説やレビューを見ているとそれこそがデイビットフィンチャー監督の真意みたい。

つまり、凶悪な殺人事件に取り憑かれ、
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.6

誰もが感じるだろうけど、思ったより明るい雰囲気の映画だね。

この映画の凄いところは、危機的なサバイバル映画を無理に明るくして、単に観客が楽しみやすい薄っぺらな作品にしていないところだと思う。

笑え
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

ラブロマンスの映画の中でも愛への説得力が非常に高いと感じる映画だった。



特に演技の素晴らしさが大きいと思う。
決して誇張せず、自然に、しかし確固たる愛情があることが伝わる演技だった。

これは、
>>続きを読む

エリジウム(2013年製作の映画)

3.0

後半になるにつれて、大味で大して面白くもない映画になるけど、チャッピーと比べれば全然マシ。

もちろん第九地区と比べれば悪い。
でも、多少はこの監督の持ち味を出せてはいたと思う。

B級SF感のあるデ
>>続きを読む

甘い罠(2000年製作の映画)

4.3

今にも壊れそうな危うい空気の中から、見えるかと思えば見えなくなる謎の数々が、波紋のように広がる文学的な趣きのあるミステリー作品。

興味深い会話の中から露わになるミステリーと、本質を掴めそうになる瞬間
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

4.4

良かったけど、集中出来なかった笑

日本人としては割と恥ずかしいというか。
誇張して描いているけど、あながちどのシーンも間違ってないし。

うわぁ、日本ってこんな風に見られてるんだってなる笑。


>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

-

割と感動して泣いたりした場面もあったんだけど、正直好きになれないところもあった。複雑な気持ち。

かなり評価も高いから、まだまだ自分の映画に対する理解が足りないのかな。
なんだか、少し白々しく感じちゃ
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.3

本当に生の肝臓食べてるんだね、あれ。
ディカプリオも死ぬ気でやってるんだね。役者としての執念を感じるわ。
主演男優賞とれて良かった、、ほんと、、。



イリャニトゥ監督の作品は人間の魂やそのあり方を
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.3

この映画から漂う閉塞感と同じように、シンプルで選び抜かれた構図、色、会話、音楽、演技を凝縮して、一つの絵画に閉じ込めてしまったような、異質な存在感のある作品。

SFスリラーというジャンルとして、ある
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.3

色々とレビューを見て行くなかで非常に納得したのは、監督自身がそう言ったように、この映画がタランティーノ作品の最高傑作であるという点。

自分は全部の作品を見ているわけじゃないけれど、自分が見たタランテ
>>続きを読む

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.7

素晴らしい作品だった。

懸命に生きた結果、ほんの些細な願いも届かず、間違いだらけで、惨めに、悲しみの中死んでいくような人。

しかしこの映画を見た誰もが、その人を否定できないと思う。
そんな人間の姿
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.3

うーん、思ってたよりかは微妙かな。

評価はイマイチだけど、期待はしていた。

というのも、話の内容を見た感じでは面白そうだったし、フィンチャーの持ち味が活かせそうな題材だと感じたんだよね。

彼の初
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.8

2もお恥ずかし初鑑賞。
エイリアンは監督ごとの個性が出て面白いね。

個人的には1の方が好みではあるけれど、見応えあって気軽に楽しめたかな。

今更感あるけど、ジェームズ・キャメロンって、芯のある屈強
>>続きを読む

エイリアン(1979年製作の映画)

4.2

お恥ずかしながら、エイリアンシリーズは見たことがなく、これが初鑑賞。

なかなかジットリとした映像で、印象に残る構図が多く、流石に名作だなといった感じ。


見終わって監督を調べたら、
なるほど、リド
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.4

社会派であり、繊細で静かなヒューマンドラマ。

罪や恥、自分を見つめること、
後は正義など。
色々なテーマが含まれた映画。

そして、ハンナという人物を繊細に、時に大胆に描くことで人物の中から、観客自
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

青春物の映画の中では、ダントツでトップにくる映画だった。

凄く王道な展開なんだけど、キャラクターが凄く良い。
説明的に掘り下げるわけじゃなくて、演技や服装、映し方、会話、音楽、色調、リアルさ、全ての
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

3.9

構想がとてもいい映画だった。
ベルリンの壁崩壊、社会主義の敗北といったシリアスな内容を親子の愛情を描いたコメディに上手く落とし込んでいたと思う。

映像や音楽といった、映画の見せ方については割と普通で
>>続きを読む

別離(2011年製作の映画)

4.4

骨太のヒューマンドラマや社会派ドラマでありつつ、ミステリーなどの要素も光る完成された映画だった。

とにかく脚本が見事だと思う。
家族や宗教といった問題を、事件を通すことでミステリーの要素を交えつつ、
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.0

かなりつまらなかった
エンタメ作品だからこそ、大切にしなきゃいけないものが欠けている。

特に中盤がダレすぎじゃない?
終盤の盛り上げ方も落とし方もヘタクソ。

せっかくのミュージカル映画なのに、歌が
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.7

面白かったー

痛快かつ、そこそこグロテスクで悪趣味なアクションシーンが魅力だった。
マシューボーン監督ならではといった感じ。
キャラクターもそれぞれ魅力的でいいね

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

この作品はマイノリティとマジョリティをテーマの1つにした映画だったけど、それを区別するものではなく、その境界を取りさらい、優しく1つに包み込むような映画だったように思う。

この映画では、素朴な人間の
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.7

素晴らしい実写化だった。

CG技術の凄まじさはもはや言わずもがなだけど、特に動物達の表現がいいね。

バギーラ、バルー、シアカーンといったキャラクター達が、リアルな動物でありながら、そのキャラクター
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.6

いままで見た戦争映画のなかでも、なかなかの戦闘シーンだったと思う。
プライベートライアンを思い出すね。
残酷で緊迫感のある描写のなかに命が奪われることへの恐怖をひしひしと感じたし、衛生兵という視点はも
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

ソーはシリーズを重ねるごとに面白くなるね。
今作はアクションとコメディを全面に押し出し、よりエンタメ性のある作品となっていた。

ソーというキャラクターはハルクやアイアンマンと違って、外見は生身の人間
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.8

前作を上回る楽しさと興奮。まさにエンタメ。

この映画の良さはその軽快さだよね。
前作と同様最高に盛り上がるオープニングだったし、映画のいたるところで映像と音楽を上手く組み合わせたアガる演出が満載だっ
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.0

戦争映画の中でも特に徹底してその狂気を映し出した作品。
戦争映画は大方見た後ドッと疲れが出るけど、この映画はその中でも群を抜いて疲れる笑。

コッポラ特有の陰影のある画面や群衆の描き方も凄まじい。
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

2.8

思ったよりもスッキリとしたロードムービー。

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.1

ノーカントリーに似ている雰囲気の作品だと思ったら、コーエン兄弟の映画だったのね。

まず、この話が本当はバリバリのフィクションで、しかもジャンルはコメディってところに驚き。

ノーカントリーの時もそう
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

2.1

うーん、予想してたよりはつまらなかったかな
もっと単純にガン=カタかっけぇ!!って楽しめるのを期待してた

アクションは独特で面白みもあったけど、量が少ない。
後は、世界感とか設定は悪いとは言わないけ
>>続きを読む

>|