tkr21Kさんの映画レビュー・感想・評価

tkr21K

tkr21K

映画(254)
ドラマ(0)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

まさかこの作品で死者が出るとは思わんかった。
ホラー要素が色濃くなってきたけどこれまでの作品の中で1番見応えあった。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.7

急に作風が大人っぽくなった感じ。
ダークな印象も持ち合わせている。

しかしハリーポッター 観てるとホウキ欲しくなるな。。

娼年(2018年製作の映画)

4.0

これは映画なのだろうか。。ほとんどAVに近い。。衝撃度が半端ない。。
採点のしようがないと言ってもいいくらい。松坂桃李ファンはたまらない作品なのではないでしょうか。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

3.8

前作の色々な伏線が早くも回収されてたり、しっかりとミステリーな作品になってて良かったと思います。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

ハリーポッターってどのサブスクにも無いけどレンタルしたよ。
導入編って感じだけど引き込まれるような展開で面白かった。

ダニエルラドクリフもルパートグリントもエマワトソンも若い。

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.4

綾瀬はるかの綾瀬はるかっぽい演技!!役柄!
こういう役が一番あってると思う。可愛かった!

堤真一の信長も及第点。

プリンセス トヨトミ(2011年製作の映画)

3.0

壮大なスケール感に若干ついていけずもこういうのもありかなぁっといった感じ。
歴史物は好きなので嫌いではない。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アンモナイトが届いた時の衝撃w
他にもところどころ笑える箇所あり。
松岡茉優がただただ可愛い映画。

最後の方のやさぐれっぷりが良かった!

ボーン・アルティメイタム(2007年製作の映画)

3.6

圧巻のアクションシーン、シリーズ完結作。見応えあった。
スパイ物はやっぱり面白いです。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

確かに思っていたよりは、といった感じだけど面白かった。
ストーリー展開が今ひとつ。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

人気急上昇に出てきてたので視聴。
リアルだった。日本もここまでの状況になってしまったら嫌やなぁ。
第一感染者が自分の奥さんでしかも浮気相手に会いに行ったとか悲しすぎる…。

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

4.0

エイプ同士の悲しい戦い。
最終的にコバを助けなかったところが印象的。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

4.0

リブート版、映像が綺麗になりすごく楽しめました。
猿が賢くなっていく過程。
感染が拡大。
展開はベタでも楽しめる。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

最後の闘い。結局勝者はいない。。
エイプ側に感情移入してしまった。

子役の子が可愛い。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

本編でも出てくるセリフだけど、こんな気味の悪いキャラクターをマスコットにするかね普通、、。
前作に比べてSF的要素が強い。
ダニエルのビッチっぷりが最高。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

誰が犯人かが最後まで意外とわからず、楽しめた。
ジェシカロースマジ美人。
途中は少し中だるみした感はあったけど、ちょうどいいレベルのドキドキハラハラって感じ。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

安定のアンハサウェイ。
仕事頑張ろうって思える内容でした。

家に侵入してパソコンのメール消すシーン良かった。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.8

アクションがとにかく凄すぎる。それだけで観る価値がある。が、話の内容がだいぶ難しくなってきた。。
終わって色々整理してやっと分かったけど。
愛犬と愛車の復讐で始まったのがここまできたのかという印象。
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

こんな展開になるとは…。まさにそんな作品。。
ヴァージルが最後気の毒に思えたわ。
よくよく考えると伏線が至る所に散りばめられててかなりの奥深い映画でした。

途中は退屈に感じるところもあったので最後の
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。展開が途中から読めてしまったのが残念ですが。
想像力を掻き立てられる斬新な作品でした。小説を音で聴いてるような感じ。

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)

3.5

2作目だが結構難しくなってきたな。
結論が気になるので早く続きが観たい。
アクションは相変わらず好き。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作に引き続き楽しめた。
マジックの見せ場的なのが少なかったのは残念だが、最後にフォースメンが勝ったのが痛快。
にしてもデイヴフランコってマジでクリロナにしか見えないな。。かっこいいけども。

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.0

面白かった。トリックなかなか見破れず最後の展開も読めなかった。
もはや手品の域を超えてね?ってのもあったけど。
最後もスカッとする感じで気持ちがいい。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.7

マット・デイモンかっこいい。アクションシーンかっこいい。。
このシリーズみようみようとおもいやっと観はじめた。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人が来たときこんな感じなのかなぁと思った。相手の言語を理解するとかクソ難しいだろう。。
終わり方が切なかった。

DEATH NOTE デスノート the Last name(2006年製作の映画)

4.1

原作と違うエンディングだったけど良かった。
実写化大成功作品。
やっぱりデスノートの頭脳戦は面白いね。

DEATH NOTE デスノート(2006年製作の映画)

4.0

初めて観たとき原作知らなかったけどめちゃくちゃ面白かった印象。
早く後編みたいなぁーって。
戸田恵梨香かわええ。。

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

これまでの前作、前々作観てた人ならそこそこ楽しめる。色んな人出てくるし。
内容的には人間秤?があんまりだったなぁ。吉田鋼太郎の演技は安定で良かったけども。
もうちょっと心理戦を楽しむゲームが観たかった
>>続きを読む

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画版になると沼編がちょっと物足りない感。。スケールが小さくなってしまった印象。
利根川仲間っていう設定はそれはそれで良かったと思う。
吉高由里子正直個人的には微妙だった。

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

4.1

映画としての完成度が高いと思う。
最後のEカードのシーンは何度でも観られる。藤原竜也の真骨頂!
Eカードやりたくなる!

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

監視社会って恐ろしい。
勇気ある内部告発にあっぱれ。。

ニコラスケイジでると思わなくてビックリ。
リンゼイいい奥様過ぎる。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.2

初めて観たのが大学の英語の授業というののがいい思い出。
歌も最高だ。。
キーファーサザーランドが出てるのがいいね!

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.9

園子温作品だなぁ〜という感想しかない
終わった後の満足感というか満腹感。
椎名桔平やっぱり凄い。
洗脳されちゃうって怖い。
久々にこのグロい感じを味わえてよかったのではないでしょうか。

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

3.5

まさにジェネシス、再起動。
お話も新しくなって。
けど、シュワちゃんみれたのはよかった。

ターミネーター4(2009年製作の映画)

3.3

一応の完結はみせたけども、だんだんとストーリーが崩れていってしまった感が否めない…orz

でもクリスチャンベールかっこE

劇場版 MOZU(2015年製作の映画)

3.2

テレビシリーズめっちゃ面白くて期待値上がってたけど少し残念。
ビートたけしの存在感は凄かった。

>|