TMKさんの映画レビュー・感想・評価

TMK

TMK

映画(37)
ドラマ(0)

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.1

最後は思わず泣いてしまった。
人って温かいな、と。

アメリカをはじめ
まだまだ人種差別はあるし
人種だけじゃなく
差別は日本でもたくさんある。
偏見もある。
でもそれを超えて繋がっていくことは絶対に
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

テーマは重いけど意外にもスッと見られたのは、役者の素晴らしさと、是枝監督の手腕なんだろうなと思った。
子役へ台本は渡さず口頭で説明してその場でセリフを与える手法は相変わらず今回もやっていたようで、子役
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.4

最初に提示した映像が実はこういう事情がありましたっていう伏線回収はよくある手法で、とくに新しさや驚きはなかった。
けどコメディとして楽しめたし、最後少し感動もあって満足感はあった!何より低予算でここま
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

ストーリーの重厚さはなく、結構淡々と進んでいくのでこんなもんかと思っていた
けど最後のライブエイドのシーンが圧巻。泣きそうになった。
隣で観ていた父は泣いていた
そのくらい胸に迫ってくるものがあった
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

原作アニメファン。
清水富美加がとにかく上手い。キャスト発表された時は合うかな?って思ったけど、トーカの勝気だけど友達には優しいところを見事に演じていた。
蒼井優のリゼさんも妖艶であやしく、大泉洋のマ
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.3

内容は概ね知っていた上で鑑賞。
ゆえに物語の内容は特に驚きはない。
サロンの世界観は浮世離れしていて憧れるものがある。
そして何より清水富美加がやっぱり素晴らしいにつきる。始まりの芝居はわざとらしいお
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.8

広瀬すず演じる泉の友人役を演じた、佐久本宝くんが沖縄編では主役だった
オーディションで選ばれただけあるわ。
すごい思春期らしい感情表現が良かった

あとは豪華キャストで、李監督で、まぁそりゃそうでしょ
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.8

三浦友和の芝居が凄い
くたびれてすぐキレる
腹たつ親父
最後のシーンも演劇的だけど
虚しくて利己的で悲しい

全員おもう
こんなはずじゃなかったのに
想い描いてた未来と全然違う
いつこうなっちゃったの
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最悪の映画
二度と観たくない

まさか子供が重心者になる展開とは予想していなかった
自分にとって身近な存在だからこそ、母の絶望と愛が現実味があった
子供扱いしないでというセリフは意外だった
重心者の親
>>続きを読む

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.7

青春ドラマ!
前後編と長かったが、非常に内容が充実していて良かった
キラキラしていて強くて、思わず泣いてしまったほど
とても面白かった
この作品を最後までやり遂げた生徒役のみなさん素晴らしかった

>>続きを読む

ソロモンの偽証 前篇・事件(2015年製作の映画)

4.1

藤野涼子さん目当てで鑑賞
やはり彼女の存在感は凄い
デビュー作とは思えない
クリーピーの時も彼女は素晴らしくて、本当に期待の俳優さん

目が力強くて役にぴったり。
他の若手役者陣も素晴らしかった
半年
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.5

蒼井優が最強に可愛い作品
原田郁子の音楽も凄く良い
エンディングをどう受け取るか

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

5.0

劇場公開当時に鑑賞。

本当に大切で大好きな作品。
暖かい愛の作品。

何度も観たくなる映画。

ゼンタイ(2013年製作の映画)

3.8

橋口監督作品が大好きなので、六本木で鑑賞。
客は3人くらいでした、、、

全身タイツ愛好家の話とトリッキーな題材だが、
人間の物悲しさや不安の表現が胸にくるものがあった

ハッシュ!(2001年製作の映画)

4.7

めちゃくちゃ好き
本当に素晴らしい
あたたかい
幸せ

ミツコ感覚(2011年製作の映画)

4.4

公開時に口コミでなんとなく気になり、新宿のレイトショーで鑑賞。
山内ケンジ監督の劇場デビュー作。素晴らしい。山内ケンジをこれで知り、その後演劇も作り始め、城山羊の会のファンにもなったほど、彼の作る作品
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

ただただ傑作。
ここまで狂気をみせられたら、もう感服。
ここまで挑発的に作品を作られたら、もう完敗。
と言った感じ。
作品の内容はもちろんのこと、園子温の作品作りの姿勢やエネルギーが本当に素晴らしい。
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.8

でんでんさん最高

人間のむごたらしさが露悪的に表現されている
吹越満の狂気の表現も素晴らしくて、最後まで目をそらせなかった

ボディを透明にする
という実在の犯人によるセリフ
その実在の事件にインス
>>続きを読む

恋の罪(2011年製作の映画)

3.5

セックスシーンになんとも思わなくなる程、露出が多い作品
冨樫真と小林竜樹が良かった
小林竜樹の存在感凄いな
クレイジーだった

園子温作品は、相変わらず主演じゃない人が物語の中心
この作品は神楽坂恵が
>>続きを読む

攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D(2011年製作の映画)

3.8

やはり少佐が指揮する攻殻機動隊であるテレビ版のが好きだが、シリーズの中で神山監督が描く攻殻機動隊が1番好きなので

14歳(2006年製作の映画)

4.6

高校生の時に鑑賞
映画館で見逃してしまい、DVD化を待ち望み、発売され速攻で鑑賞
群青いろと出会った作品
染谷将太を知った作品
のちに染谷将太がブレイクして納得した

群青いろが生み出す、鋭利な緊張感
>>続きを読む

攻殻機動隊 新劇場版(2015年製作の映画)

3.7

やっぱり攻殻機動隊は大好き。
だけど、作画が謎。
もう少しキャラクターがかっこよく描かれていれば好きになれず…

凶悪(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

役者の力を感じた作品
ざっくざく人は死んでいくし、殺人の証拠が消えていく様子は辛いし内容はエグいが、本当に本当に面白かった
観終わって感動してしまった程
素晴らしかった

辛くなるたmrもう一度観る勇
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.4

娘役の藤野涼子が素晴らしかった

でもそれだけでした
内容は辻褄合わない所も多く
ただ怖いだけ
竹内結子の芝居はやはり好きになれず…残念

贖罪(2012年製作の映画)

1.8

テアトル新宿でオールナイト鑑賞

元々原作を読んでいたので観に行ったが、原作の良さがちっとも出ていなくて残念だった

蒼井優と小池栄子と池脇千鶴は印象に残った
というかキャストは豪華
でも小泉今日子が
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

面白かった
役者陣全員最高
ぴったり
キャスティングした人、本当に凄いわ。有難うと言いたい。
大好きな佐津川愛美さん濱田岳さんムロツヨシさんってだけでもう期待大だし安心感もあるのに、演技力に定評のある
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

4.1

大好き。
佐津川愛美と本谷有希子のファンのため、鑑賞。

佐津川愛美が本当に上手い
作品のスピードも良く、最後までダレることなく面白かった
原作の本谷有希子、監督の吉田大八、このタッグ素晴らしい

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

好きだけど嫌いな作品
見終わった後学生時代の嫌な思い出が鮮明に蘇ってきて、とても嫌な気持ちになる
単純に学校のヒエラルキーを描いた作品の一言で片付けたくない素晴らしさ

役者陣が本当に秀逸
合宿して友
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

夢と現実
パプリカと私
色たちに追い詰められる

今敏作品らしくて
怖くて面白い

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.2

泣くしかない
ゲイとか、ダウン症とか、そういうマイノリティのフィルターではなく、愛情の在り方を問われる作品

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

障害者を支援するものとしては、非常に辛い作品
特に知的な障害があるものが、地域で暮らすにはハードルが高いのは事実だと毎日突きつけられている身としては、本当に涙無くしてはみれなかった。それをありありと描
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.2

初めてみた今敏作品。
エグくてとても好き。
ブラックスワンよりも辛辣で、気持ち悪くて、美しかった。

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.2

今敏監督が好きですが、冷たい表現の作品の方がしっくりくるかも。
でもみんな愛すべきキャラクターで、好きになってしまう。
暖かい感情。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.0

市川実日子はやっぱりかわいい。
エヴァファンは好きになるでしょ。

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

・ドキュメンタリー作品らしい、カメラに映されたもの全ての嘘臭さを表現する皮肉がとても良い。
・佐村河内氏の存在の嘘臭さ、芯のなさが露骨に表現されてる
・フジテレビの、バラエティ番組を作る上で人間の感情
>>続きを読む

>|