ひかりBさんの映画レビュー・感想・評価

ひかりB

ひかりB

映画(57)
ドラマ(0)

E.T.(1982年製作の映画)

4.4

ぼくは映画と映画界の人類に対する貢献を考えると、ナポレオンの威風を称えるために作られた「エトワール凱旋門」なんかに負けない堂々たる建造物を映画の殿堂として建ててしかるべきと考える者です。

映画界のレ
>>続きを読む

コラテラル(2004年製作の映画)

3.8

大都市の例に漏れずL.A.の夜も生命の温もりが希薄です。カリフォルニアの乾いた風土がそれに拍車をかけます。

広大な市域を縦横に走る道路を血液のように循環する車だけが生命の営みがあることを思い出させて
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.0

リオの陽射しは他の街のそれとは明らかに一線を画しています。街に隈なく降り注ぐ陽光は他の街なら見ぬふりをされる貧困や犯罪、ストリートチルドレンの抗争や持たざる者たちの闇にさえも惜しみなくその陽気を注ぎ込>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

天才アイザック・ニュートンはその当時から難解との定評を得ていた大著『プリンキピア』の最終版で、世界は「能動的な力」と「受動的物質」、そしてこの二つを仲介するある種の「半霊的な力」の三つで構成されると述>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.9

映画史に燦然と輝く「スペシャル」を前にして恐れ戦いてます。気品の何たるかをわきまえていないぼくのような粗野な人間がたとえ百万語の美辞麗句を積み上げたところで、結局のところ2×4の建売住宅のように無残な>>続きを読む

大脱走(1963年製作の映画)

4.0

本物の「礼儀作法」が、19世紀のメロドラマに登場する悪漢のように絶滅してから久しく経ちました。ここで言う本物の「礼儀作法」とはぼくらの職場や家庭や街角にイミテーションの装飾品のように溢れかえってる「礼>>続きを読む

明日、君がいない(2006年製作の映画)

4.2

ぼくらの厄介なところは、自分のことをわかった風に思っていることなんだと思います。それと同じように他人についてもわかってるつもりでいることなんだと思います。

ぼくらを組成してる酸素や水素や炭素や窒素、
>>続きを読む

赤ひげ(1965年製作の映画)

4.2

フィルマ感染症速報(2020/May)
厚生労働省/フィルマ感染症研究所

世界保健機関(WHO)は、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態を宣言しました。これを受けて厚労省はフィルマユーザーに対して
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

4.0

今回は特にレビューに題名をつけてみたいと思いました。『3か月であなたもハリウッドの一流脚本家になれる108のメソッド』

人生は楽観的に見積っても、良いことと悪いことが1:9くらいの比率で按分されてま
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.0

また、懲りずに長文で失礼します。

古代ローマの時代、その公序良俗を嘲笑う堕落ぶりで殷賑を極め、富と快楽で永久不滅を信じたため神の怒りを買った街がありました。のちに火山の噴火により永遠に陽の光を奪われ
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.7

たとえば宙空に浮かぶひとつひとつの星がなぜ光っているのかについて想いを馳せてみるとします。

恒星は核融合で、惑星と衛星は恒星の発する光を反射してるだけ、などというフィルマユーザーにあるまじき非ロマン
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.4

長文で失礼します。  

「畏怖」

かねてより『園子温』という男に持つぼくの感情のすべてはこの二文字に凝縮することができます。

この男の持つある種の「いかがわしさ」と強かな「生命力」、更に引いてし
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.4

ここに真新しいトランプがあります。封を破ると、ジョーカーを除く絵札と数札合わせて52種のカードが揃っていることがわかります。この52種の平和的なカードがときには地獄への道先案内人を担います。

さて、
>>続きを読む

ヒーロー 靴をなくした天使(1992年製作の映画)

3.5

ハッピーエンドの代名詞ともいうべき童話『シンデレラ』のストーリーが人生を生きるにあたっての種々の教訓をぼくらに仄かしてくれていることはつとに知られています。

それは総じて正直者であれ、と強い示唆をぼ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.9

赤いワンピースを着た高度な知的好奇心を持つ女の子と、茶トラでゴミ箱から拾いあげられた片目の雄猫。

授かったものを否定するか肯定するか。つまりは

to be. or not to be

シェイク
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

3.9

「あの男」について語るに相応しい言葉が古代ギリシャの時代に編纂された名著の中に刻まれています。

「ムーサよ、わたくしにかの男の物語をして下され、トロイエの聖なる城を屠った後、ここかしこと流浪のたびに
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

4.0

本日はお困りごとのご相談ということでお伺いいたしました。まずご安心いただきたいのは、私どもは都の認可を得た正規の販売代理店であるということです。

さて現在御社では「裏切り者」に悩まされているとのこと
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

「前向き」「ポジティブ」「建設的」

口当たりの良いこれら文言を否定しようものならば、きっと異教徒の祭祀の如く下劣で恥知らずの謗りを免れることはできないでしょう。

だけど、ある種の人々にはどれもこれ
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

3.4

西の空に不穏な雲が現れ、風に枝葉が揺さぶられ、空気の匂いに南国のような甘ったるさを感じたら、それは間違いなく嵐の予兆です。

2001年に韓国で発生、発達し、甚大な被害をぼくらに与えた「彼女」のことは
>>続きを読む

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

3.7

これはフィルマユーザが万が一にも『地球外生物及び地球外知的生命体』に遭遇した際の危機管理マニュアルであり、心得ておくべき事項です。来たるべき『その時』に備えて精読されることをお勧めするものです。

>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.7

もし、はじめての映画体験が『天空の城ラピュタ』だったなら、それはきっととても幸先のよいスタートになるはずです。なぜなら、そこにはおよそ物語に必要なありとあらゆるものがすべて揃っているからです。

しぶ
>>続きを読む

U・ボート(1981年製作の映画)

4.0

「神よ願わくば我に七難八苦を与えよ」

これは潜水艦乗りたちの信条だと思われます。とうてい正気の沙汰とは思えません(笑)

そんな彼らが敵するのは、すべての生殺与奪の権を握る神のように圧倒的な火力を擁
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.3

それは蓋を開けるとはじまります。

優しい音色が流れ出し、くるくると健気に踊り出す小さな小さな人形が物語のはじまりをぼくらに予感させる。

幼い頃の記憶にあるオルゴールの小さな箱そのもののような『ラ・
>>続きを読む

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.4

敬愛する劇作家の唐十郎はそのエッセイ集『特権的肉体論』で持ち前の演劇論を披歴しています。少しだけここで紹介させて下さい。

「人間にとって愛は、所詮持続して燃焼する感動で有り得ない。それは肉と肉とが結
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.1

南太平洋に浮かぶニュージーランドの南島の更に南の端の町には「スピードの神様」が鎮座されているとか。

その神様は、レシプロエンジンの奏する小気味いい振動とその排気管から排出される芳しい排ガスを愛し、「
>>続きを読む

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.9

「この惑星が持つ色彩に気がついたとき、きっとあなたは誰かの虜になってるはずです」

そんなウォン・カーワァイのドヤ顔、いえ失礼、メッセージが透けて見えてくるようです(笑)。

科学的に色彩はただの光の
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.0

合言葉は「揺るぎない忠誠を」

これは紛争地では最強の称号を欲しいままにしている、米国海兵隊(マリーン)の座右の銘です。

誉れ高き彼らはこの言葉を胸に、難戦苦闘の硫黄島を戦い、起死回生の仁川上陸を果
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.5

I.A.L.ダイアモンドという男をご存知でしょうか。

あの名匠ビリー・ワイルダーの影にダイアモンドあり、と言われていたかどうかは定かではありませんが(笑)、ワイルダーと組んで数多くの名脚本を手がけま
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.9

これはぼくが厨二病という不治の病を患っていることをここに告白するものです。だからといって同情は無用です。なぜなら、それはそれでしあわせですから(笑)。

ここに、ひとつの夢想があります。それは、『銀行
>>続きを読む

がんばれ!ベアーズ(1976年製作の映画)

4.0

『それ』は19世紀中葉、アメリカ北東部で生まれたといいます。大都会ニューヨークの粗末な広場で大した関心も注目も与えられずひっそりと産声をあげました。

喧騒と猥雑な大都会の片隅で、消防団の不器用な荒く
>>続きを読む

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.9

今夜のレストランがまだ決まらないあなたのお目を少々拝借させて下さい。 

良いレストランを探し当てるのは金鉱脈を探し当てるのと同じくらいの難事業です。もちろん、ミシュランガイドやザガットサーベイを頼れ
>>続きを読む

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.8

『神話』はどこまでも美しく、どこまでも切ない。それは信仰と伝承。

果てしなく高い空と吹きわたる風になびく草原。テキサスの天と地をその一瞬だけ切り取った完璧な世界。

脱獄囚ブッチと少年フィリップを乗
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.8

迷信が諧謔に、妄想を機智に、彷徨える亡霊たちはパレードの楽隊に。優れた手品師は洗練された詩人でもあります。

一見すると野暮ったいその装い、道具立て、ロゴタイプはぼくらの目を欺くために用いられる手品師
>>続きを読む

メンフィス・ベル(1990年製作の映画)

3.6

人はいくつになっても子守唄を忘れたくないらしいです。

ご存知でしょうか。子守唄はなにも子どもを寝かしつけるだけのものではないそうです。その昔、子守をするために幼くして雇われて来た子守り娘が、遠く離れ
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.7

この物語は男女が出会うお話しです。最初に断っておきますが最悪についてのお話しではありません。最悪よりは多少はマシなことについてのお話しです(笑)。

男女の出会いは男が女を理解しようと努めることからは
>>続きを読む

下妻物語(2004年製作の映画)

3.0

思えば、ぼくら映画好きは常に「面白い」映画に飢えています。この情報砂漠の真っ只中で「面白い」を探すためにぼくらはあらゆるものに眼を光らせなければなりません。それは大手の映画レビューサイトから反政府組織>>続きを読む

>|