シブヤユウジさんの映画レビュー・感想・評価

シブヤユウジ

シブヤユウジ

滑走路(2020年製作の映画)

4.2

きみのため
用意されたる
滑走路
きみは翼を
手にすればいい

萩原慎一郎さんの歌集 滑走路から
インスピレーションを得た物語。

ずっと辛いシーンが
続くのだけど、
最後、その瞬間の
救いがあって、
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

これは、
期待を超える良作。
なにかになりたい誰かに届く物語。

ただし、
これはpart2で補完してほしいところもある。
偶然に生まれた人工知能は、
その人生をどうやって歩むのか。
永遠の命(なのか
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

5.0

もうすべてが好き。
青春ぎゅっと詰めました感。
SF設定も、ライバルチーム設定も
若干チープな感じもするけど、
それも込みで
全部うまくまとまっていい映画になってた。
未来に映画残さなきゃね、ぼくたち
>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.3

菅田将暉も、沢田研二も
演技もとても良かったんだけど、
その二人がどうしても同一人物に見えなかった。

映画を映画館で見るのが大好きなので、
こうゆうテーマの作品には期待が大きくなってしまうよね。

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

4.2

思った以上にSFだった。

台湾の作品では
このセクハラ表現はOKなんだ、、
って気になったところも
多少あったものの、
演出も面白かったし、
話もなかなかにエキセントリックで、
いいものが見れたと満
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.5

移民のこととか、
カラーリズムの問題を扱っている映画に
関して、率直にレビューするのは難しい。
かなり真正面から、
移民の問題を取り上げていると見えたこの映画も
本国アメリカでは、
キャスティングにつ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.0

足りてないし、余計なものも多い。
そもそもUってなにができるの?
なんで鈴が特別になれたの?

細田守さんの周りは
なんでこの脚本でOKしたの?
色々と腑に落ちない映画でした。

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

4.8

めちゃくちゃ良かった。
特に中盤から後半の流れが◎。
80's シティポップの画と音楽。
俳句を題材にしてるのも面白いし、
その俳句自体ももうねセンスが抜群。
タイトルが伏線だったのね。

この映画は
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

僕たちが生きている場所は
beautiful worldで
大事なのはit's only loveなんだ。

エンドロールで流れた
宇多田ヒカルがもうすべて。

あの頃。(2021年製作の映画)

3.2

いい材料は揃ってるんだけど、
なんだかもったいないな、、
と言った映画でした。
あと、シモネタが多く、
客層と合ってなかったな、、、と。
自分が観劇した日のTOHOシネマ新宿では
若い女性客が多かった
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.5

ファッションモデルの水原希子さんしか知らなかったし、
そのステージでも唯一無二で、
超絶美しかったけれど、
なんだこれ、、、
演技もすっごくいいじゃないか!
(もちろん、門脇麦さんもすごくいいんだけど
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

4.0

怖かったし、
面白かった。

この既視感、、Unfriendedと
多少テンションは近いが、
ZOOMを使用したこと
そのZOOM降霊会で起きてしまったことを
題材にしているので新鮮だった。

またホ
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

2.8

原作を未読なので、
世界設定がイマイチ理解できないまま
終わってしまった。

このえんとつの町のプペルが
生きている世界は
魔法が存在している世界なのか?
あの心臓は一体なんなのか。
煙突の町で星も見
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

3.2

原作は9巻まで読んでいて、
かなり色々な背景・要素がある中で
2hの映画でまとめるのは難しいと思う。
が、それを以てしても
描ききれてない。
この物語の面白いところ、
全然描ききれてないよ、、
もった
>>続きを読む

ジオラマボーイ・パノラマガール(2020年製作の映画)

3.2

鈴木仁が主人公神奈川ケンイチを
うまく捉えられてない感じが
最初から最後までこの映画を残念な感じにさせてる。

かっこいいんだけど、
演技が微妙すぎるよ、仁くん、、

あとは
やはり全体的に
原作を現
>>続きを読む

とんかつDJアゲ太郎(2020年製作の映画)

4.5

北村匠海、かっこよすぎ。
美しすぎる。笑

渋谷、宇田川町、円山町あたりで
僕も育ってみたかったな。

原作を知らなかったので、
タイトル、つえーな、、
ぐらいしか思ってなかったが、
普通に楽しめた映
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.5

モチーフとなった
実際の事件の
声の男の子の
それからの人生を思わずにはいられない映画でした。

星の子(2020年製作の映画)

4.0

とても大切な人が
自分と違うものを信じていたら、
何を大事にすればいいのか。。

信仰を題材につかっているけど、
きっとこれは
みんなが今一度、
改めて考えるべきテーマだと思った。

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.5

マキシムに惹かれていることを
自身肯定できないマティアスと、
マティアスの気持ちを
受け入れたいと思うマキシム。

実際、
偶然したキスで
自分の性自認が揺らいだとして、
今までの
気づいてきた人間関
>>続きを読む

トロールズ ミュージック★パワー(2020年製作の映画)

4.2

子供の時に
この映画に出会える
今の子供たちが
少しうらやましい。

みんな違っていいし、
多様性こそが、
世界の調和だと、
寓話的に教えてくれる。

もちろん、
お話自体もしっかりしてるし、
選曲も
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

ぶっちゃけ、
一回観ただけじゃ、
僕の頭では
全然理解ができなかったです、、恥

とはいえ、
わからなくても
なんかすごいってことはわかるし、
2.5時間があっとゆうまでした。

(2020年製作の映画)

3.8

子供時代から
大人時代の菅田将暉に
あまり同一性を感じられなかったのが
とても残念。
演技が独り歩きしてる感じ?
上手なんだけど、
独りよがりってゆうか、
チーズのコンクールのとこも
なんかすごく唐突
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.5

あぁ!
すごく進化した映画だって思った。

LGBTQの描き方もそうだし、
大方の映画で
いじめられて描かれている
ダサい子が一個性として受け入れられて
いじめられてないのも
新しくてすごい良かった。
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

4.8

先日、
’’90mid’’を見た。
時代は違えと同じストリートと貧困を
テーマに扱った作品だったけど、
断然この映画のほうが、切ないしやるせない。

こちらはドキュメンタリーであり、
映画が終わった今
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.6

90mid
僕もちょうどteenagerだったから
この映画は
ど真ん中同世代のアメリカの物語だ。

スケートボード、
R&B、
HIPHPOP、
アンド腰パン、、と
日本にいる僕の生活にも
アメリ
>>続きを読む

>|