ゼンさんの映画レビュー・感想・評価

ゼン

ゼン

映画(164)
ドラマ(2)

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

長めの作品だから飽きずに観れるか不安だったが、そんな事心配する必要もなかった。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.8

大人になってからの方が出来ることは沢山あるが、子供のころにしかできない体験もある。自分に子どもができたら子どもに沢山の経験をさせてあげようと思った、、、

誰しもが通ってきたはずなのに忘れてしまってい
>>続きを読む

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)

3.8

「はぁ〜、これで終わりかぁ」と一息つきかけてたところでまさかのオチに「ファッ?!」と声が出てしまった。

あと、あのタイプの青年はやっぱ信じちゃいけないねっ。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

アクションが予想以上に良かった。

回想シーンからの回想シーンとか中々ない演出で面白かった。

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.9

誰も傷つかなくてサラッと観れて良かった。
映画だからこそこんなぶっ飛んだ設定の話ができるんだ。こうゆう現実離れしたものがあっても全然良い。

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.8

アルフレードの言葉の一つ一つが凄く刺さる。

「好きなように生きろ」ではなく「自分のすることを愛せ」って言葉が最高に良かった…

ラストも凄くオシャレな終わり方で大好きだし、最後の最後までアルフレード
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

今まで観た中でトップクラスの衝撃作。
風習というよりもはやカルトじみた宗教。

内容とは対照的に画がすごく綺麗。
草原を走り回る女性たちを見て柔軟剤のCMかと思いました。

ホラー、グロテスク苦手な僕
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.9

緑の巨人にならないマークラファロ作品を初めて観ました。
マークラファロの独特な優しい感じじゃ無いとあの役は出来なかったのかな〜と思った。
全体的に悩んだりしすぎず明るい雰囲気が個人的には凄く良かった。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

個人的にはあまりハマれなかったが、最後の映像を見ると差別なんてまだ全く無くなっていないんだなと思った。

後半はスカッとして良かった。

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.7

画が気合い入りすぎててビックリした。
ストーリーは二の次で、とりあえず戦闘を見ろ!と言わんばかりの激しい戦闘シーンはやはり男の子なら大好きです。

今の世代の子はどうか分からないけど、結局ふつうの超サ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

IMAXで鑑賞。
というより普通のでみたら意味ない気がしたくらいにワンカット風映像がすごい。

実際に戦場にいるかのような没入感といきなり聞こえる銃声とかはやっぱり怖い。

最初頼りなく見えてた主人公
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.4

やっぱりタイカワイティティ大好きだ…!
戦争を取り扱っていても暗すぎず、街や服がカラフルで可愛らしく、観賞後には感じたことない感情が込み上げてきた作品。

スカヨハは自分の中では完全にナターシャロマノ
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

ライトに見せて実は重い内容を扱ってるんじゃないか?これ。
個人的にはダレることなく飽きずに観れたし笑わせに来るところも普通に面白い。
Amiが「おおおおー」いう映画だと思って食わず嫌いしてたけど、めち
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

3.8

オススメされて鑑賞。
最初は「大丈夫か?」と思ったけど、普通に面白かった。
人間よりも恋愛してるじゃないか。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

前情報入れてなかったから最初はコメディと思って楽しんでたけど、途中からのどんでん返しがヤバすぎた。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.8

複数回観賞した結果、欠点だらけだがなんか嫌いになれない作品という印象に。

とりあえず個人的に大嫌いなEP8からここまでまとめてくれたJJには感謝したい。

レイ、ポー、フィン、チューイ達の冒険は旧三
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

疲れた時に軽い気持ちで観れる良い映画。
あとビートルズ改めてすごい。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.9

内容はほぼない(?)けど、とりあえずアクションがよければええんや!映画。
本で殺すところに笑い、馬で疾走するシーンで笑い、海外映画恒例(?)のカタコト日本語に笑い、そもそもこの世界に殺し屋だらけのヤバ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

観賞後、感情が訳分からなくなる。
序盤「JOKER」のタイトルロゴがスクリーンいっぱいに出てきてもうダメだった。

「どんな時も笑顔で」
この言葉がすごく刺さる。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.7

映像が凄い。ただそれに尽きる。
もうCGと現実の区別がつかなくなってきた。
アニマルプラネットを見てるような感覚になりました。(見たことないけど)

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

個人的には君の名はより好き
前作に引き続き絵がとてもキレイで東京に住んでる自分からしたら知っている場所がリアルに描かれていて嬉しかった。

銃の話とかは別に他のことで置き換えたりできるのでは??とか警
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.9

1日たって冷静に考えてみると、今後も続編を出来るような作りにしてる感が凄かった。ウッディの判断も本当に正しいのかなと思うようになった。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.8

全く古臭さを感じない。さすがキューブリックだなと思った。
あと、鑑賞後に様々な人の考察をみたくなるのもさすがキューブリックだなぁ()

ウォッチメン(2009年製作の映画)

3.3

各々のキャラクターがやや掴めず終わり方もこんなもんかぁ〜と少し退屈に感じてしまったが、自分の予習不足もあるので時間を置いてみたいとおもいます。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.3

笑えるところが多く軽い気持ちでみれた作品。
前作HCとは違い「俺ら」が見たかったスパイディの軽快なアクションを存分に楽しめる。
そしてトムホとゼンデイヤが最高です。笑
あとIMAX 3Dで観たほうが良
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.1

字幕の入り方など新鮮で楽しかった。
個人的には自分の住んでる近辺が壊滅的になってて、災害など含め少し考えるものがあった。