TaikiFushimiさんの映画レビュー・感想・評価

TaikiFushimi

TaikiFushimi

映画(76)
ドラマ(0)

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.6

このファニー、ハートフルな三谷幸喜の映画が大好きなんだ。

うーん、オチは弱めだったけど

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

資本主義が生んだ化け物って言い方すれば、ジョーカーもトランプも変わらない

いや、化け物ではない。

もしかしたらこれは正義の味方誕生の映画なのかもしれない。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

日本は島国という利点を最高に生かして移民問題に完全に無視を極めてるけども他の国々、特にEU諸国では大問題。

主人公の最期の笑顔に対して、これからまだ続く苦難を知り得ない、でも戦ってきた勝ち取った喜び
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.6

韓国から見た日本がリアルに知れて勉強になった。

映画の感想としては、ハシモトどした〜ㅠ0ㅠ
でもあの役を日本人がやってしまうと、その人まじ殺されかねないのかなと笑
あの役の人は日本人として振舞ったか
>>続きを読む

トンマッコルへようこそ(2005年製作の映画)

3.3

南北戦争の歴史が知りたかったので、この映画を見たのはちょっと選択ミス、、、、コメディーさも弱かった。

ただ、最後の韓国北朝鮮連合軍ってのは凄く嬉しくなった。

ブラザーフッド(2004年製作の映画)

3.2

人を殺す、戦争をリアルに描いていて緊張感と、兄弟愛の映画。

そこに価値を見出せなかった自分には全く響かなかった映画笑

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

お涙タッチングかつ、ハートウォーミング、難民問題も出てきて、それは凄く考えさせられたけど、
英人入国審査官のお前ら全員バルセロナ好きだよな〜、じゃあみんな飛んでいけ〜っ♫のミュージカル調のシーンは最高
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

3.9

多分初めて韓国映画を見たので、
韓国映画が云々という感想は一切ないけど
韓国近代史を学ぶきっかけになりましたな。

韓国人のアイデンティティをほんの少しだけだけども、知れた気がします。

韓国の父親カ
>>続きを読む

トム・ヤム・クン!(2005年製作の映画)

4.0

トニージャーの惚れ惚れするアクション、連続関節技決めるシーンは笑いが止まらないw
ワンカットのあそこもかなり強い

タイ行った時から、エンタメ強い国だな〜とは思ってて初めてタイ映画見たけど
タイらしい
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.6

邦ゴジラとは全く違うものだけど、米ゴジラもらしい面白さで💮

うーん、その場のストレス発散的位置のものとか、映像迫力凄かった〜て感想に落ち着く映画は好みじゃないんよなぁ

美しき緑の星(1996年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

映画の感想を述べる前にちょろっと話したいのが、

鳩山由紀夫とかが博愛主義と言ってたり、ちらほらその様な発言をする人の話とか、本読んだりしたのを元に自分の考えをまとめると、

今までの世の中、物が溢れ
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

妻を救いたい思いが突き抜けてたな。成功する起業家に共通するものは何か一つの思いが突き抜けてる事なんだろうか。
感想としては、インドにこんな人がいてくれて本当に良かった。
今まで見たインド映画の中では、
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

初めて高倉健の映画を見たが、
頑固オヤジは美みたいな現象を日本に生み出した元凶かこの人は!

背中で語るってよく言ったもんだが、高倉健に関しては背中が饒舌過ぎる🤦🏻‍♂️

そして広末涼子をこの世に生
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.4

爆泣きしました😭
理由は明らかで、シャビーダーがただただ愛おしかった、、、、

印パの歴史的壁をドンと強く叩いた映画。
映画ってこういう役割があるよな〜

宗教ジョーク的なのがちょこちょこあって、それ
>>続きを読む

ガンジスに還る(2016年製作の映画)

3.5

死生観、家族に対しての価値観が全く理解出来ないので、インドという極異文化の海に浸れる映画

伏線は全部回収しなくていいんです、来世にすれば(´・Д・)」

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.3

かっこいい奴らが良い服着て杖振ってれば何かしら魔法でも出るんでしょうか!?
エディレッドメーンのコテコテブリティッシュアクセントには惚れ惚れしてました🤦🏻‍♂️

日日是好日(2018年製作の映画)

3.2

お茶勉強してる側からすると、早く日日是好日を体感したいって思わせられる。
自分のお茶の先生が樹木希林に激似という笑

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

ラミレマクの映画、再現性半端ない。最後のライブエイドは絶対本物見た方がいい!
映画の後はカラオケ行ってフレディマーキュリーになりきって終了が流れ(´・Д・)」

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

1.5

一番笑ったシーンは、中国の海域にメガロドン出てきて食い荒らしてくれた所笑
とりあえず設定が適当過ぎて、爆笑しまくりでした笑

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

大衆的洋画とは真反対を位置する映画、準備と緻密な構成の作戦勝ち。
ジャイキリ感が半端なく気持ちいい、あんなしあわせなまま映画館出たのは初めてかもしれない

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.9

夏休みはやっぱりタイムトラベルしなきゃね(´・Д・)」
ただ今回は細田やらかした感笑
家族全体に視点当てた為話の深みが無くなっていた。かつ題名は使え直した方がいい。

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

3.2

最後のラスボス絶対倒せないと思ったが、やっぱり僕らのヒーローは違ったね、夏休みらしい映画で🙆🏻‍♂️

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.8

季語という言葉に似せて季映画。
見た一週間くらいはとりあえずお願いしまぁあーーすぅ!って言いたい笑

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

金メダルに固執するバカ親とずっと思ってたがその価値をしっかりわかっていた父親、描写が少なかった。
インド映画には大衆映画要素は求めてないので、踊りがなく、興行収入がバーフバリ超えたという邪道的広告にあ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

クリストファーノーランが結構好きなので、少しオチが普通に終わったかな〜という感想

ウィンストン.チャーチルを見た後に、あの個人で船を出してたおったさんは世界情勢を知っててあの行動をしたのかという、
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ダンケルクとセットで見ると深く入れる映画
演説のうまさは人の上に立つ者に必要なスキルなのかもな〜

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.6

「インド映画」
この映画を受け入れられる人はインドに行っても楽しめる人。
インドでバーフバリってみんなで叫んだ日のことが忘れられない㊗️ 映画の神様はインドにいる!!

ザ・ビーチ(1999年製作の映画)

3.8

タイタニックで注目を浴びたレオナルドディカプリオ主演の2作目。二段階での面白さがあり、かなり印象的。ピピ島には死ぬまでに行きたい。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.9

アンハサウェイクソ可愛い。働く女性にとても良い映画!that’s all! Lol

君の名は。(2016年製作の映画)

3.8

歌も、映像も、音も、伏線回収も全てが綺麗でした。題名もバッチリ👌

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

3.6

人の人生の岐路ってのはいつも感動してしまう。俺は一人で爆泣きでした。

>|