takaさんの映画レビュー・感想・評価

taka

taka

22歳になってから見た映画を記録
現23歳

映画(160)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

改めて映画音楽の偉大さを実感。音楽の力で作品の魅力を爆発させる。映画を楽しむ視点がまた一つ増えた。すばらしき映画音楽たち!!!

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

好きか嫌いかで言ったら好きな映画。自殺を決意した男の一日。悲しさ、哀しさが漂う… 僕はゲイではないけど、登場する男達の美しさ、魅力は分かる気がする。

凶悪(2013年製作の映画)

4.5

胸糞。リリーさんとピエール瀧は元から狂ってて、山田孝之はどんどん狂っていって、池脇千鶴は狂わされて。白石監督、容赦なく暴走して最高。実際にあった事件なだけに、こんな奴らとは死んでも関わりたくないって心>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

5.0

心が震える映画。一生を捧げてもいいって思えるほど、仕事を愛せるってのは素敵だなあ。
他人の気持ちがわかるわけなんかなくて、だからこそ関心を持つ、話をするってのが印象に残った。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

4.5

生きるとは何だ。
日本には1億人以上の人がいて、世界にはその何十倍もの人がいて。その全員が何らかの苦しみを抱えて生きている。その中の1人が自分で、その中の人々と関わって生きていく。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

全く期待してなかった分、おもしろかった。アナ雪本編見てないし。アナとエルサが美人。ピエール瀧がどんな顔してオラフの声してたか想像すると笑える。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

ラテン系の音楽はいいね。音楽が禁止された家庭なんて…

アニメが細部までこだわっていてすごい。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.0

父の娘に対する優しさにグッとするところもあるけど、あんまし楽しめなかったなあ。

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

4.5

淡々と静かに物語が進んでいく。バグパイプの音はなんて素敵なんだろう。

サニー/32(2018年製作の映画)

3.0

前半はさすが白石監督ってくらいピエール瀧とリリーフランキーが笑えるくらいいい味出してたけど、後半は門脇麦しか見所がない… 「凶悪」くらいの衝撃を期待してたけどなあ。

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

3.0

菅野美穂の透き通るような優しい声色が好き。

山本浩司いい味だしてたな〜。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

愛おしい家族。教育環境が周りの家族と違っていても、愛情だけは変わらない…

ちゃんと勉強したいとも思える作品。

0.5ミリ(2014年製作の映画)

4.5

安藤サクラの笑顔がかわいすぎる… 3時間越えの作品だけど飽きなかったし、見応え十分。

東出昌大がカラオケ店員だったとは 笑

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

4.0

こういうSFアクション系の映画は苦手だけど楽しめた。ハーレイクイーンのお尻が可愛かった。音楽もよかった。

百円の恋(2014年製作の映画)

5.0

痛いほどに美しい、
どん底からの逆転。

安藤さくらすげえ!
前半のダラダラペースからの後半の巻き返しが半端ない。泣けた。

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

4.0

離島で巡り合った人々。
予告を見ないで見てよかった。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.0

久々の映画館で、見る前からワクワクしてたし、見てる最中も楽しめたしで満足!安藤さくらの死神がすごいハマっててもっと見たかった。もちろん夫婦関係もすごい素敵だった!

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

やっと見れた。映画館で見れなかったのは残念だったけど、それでも楽しめた。陸海空で繰り広げたれた戦闘。最後、ああいう形で締めくくっていたけど、やっぱり戦争は悲しいものよ。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

心にしみるセリフが所々あった。いくつになっても悲しみ苦しみはやってくるのね…

TAKESHIS’(2005年製作の映画)

3.5

何が伝えたかったんだろう…

美輪さんの存在感は抜群 笑

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

4.0

2018年1本目。あまりにも過酷な現実にも負けず、17歳で一家を支える少女。

インセプション(2010年製作の映画)

5.0

クリストファーノーランはやっぱ凄まじい…こんな映画をよく作れたなって感じ。映画館で観れなかったのが本当に後悔。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.0

久々の洋画サスペンス。
自らの保身のために、嘘をついて、相手を利用する… そのためには暴力を厭わない。人間関係、男女関係は超複雑だなぁ…

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

4.0

おもしろかった!腑に落ちない箇所も所々あったけど、人間ドラマ要素がちゃんと含まれてたのがよかったな。
EDのTaylor Swiftの歌がしみる…

(2016年製作の映画)

2.5

何だかなあ、長いっ!
井浦新の狂気を含んだ目が良かった。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

ヒトラーのカリスマ性の恐ろしさ… コメディとしては笑えるけど当時を知る人にとっては本当に笑えない残酷な話。あの時も国民がヒトラーを選んでついて行ったんだな。歴史を知ってるともっと楽しめたかも。あと、こ>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.0

アダムドライバー目当てで鑑賞。あんまし印象に残らない作品だったなあ…

愛、アムール(2012年製作の映画)

4.5

主人公2人にじっくりと寄り添いながら、映画を見る。介護する側と、される側。長年連れ添ってきた夫婦の間だからこそ感じられる愛おしい優しさが美しい…

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

4.0

この映画の魔法にかけられた。
What a beautiful movie with the song “calling you”

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

現場の緊張感が映像から伝わってくる。サリーの勤勉さがこの結果に繋がったんだね。23歳、最初の1作。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

いろいろな面白さがつまった映画。ピエール瀧だよ、ピエール瀧。アウトレイジシリーズでは1作目が1番好き。