tamaishさんの映画レビュー・感想・評価

tamaish

tamaish

hulu、Netflix、Prime Video
ホラー映画はあまり観ません。学生。

映画(284)
ドラマ(8)

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

4.0

インドネシア発の傑作『ザ・レイド』の続編。
見所はやはりアクションですね!ハリウッド映画なんかお遊びに見えるほどの肉弾戦!
プロのスタントマンをキャストに起用しているので、本物のアクションを堪能するこ
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.5

やっぱ殺し合いは刃物にかぎるねぇ。銃なんてヤワなものは要らないんだよ。お互い血だらけになりながら、刺して、斬って、叩き割る!「そんなバカな!?」と思うシーンも迫力で押し切られてしまう。最高だ。カースタ>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.0

これはIMAX案件!と言ってもIMAXカメラほとんど使ってないけど😅たぶん月面のシーンだけ。それ以外は映像がザラついてて一昔前の映画みたいだった。でもね、そのおかげで月面がすごい綺麗に見えるんだわ。ス>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.5

韓国ノワールには妙な中毒性がある。容赦ない暴力描写と悲惨な展開を定期的に欲してしまう自分がいる。観た後はだいたいブルーな気分になるんだけどね。
今回観た『チェイサー』はそんな韓国ノワールの中でもトップ
>>続きを読む

閉ざされた森(2003年製作の映画)

3.5

大きなどんでん返しが3回もあるのでこの映画のオチを読むことはまず不可能でしょう😅
やたら暗い上に登場人物が多くて顔と名前がなかなか一致せず。そのせいか終盤の展開は“衝撃”というより“困惑”に近かった。
>>続きを読む

くすぐり(2016年製作の映画)

4.0

記者のデイビッドが発見した“くすぐり我慢大会”なる動画。単純な好奇心から取材を申し込んだところ、返ってきたのは彼を罵倒する言葉の数々だった。さらに興味を惹かれたデイビッドは取材を開始するが、事態は思わ>>続きを読む

ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​(2019年製作の映画)

2.0

大好きなジェイクギレンホールが再びダンギルロイとタッグを組んだと聞いて、ずっと楽しみにしてた映画です。
鑑賞後の率直な感想は、
眠い 退屈 キャストの無駄遣い クソみたいな脚本 ダサすぎる演出 ここ数
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ニコラスケイジが名俳優だってこと完全に忘れてましたわ。いい演技してます。
脚本は良く出来てるけど、どんでん返しがあるって事前に知ってたらどうしてもオチを読んでしまう...。
コンゲームだけじゃなく、ヒ
>>続きを読む

ブルー・リベンジ(2013年製作の映画)

4.0

出口の見えない復讐の連鎖。
醜くて泥臭いストーリーが
淡々と進んでいく。
劇的な展開がある訳でもないのに、
その辺の復讐モノよりも遥かに
緊張感がある。
映画は“何を見せるかではなく、どう見せるか”
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

情報量がエグい!終始ニヤニヤしっぱなしで本当に楽しい映画だった!
1回観ただけじゃとても回収しきれないオマージュの数々。その中でもひときわ輝いている日本のキャラクター達を見て少し誇らしかったり☺️
>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

2.5

ありふれたストーリー。マッツミケルセン好きにはたまらんと思う。でも個人的にそこまで好きじゃないから微妙だった。
映像の色使いと敵のキャラクターでオリジナリティを出そうとしたんだと思うけど、それが全部的
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

3.0

ああ、プレデターシリーズも完全に終わったなという印象。たぶんまだ続くけど。
今作はコメディ要素が多すぎて全くノレなかった。
新しいプレデターは怖くないしカッコ良くもない。殺す理由もなんか違う気がする。
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

モデル業界を舞台に、美を追求する女達の狂気を描いた作品。
レフン監督の美的センスが凝縮された映画。強烈な色使いとサイケデリックな音楽が素晴らしくマッチしてる。フレーミングも完璧だし、間の取り方も絶妙。
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだこれ...思ってたのと違う。サイコスリラー的なのを期待してたのに、予想の斜め上をいく展開だった。でもこの裏切られ方は嫌いじゃない。
人を愛した化け物が、人間の姿を保つために人を殺す。社会病質者の
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

3.5

『アイアムサム』と『グリーンマイル』を足して2で割ったような映画。ツッコミ所は多いけどまぁ、さすがに泣く。
娘役がひたすら可愛かったし、同房の受刑者の1人がTOKIOの城島に見えて仕方なかった。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.0

思想が前面に出すぎ。ニクソンにトランプを重ねて批判したいだけで、そこにエンタメ性は無かった。
政権批判や男女の格差といった大層なテーマを掲げているけど、単純に退屈で映画としてはつまらない。なにか捻りが
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

4.0

久々に良いホラー映画を観た。性病というより、“生と死”を斬新な切り口で描いた映画。
美しい映像とシンセサイザーの不穏な音色が素晴らしい。
どんなに遠い所からでも律儀に“歩いて”くる“それ”がシュールで
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.5

感動系のゾンビ映画には父親と娘の物語が多い気がする。『釜山行き』しかり『マギー』しかり。んでこれがまた泣けるんですわ。
短編の方には無かった生存者との交流が描かれていて興味深かった。マーティンフリーマ
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

スマトラ島沖地震に巻き込まれた家族を基にした実話。津波のシーンは強烈だった。
でも映画としては物足りない。この家族に特別なドラマは無かった。
白人ばかりにスポットを当てて現地人にはあまり触れないのも違
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

ルーニーマーラ見たさで。
迷子になってインドからオーストラリアに引き取られた少年が、25年後にグーグルアースで故郷を探しだすお話。
思った以上に良かった。感動した。サブタイトルが完全にネタバレだけど😅
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

【歴史に埋もれたアメリカの闇】
ミステリーだと思ってたら社会派ドラマだった。しかもかなり重い。元旦に観る映画じゃねぇな😓
脚本/監督を務めたのがテイラーシェリダンだからか『ボーダーライン』と似たストー
>>続きを読む

TAU/タウ(2018年製作の映画)

3.0

ゲイリーオールドマン演じる(声だけ)タウが可愛い。以上。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.5

ホラーの皮を被った青春映画。
グロさや怖さを遥かに上回る美しさがこの映画にはある。芸術的な逸品。

ザ・ディザスター・アーティスト(原題)(2017年製作の映画)

2.0

ジェームズフランコの『The room』愛は嫌という程伝わってきたけど、この映画自体は何が面白いのか全く分からなかった。所詮は金持ちの道楽でしょ?
ぼくが映像制作の現場で働いてるからだと思うけど、トミ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

IMAXで鑑賞。
旧シリーズを鑑賞済みであることが前提の映画だった...。話について行けず😓

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

捻くれた撮り方が鼻につく。
説明を極力省いて映像だけで魅せるスタイル。いかにもカンヌで好まれそうな芸術性の高い映画。
奇抜な音楽が印象的。あとホアキンフェニックスの演技が素晴らしかった。天才。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

フレディマーキュリーの波乱万丈な人生を追体験。ラストシーンは熱いものが込み上げてきた。
YouTubeでライブエイドの動画を見てまた感動。フレディの身振りはもちろん、隅っこの小さな小物まで完璧に再現さ
>>続きを読む

サカサマのパテマ(2013年製作の映画)

3.5

思いのほか良かった。
設定は面白いし何よりパテマが可愛い。
オチは読めてしまったけど、よくできた話。良作。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

先入観が強いほど騙される。
2回目観ると初っ端から伏線だらけで、また違った面白さがあります。
ラストのセリフは本当に悲しい。

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.0

せっかくの面白い設定を活かしきれてない印象。どこかで見た事あるシーンが延々と続く。
ラストは賛否両論あるみたいだけど、個人的には良い終わり方だと思う。

真実の行方(1996年製作の映画)

3.5

エドワードノートンの怪演が凄すぎる。デビュー作でこんな演技されたら、そりゃあ売れますわな。
金に目が無いイケイケ弁護士を演じたのはリチャードギアなんだけど、ちょっと役にハマってなかった気が...。優し
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.0

大学でテロリズムの歴史を教えているマイケルは、不審な隣人に興味津々。あの手この手でその隣人を調べ上げるが、次第に恐ろしい事態に巻き込まれていく...みたいなお話。
公開延期、DVDは廃盤、しかもレンタ
>>続きを読む

ラブ&ドラッグ(2010年製作の映画)

3.5

ゆるいラブコメだと思いっていたら不覚にも泣いてしまった😭
最初はね、アンハサウェイのおっぱいとジェイクギレンホールの顔芸にウキウキしながら観てたんです。
でも途中からシリアスな場面が増えてきて見方が変
>>続きを読む

レインメーカー(1997年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

正義感溢れる新米弁護士が、悪徳保険会社とエリート弁護団に立ち向かう社会派ドラマ。
言ってしまえばよくあるストーリーなんだけど、自分の利益よりも正義を貫く男はやっぱりカッコいい。
マットデイモンは役にば
>>続きを読む

ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-(2016年製作の映画)

3.5

シリアで人命救助活動を行うボランティア隊員を追った短編ドキュメンタリー。
若干偏ってる気がする。内戦ってどこが悪いとかそんな単純な話じゃないよね。だからこんなに長引いてるんでしょ。
映画の作りはアレだ
>>続きを読む

>|