たのしさんの映画レビュー・感想・評価

たのし

たのし

パターソン(2016年製作の映画)

3.8

BGMがミスマッチなところが数カ所あったけど平和で良い映画。心が荒れてる時鎮めてくれそう。
主演の俳優がサッカーの長友に似てて笑えた。

少女の詩人のこの喋り方がキュート、雨の詩も好きだった。

三ヶ
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.9

"Catch Me If You Can"といい"The Wolf of Wall Street"といい、愛すべき成金を演じさせたらレオナルドディカプリオの右に出るものはいないなと思う。

この映画も
>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ(2013年製作の映画)

4.4

現実夢過去未来がシームレスに繋がる映像。小説では出来ない、映画だからこそできる作品。

謎なシーンは多い。けどなんか引きこまれる。歳を重ねると分かるようになるのかな。すぐに見返してもきっと感想は変わら
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

劇中なんども衣替えするキーラナイトレイの衣装がかわいい。上品なエロってこのことだなと

男に媚びない強い女像っていう今っぽさを保ちつつ、男がグッとくるものを分かっているお見通し感がさらにグッとくる。。
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.3

戦時中から戦後の広島の女の子のお話。あまり戦争を感じさせない日常をとらえた前半から、後半のしっかりした戦争描写への落差はつらかった。太平洋戦争系映画は火垂るの墓含め今まで忌避していたけど、正解だったか>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

日本映画によくある弛緩したストーリー展開。何も起こらないけどハッピーエンド。終始コミカル。

メリーに首ったけ(1998年製作の映画)

3.5

ロンドンに向かうエティハド航空でみた。ちょっとセクシーなシーンをブラックアウトさせる鬼のイスラミック編集が辛かった。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

名作と歌われる映画。
やっと観た。
ワケワカヤナイ
一度じゃ理解不能系映画のよう
スコアつけられず
ただ、音楽や映像美はめちゃすばらしい

ゴッド・イン・ニューヨーク(2003年製作の映画)

4.0

日本ではわからない、多様な人種が日々身近にいると起こること

>|