Telegnosisさんの映画レビュー・感想・評価

Telegnosis

Telegnosis

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.5

20210617家で鑑賞。
重度の精神疾患を患っている人達を受け入れて、疾患克服に奮闘する人々を描いた作品。

政府に認可されている機関ではないとか、精神疾患者の知識に乏しいとかは関係無く、『社会に復
>>続きを読む

タチャ ワン・アイド・ジャック(2019年製作の映画)

3.5

20210617家で鑑賞。
タチャ(詐欺師)達が仕掛ける騙しと、少しづつ明らかになっていく主人公の素性に見応えを感じました。

印象的な場面は、タチャがチームを組む時の自己紹介場面で披露されたカード捌
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.0

20210616CATVにて鑑賞。
広瀬すずさんのぶっ飛んだ演技が印象的な作品。

『Death! Death! Death! Death♪』

父と娘の絆の再生がコミカルに描かれていて笑ったりホロリ
>>続きを読む

樹海村(2021年製作の映画)

3.0

20210616家で鑑賞。
富士の樹海に存在すると言われている村に纏わる恐怖を描いた作品。

呪いが発動するための道具として『箱』が出てくるのですが、

①箱は一体何を表しているのか?
②どんな条件で
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

20210525CATVで鑑賞。
多感な女子高生の飛躍を描いた青春群像劇。

自分自身に、現状からの飛躍を課すために『レディバード』という呼称にこだわっていたんだと思いました。

カツベン!(2019年製作の映画)

3.0

20210523CATVで鑑賞。
映画の前身、活動写真と呼ばれた時代に活躍した『活動弁士』に焦点を当てた作品。

音声のない動画の場面に合った台詞と解釈を作品にもたらした活動弁士は『声優』の先駆け的な
>>続きを読む

真犯人(2019年製作の映画)

3.0

20210522家で鑑賞。
ものすごく意味深な終わり方をする作品だと思いました。
最後の最後の判断は、あの人に渡された事になりますが一体どんな判断をするのでしょうか?

全てが判明した後にどんな判断が
>>続きを読む

悪魔がみている(2020年製作の映画)

2.0

20210522家で鑑賞
『罪から逃げる者には悪魔が審判を下す』
という事を描きたかったのかな・・・。

どの様に行動したら結末を変える事が出来たか考えるにも材料が少ないと思いました。

あの女人像を
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

20210521家で鑑賞。
実際に起きた事件に着想を得た作品。
鑑賞後、フィクションではあるが、『これが真相だったのでは?』と思わされました。

新聞記者が事件を掘り起こす過程で判明する『犯人の身勝手
>>続きを読む

権力に告ぐ(2019年製作の映画)

3.5

20210521家で鑑賞。
現実の事件を題材にした銀行売却に伴う不正利益供与の内幕を描いた作品。

『正しい行いとは何なのか?』という事を考えさせられました。
権力を握るには悪い事に手を染めないと駄目
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.5

20210520家で鑑賞。
上映時間が短いためか、犯人の動機についての掘り下げが不足している様に思いました。

危機意識を高く持たないと大変なことになるという警鐘作品として意義があると思います。

>>続きを読む

マージン・コール(2011年製作の映画)

3.0

20210518CATVで観賞。
ある証券会社が出した損失整理の模様を、『重役』『管理役職』『一般社員』其々の視点で描いた作品。

損失整理で埃を被るのは管理役職以下の社員達という事がこの作品を観ると
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.0

20210425家で鑑賞。
映像と音が適切に配置されて『映画』が制作されている。見終わった後で映画制作の肝を理解した気持ちになる作品。

映画制作の歴史も紐解かれて非常に興味深く見れましたし、作中で紹
>>続きを読む

黒い十人の女(1961年製作の映画)

3.5

20210425家で鑑賞。
女性が持つ、男性への強い独占欲が描かれていると思いました。
愛情が強い内は問題が起きないが、ひとたび冷めた時の反動の怖さを描かれていると思います。


下記観点を考えながら
>>続きを読む

名もなき野良犬の輪舞(2016年製作の映画)

3.5

20210424家で鑑賞。
黒社会映画であり、潜入警察映画でもある。

ある組織幹部と潜入捜査官の絆が、それぞれの所属する組織にジレンマを抱えていて、少しづつギクシャクしていく過程に見応えを感じました
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.0

20210424家で鑑賞。
一枚のICを脊椎に埋め込む事で、ある事件を経て四肢不随となった男は運動能力が向上し、事件原因の究明に乗り出す。

ICが失われた神経伝達機能の代替を行うから、埋め込まれた人
>>続きを読む

杉原千畝(2015年製作の映画)

3.5

20210423家で鑑賞。
ペルソナノングラータ(好しからぬ人物)と評された外交官の生き様を描いた作品。
政府に楯突いてまで移民の手助けをする原動力になったのは『自治三訣』の教えと『世界を変えたい』と
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

20210423家で鑑賞。
時間が短めですが、作品進行がテンポ良く濃密な印象を受けました。

作品内では、上級国民の密かな楽しみ『人狩り』を『狩る側』と『狩られる側』のバトルロイヤルが描かれます。
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.0

20210422家で鑑賞。
三国志をふわっとした感じで描いた作品。
喜劇要素が受け入れられるかで評価が分かれそう。
三国志に思い入れの強い人にはオススメできません。
(多分、小馬鹿にしているように受け
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.0

20210421家で鑑賞。
冒頭の疲弊しきった表情は、長期に渡る潜入捜査の過酷さを物語る。
そんな折、ある男の射殺体が見つかるが・・・。

ニコールキッドマン演じる捜査官(エリン)の憔悴しきった姿の理
>>続きを読む

ジョンQ 最後の決断(2002年製作の映画)

3.5

20210402家で鑑賞。
心臓移植が必要な息子のために奔走する父親の姿に胸を打たれる作品。

些か過剰な手段が選択されてる観点もあると思います。
しかし、過剰な手段を選択せざるを得ない背景に納得しま
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

2.0

20210401家で鑑賞。
2年間交流がなかった友人からの招待を受けて、ホームパーティーに参加するという設定に無理があると思いました。
交流が無くなった理由が理由だけに、自分が同じ立場だったら『会いた
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.5

20210330家で鑑賞。
観終わった後で元気が出る映画。
劇中使用される音楽に主人公同様、背中を押されました。
音楽の力って凄いですね。

当時の英国での移民に対する扱いに怒りを覚えました。

NY 心霊捜査官(2014年製作の映画)

3.0

20210328家で鑑賞。
映画用に脚色されているみたいですが、この作品で描かれた様な不思議な事ってあるんですね。

個人的に気に入った所
•作品全体に漂う暗い雰囲気。
•刑事ドラマと恐怖映画の融合。
>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.0

20210327家で鑑賞。
原作は未読。
部活統廃合のくだりが可笑しかった。
一芸を持った人物の力強さを感じられる作品。

学校の部活にも関わらず多彩な音響素材が揃えられているのが凄かった。

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.5

20210327家で鑑賞。
安楽死を主題にした刑事ドラマ。
冒頭から中盤にかけての展開は『ドクターDEATHが誰なのか?』という事に焦点があたっていて、作品に引き込まれました。

ドクターDEATHの
>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

3.5

20210324家で鑑賞。
同名の漫画が面白かったので借りました。

巨額のお金を賭けたゲームで行われる心理的な駆け引き。
確実に貰える金額よりも、他の参加者を出し抜いて得られる金額が多い時、危険を犯
>>続きを読む

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

3.5

20210323家で鑑賞
『冒頭、男が自殺を決意し・・・』といった展開から意外な方向へ話が向かっていく所に見応えを感じました。

作品名も的を得ていて、男の覚悟が表れています。
題名に惹かれて借りまし
>>続きを読む

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年製作の映画)

3.5

20210316CATVで鑑賞。
医療ミステリーというよりは、良質な医療ドラマという印象を受けました。

救命救急医療現場の切迫した雰囲気が伝わってきて、作品に引き込まれました。

あまりにも大勢の要
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.5

20210308家で鑑賞。
あの地震発生後、原子力発電所で発生していた事の背景が描かれた作品。
原子力発電所は、全電力喪失状態(SBO)になった時、生活を支える利器から生活を脅かす凶器になる。
発電所
>>続きを読む

鬼手(2019年製作の映画)

3.5

20210305家で鑑賞。
囲碁を題材にした復讐劇。
早指しの戦いは、短い時間で何通りもの指手を読み合っている緊張感があって見応えがありました。

色々な対局方法も目を引きました。
・頭の中で碁盤描き
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

3.0

20210304家で鑑賞。
事故物件(元住人に何らかの不幸があった部屋)に住み、そこで発生する怪異を描いた作品。

事故物件とは知らずに住むのではなく、敢えて事後物件に住む事を生業としている芸人さんの
>>続きを読む

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.0

20210302家で鑑賞。
証券取引所との直線高速回線敷設物語。

高速回線が応答時間が、金融取引に於いてもの凄い利益をもたらす事が分かった。
僅かな土地でも提供を断る地主さんがいる事にびっくりしまし
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

3.5

20210301家で鑑賞。
伊坂幸太郎さんの原作は未読。

首相殺しの汚名を着せられた男の逃亡劇を描いた作品。

律義な主人公の気質が、絶体絶命の状況の中で間の抜けた雰囲気を作り出す事があって、それが
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.5

20210228家で鑑賞。
犯罪に対する警察機関と諜報機関の考え方の違いが描かれていて興味深く観れました。
警察機関の考え方
・起訴できる内容が出ているなら逮捕すべき。

諜報機関の考え方
・毒をもっ
>>続きを読む

THE 焼肉 MOVIE プルコギ(2006年製作の映画)

3.0

20210228家で鑑賞。
焼肉が食べたくなる作品。
赤肉と白肉という呼称があることを、この作品で知りました。

エゴマの葉のキムチって、どんな味がするんだろ?

新大久保の韓国焼肉屋さんへ行けば食べ
>>続きを読む

>|