TeppeiKawabataさんの映画レビュー・感想・評価

TeppeiKawabata

TeppeiKawabata

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

あまりのイカレ具合にイライラ。
でも遠回りして遠回りして本当の自分の気持ちに気付くことができたラストはちと感動。
思ってた映画と全然違ちがったーー笑

追憶(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

複雑な家庭環境で育った岡田准一扮する警察の四方と、幼少期に生活を共にし、自身の子供の出産を控える田所(小栗旬)が同じく兄弟同然の川端の殺人事件に巻き込まれることに。

闇を抱える四方の妻や母親とのやり
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

会社の同僚とシネマナイト。

想像していた涙ちょちょ切れ映画ではなく、人間の汚い部分も表現されている味わい深い映画で引き込まれた。
松坂桃李、竹野内豊のクズっぷりと、阿部サダヲの汚れと優しさ、蒼井優の
>>続きを読む

ロック・アウェイ(2016年製作の映画)

2.5

展開が読め過ぎて…
この手の作品は期待を超えるのが非常に難しいと思いつつも微かな期待を込めて観てしまう。。。

杉原千畝(2015年製作の映画)

4.0

唐沢寿明扮する外務省のエリートが異国の地で、ユダヤ人の命を救うため、「世界を変えたい」という自らの信念を貫き、本国の指示に背き日本への通過ビザを発行し続け、数千人のユダヤ人を救った実話の物語。

ビザ
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.8

パージ第三弾!
一年に一度、殺人を含むすべての犯罪が12時間だけ合法化され、アメリカ全土が無法地帯となること映画シリーズ。

こういうシリーズって大体マンネリ化してきて、続ければ続けるほど評価が下がっ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

念願のパイレーツはなんばの4Dで鑑賞!
案の定水しぶきかかりまくりで終始曇るサングラス。笑
笑いあり、感動ありのさすがのディズニーパイレーツでした。
ツッコミ所満載でしたが、なによりウィルとエリザベス
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

仕事上がりに、男ゼロのシアターで刺さるような視線を浴びながらおひとり様鑑賞。笑

側から見たら完全に怪しいやつ
今夜もレジェンド・オブ・オオサカ

人はみんな色んな事情があるだろうし、否定も肯定もする
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.3

思っていたより、命を尊重した映画でした。死傷者ほぼゼロ。笑

もうちょいハード且つ濃い内容を期待して観たんですが…

ただ、SAWも然り、この手の構想を考えつくアイディア力には、ただただスタンディング
>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

2.7

感情のない無機質な世界で、異性に好意を持つこと。それはこの世界では異常であり、“病気”と診断され、死を意味する。

無機質な世界観を描写したシーンが続くため、メリハリに欠けるというか、んー、個人的には
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

4.1

最近好きなアマンダ・セイフライド主演でずっと気になっていた映画だったけど、近所のTSUTAYAで取り扱いがなく、わざわざ取り寄せてもらいようやく鑑賞。

ロミオとジュリエットにまつわる観光名所が舞台で
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

大好きだったハリーポッターシリーズに関する話や情報がチラホラ出て、いい感じにハリポタの世界観を継承残した新しいシリーズものを予感させる映画だった。

全5作を予定しているそうなので、次作にも期待!

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

会社の後輩に勧められて観たビンテージもののホラー映画。

完結に言うと・・真冬の間、閉鎖中の山奥のホテルで繰り広げられる狂った男とその家族の狂気に満ちた恐怖映像。

ちなみにこの映画の象徴ともいえる主
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

寝ると前日の記憶が全てなくなってしまう女と、毎日口説き続ける男の物語。

ハワイを舞台にした美しい景色とピュアで爽やかなストーリーにスタンディングオベーション!

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

4.2

少し前までミュージック的な要素を含む映画はあまり観なかったけど、最近新たな境地開拓で鑑賞。
結果、心が洗われるとても良い映画でした。
物心つく前に両親に捨てられ養子縁組になり、何度も家を追い出される仕
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.0

まさに名作!
この映画のように少年時代の回想に大体やられちゃうんですよね、個人的に。
彼の人生に大きな影響を与えた映画とじいさんにスタンディングオベーション。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.5

ゾンビになっても人の脳を食べず代わりに豚の脳を食べ続ければ理性を保てるというB級的な要素を含んだちょい笑えるロマンスゾンビ映画(笑)
映画【高慢と偏見】がベースになっていることもあり、見やすいゾンビ映
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.4

ホラー的な要素はゼロ。
人はあるカラダのある一部の機能が失われると、その機能をカバーするためにその他の機能が向上するというが、盲目の老人の嗅覚、聴覚や六感が研ぎ澄まされ過ぎていて恐ろしや…

エスコバル 楽園の掟(2014年製作の映画)

4.0

麻薬売買というコロンビアの闇社会を描写した映画で、実在したパブロ・エスコバルという国会議員であり、また麻薬の売人のボスでもある人間を中心に展開される闇の深い映画で、色々考えさせられる内容でした。

>>続きを読む

あなたのママになるために(2015年製作の映画)

3.6

ペネロペが出演してるとは知らずに鑑賞。
以前パイレーツオブカリビアンで女海賊を演じているのを観て好きになった女優さん。
母のイメージは全くなかったけど、とても優しい母親を表現していて演技の幅の広さにス
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.7

小栗旬、カッコえぇ〜!
個人的に藤原竜也、神木隆之介、柳楽優弥、小栗旬の演技は引き込まれる。

この映画には小栗旬しか出ていませんが笑

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.5

事故により首から下は、指が少し動く以外ほぼ麻痺状態の御曹司とその介護として働くことになった女性のお話し。
ある意味予想通りの結末なのかもしれない。

俺が彼の立場だったら、同じことを考え行動してしまう
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.0

最後まで緊迫した展開が続くため、いい意味で短く感じました。
自らの命をかえりみず、仲間をかばうキャプテンにスタンディングオベーション!

海賊はもちろん許されるものではないが、その行為の背景や理由を考
>>続きを読む

キアヌ(2016年製作の映画)

3.7

笑えるヒューマンコメディ映画!
一匹のネコを巡って、ワルとは無縁の2人がギャングの仲間になり、銃を撃ち、ヤクをキメてとちょいダサの悪に…
ネコ好きと、ちょっと笑いたい気分の人にはオススメです。

きみといた2日間(2014年製作の映画)

3.5

最初は互いに出会い系サイトで一夜限りの出会いを探していた2人の物語。
こういう出会いも面白そうだなーと思いました。俺は無理やけど笑

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.3

こういう純愛もの大好きです!
少し男女の絡みというか恋愛が韓国映画にも似ているような気がしました。

田舎の学校に通う純朴な子供たちがまた可愛い。

これみて教師もいいなと思いました。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

かなりリアリティのある映像で迫力満点でした。
破壊される街の中で、自分の会社が映った時はなんか複雑な気分だった笑

そしてゴジラの存在意義がイマイチわからない…

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.2

ヒトラーってどうしても独裁者のイメージが強くなってしまうけど、民衆を惹きつける魅力というかカリスマ性が抜群だったんだろうな、と思う。

映画の中でも響くと感じたセリフは、現代社会にも通づるものがあった
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.0

母親に勧められて鑑賞。

結果、インド映画おもしろーー!!

インド映画って少し敬遠してたけど、想像していたよりもボキャブラリーに富んでいて、俳優たちの表現も豊かで楽しかった。
時折入れてくる集団ダン
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

3.7

先輩が観てて気になったので鑑賞。
親を想う子の気持ち、子を想う親の気持ちに感動しました。

感想も先輩と同じだけど笑

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

4.2

シング・ストリートに続いて2日連続のブリティッシュ系映画鑑賞。

実際にエリザベス女王二世が若かりし頃に、ドイツとの終戦を祝う夜に、国王のスピーチを聴く国民の様子を見て報告するという建前のもと、人生で
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

音楽のチカラを改めて凄いなと感じました。

オリジナルの歌詞にはその人の人生や人となりが凝縮されていて、そういう観点からアーティストの歌詞を見ると面白い。

昔バンドやってた頃に作詞してみたけど、恥ず
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

これがノンフィクションだったって考えると恐ろしいな…
何を信じていいのか分からなくなる。

最後、機長の判断にはスタンディングオベーションものです。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.8

こんな実話があるなんて、まさに奇跡。
助かったのは乗客155人だけでなく、その後ろにいるそれぞれの家族や友人、恋人も含めたくさんの人なんだなー。

ブルース・オールマイティ(2003年製作の映画)

3.7

これぞジムキャリー!!
というようなキャラ設定に感じました。笑

>|