せおすださんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • せおすださんの鑑賞したドラマ
せおすだ

せおすだ

映画(2355)
ドラマ(46)

ツイン・ピークス シーズン2(年製作のドラマ)

5.0

毎回、先の読めない展開で引き込まれたのは、「観客にも役者にすらもローラ殺しの犯人を最後まで教えたくなかった」とメイキングで語る、リンチの意図があったからだろう。
確かに、犯人を明かすシークエンスは感動
>>続きを読む

0

ツイン・ピークス シーズン1(年製作のドラマ)

5.0

デヴィッド・リンチ作品の、悲鳴や物の擦れる音などの不協和音は、観客に的確な不快感を与え戦慄させる。
それに、北西部の片田舎のノスタルジックな雰囲気がうまいこと調和し、あらゆるジャンルの要素が混在してこ
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 最終章(2019年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ブランの悟りの開きっぷりにじわる。
ホワイトウォーカー戦でシオンに守られている時は、白目を剥いてどこに行っていたのか気になる。

デナーリスによる民の殺戮は、もう正義とは言えない。サーセイに同情するつ
>>続きを読む

2

ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風(2016年製作のドラマ)

4.1

ドラゴンや非科学的なことがある世界だけど、その世界でも死者の大軍がいることは信じられていない。
ファンタジーの中のファンタジーみたいな。非日常の中の非日常みたいな。あり得ない世界でもあり得ないことはあ
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第七章: 氷と炎の歌(2017年製作のドラマ)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

一時ドラゴンが従わなくなっていたのは反抗期だったからなのか。言うことを聞くようになって良かったね。と思っていたら一匹犠牲に......。

そして、ここに来てジョン・スノウの父がターガリエンと明かされ
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第五章: 竜との舞踏(2015年製作のドラマ)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やっぱり、ジョフリーの死が呆気なさすぎるという視聴者の批判が多かったんだろうなあ。待ちに待ったサーセイが屈辱な目にあうシーンはとても惨めで長尺だった。

ルース・ボルトンとスタニス・バラシオンが似てる
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第四章:戦乱の嵐-後編-(2014年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョフリーにはもっと苦しい死に方をして欲しかったな。
ただ、これだけ愛するべきところが一片もない憎まれ役を演じきったこの少年のプライベートが心配になる。

ダンゴ虫すら殺さない男、ティリオンの暴走が面
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編-(2013年製作のドラマ)

3.8

このスペクタクル・ピンク・ファンタジー、必ず9話あたりで重要人物が数人死ぬお約束なのね。
斬新な死亡フラグの発見ができそうで、毎回シーズンの後半が楽しみだ。

ところで、シーズン1からずっと殺陣の演出
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第二章:王国の激突(2012年製作のドラマ)

3.8

相変わらず、ヌードや濡れ場の多いピンクドラマ。
シーズン2に入ってもたまに誰が誰なのか混乱した。人間の顔と名前を覚えるのが苦手な自分は、ネットに載っている相関図を頼らないときつかった。

ピーター・デ
>>続きを読む

0

ゲーム・オブ・スローンズ 第一章:七王国戦記(2011年製作のドラマ)

3.5

主人公が誰なのか、主観を定めずに話が進んでいく。観客がどのキャラクターを気に入り応援するのかは、観る手に委ねるというストーリー構成だ。
そのやり方は、物語に主軸がないように見られてしまう、という失敗を
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド シーズン9(2018年製作のドラマ)

3.8

ジュディスが寺田心君ばりに良い子に育ち、子どもとは思えないほど強い信念もあり、逆に反抗期が楽しみ。

相変わらず、異人種カップル、同性カップルが多くて、逆に差別を意識しすぎ。

0

ウォーキング・デッド8(2017年製作のドラマ)

3.6

シーズン7から引き続き、脚本家のための時間稼ぎのような、無駄に間延びした顔の寄りのショットが目立ち、展開が遅いことにイライラさせられた。

後半のリックは主人公にあるまじきクズ加減だった。

0

タイガー&ドラゴン(2005年製作のドラマ)

4.5

古典落語に現代劇を絡めて、どんなオチに向かっていくのかを徐々に紐解いていくというストーリー構成が、とても面白い。

それから、愛される茶番を描くのがうまい。

0

牙狼-GARO- 〜闇を照らす者〜(2013年製作のドラマ)

3.5

金色になれが、牙狼シリーズでは一番お世話になりました。
もうパチンコはしてないけど、当時はドラマもこれだけ観た。
こういうのはストーリーも演技も低レベルだけどなかなかハマった。
煽り演出には学ぶものが
>>続きを読む

0

ツイン・ピークス:リミテッド・イベント・シリーズ(2017年製作のドラマ)

5.0

長すぎる沈黙の間は、普通の作品だと耐えがたいものなのに、デヴィッド・リンチのそれは苦じゃない。それどころか釘付けになる。

10話の濡れ場のシーンがある意味トラウマで、もう騎乗位は笑ってしまいできませ
>>続きを読む

0

プリズン・ブレイク シーズン5(年製作のドラマ)

3.9

脱獄する仲間達は、どんな過去を持っていてどんな葛藤を抱えているのか。
そこをもっと掘り下げてくれると、シーズン1から愛され続けているレギュラーメンバーたちのように個性が濃くなって、面白さがもっと増すは
>>続きを読む

0

エージェント・オブ・シールド シーズン1(2013年製作のドラマ)

3.0

能力者がいっぱい簡単に現れるから、特別感がなくなって萎える。Xメンもそう。
小学生か中学生の頃に見たら結構楽しめたかもしれない。

後半は面白いけど、どんでん返しを狙いすぎて逆にありきたりになっている
>>続きを読む

0

ウォーキング・デッド7(2016年製作のドラマ)

3.8

初っ端のニーガンの言動は、ウォーカーの世界になってから一番理不尽なことだった。
ウォーカーの世界になる前の、ニーガンの生活が気になった。

後半は、先の展開を考える時間が足りなくて脚本の質が落ちている
>>続きを読む

0

モテキ(2010年製作のドラマ)

3.8

免許合宿の時に、男友達4人でぶっ通しで観た。わっしょい。

0

池袋ウエストゲートパーク(2000年製作のドラマ)

4.0

インラインスケート流行ってたなあこの時代。

「手掛かり無しか」と言いながら投げ捨てるものが一番の手掛かりとなるところとか、伏線の貼り方が凄く巧い。

0

H2〜君といた日々(2005年製作のドラマ)

4.2

地味に好き。
この頃から石原さとみ可愛いと思ってた。

0

電車男(2005年製作のドラマ)

4.0

ドラマ版のエルメスたんの方がタイプ。

0

LOST シーズン2(2006年製作のドラマ)

3.8

無人島サバイバルに非科学的なのいらない。

0
>|