SunnyBugさんの映画レビュー・感想・評価

SunnyBug

SunnyBug

  • List view
  • Grid view

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

すごく面白かったです。最初のノンカットのゾンビドラマの中の違和感に感じたものが、全て生まれるべくして生まれてた違和感。それを計画的に撮って観せてる。この違和感がほどんどの人が気付く違和感ってところも凄>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

2.5

面白いし、見入ってしまいました。ただ、うまく言えませんが、豪邸の地下の存在からジャンル不特定な要素が入ってきて、それが映画の勢いを殺したように私は感じました。

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.5

最初のCGの戦艦と航空機の戦争シーンはすごい怖さを感じました。そこからも面白かったですが、クライマックスの考え方とかすごく綺麗すぎる感じがして、逆に後味が悪い感じになりました。

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.5

ただただ楽しむだけの映画。ドラマを見てるように観る映画なのですが、それが良いんだと思います。オヤジ級の高校生がたくさんいてて年齢感が漫画の世界だと思います。

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

3.0

銀魂をあまり見てない私にはストーリーはさておきで、訳の分からないレベルのおふざけを堪能するためのアニメですが、楽しめました!

岳 -ガク-(2010年製作の映画)

3.0

一年で日本だけで山岳の遭難事故は2000件を超え、死者は300人出てるらしい。水難事故は、発生件数は似たようなものですが、死者は500人を超えるらしい。。映画を見ててこんなに発生しないでしょ?って思っ>>続きを読む

技術者たち(2015年製作の映画)

3.0

派手さのないオーシャンズやコフィデンスマンJPみたいな感じ。そして、最後の伏線回収もそこまで「なるほど!」って感じにはならなくて終わった感じがします。。

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

1.0

クッソ面白くない映画。
音楽モノの映画で一番面白くないと感じた作品で飛ばしながら観ました。
そして私がむちゃくちゃ好きなゾンビーズの「今日からスタート」を演奏してるところで絶望的なほど嫌いな映画になり
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

5.0

インプロビゼーションによるサイケとパンクの衝動と青春。ロックの衝動を映像化できたことの衝撃。
ゆらゆら帝国の坂本慎太郎の声、岡本靖幸のシャウト。そしてエンドロールにドレスコーズ+夙川ボーイズで、曲名が
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.5

エンジン停止から着水までのわずかな時間と、その後の問題。本当に短い時間の中で発生してる問題に対して主人公の抱える悩みとかも見せず、強いアメリカ人の正義を見せて、アメリカンヒーローを作る映画。イーストウ>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.0

あのお母さん、何万人も殺すような判断をして、最後はヒーローになったかのような感じが意味わかりませんが、ゴジラたちが大暴れしてくれたらそれでいいんです!

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.0

ある意味ホラーな作品。ただ、これがランボーと言ってしまうとそうなのかもしれません。狂気じみた大量殺人事件に正義はないんですけど、退役軍人の闇を見た気はします。。

悪人伝(2018年製作の映画)

4.5

韓国映画はヤバイですね。ぐいぐい引き込んでいく感じが、エンターテイメントです。アメリカに権利買われて大作映画になるのかなぁ。日本と違ってエンターテインメントにする力って韓国にはあるってこと改めて思いま>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

これがリアルなんですね。。戦車で大砲撃って大爆発とかではなく、鉛の大砲が戦車に擦れて耳がやられたりとか、なんか壮絶。もっともっと苦しんで泥臭い戦いが戦争だったんだと教えてくれる作品。

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.5

「いつハグしてくれるの?」最後まで引っ張ったこの言葉。ようやく自分を受け入れた最後でフィナーレで最高でした。ぶっ飛んでたエルトンジョンのライヴはリアルで観たかった。

マンデラの名もなき看守(2007年製作の映画)

3.0

ネルソンマンデラ。脚色されているとは言え戦い続ける人の話しは何か感じるところがあります。とは言え、看守が主人公のため、投獄され続けてることはわかりましたが、その中で戦い続けてることが見えてこないので終>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.0

人間版ジュラシックパークみたいな感じ?遺伝子から複製された若き自分と戦う自分。最後は二人で戦闘のプロたちをやっつける。罪にはならず最後は学生生活を満喫してる若い自分と、それを見守る自分。これでいいのか>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

1.5

ガンダムの名前を利用したガンダムのようなロボットが出てくるアニメ映画。宇宙世紀モノとして観てしまうからガッカリ感はあります。でも、だからと言ってただのロボットアニメとして観てもそんなに面白くない。

トランスポーター3 アンリミテッド(2008年製作の映画)

2.0

2も3もヒロインがすごく残念。ストーリーを楽しむ映画ではないのに視覚的ない要素を下げる必要があるんでしょうか。。でもジェイソンステイサムのアクションはえげつなかったです。

トランスポーター2(2005年製作の映画)

3.0

ボンドガール的な存在が今回は弱すぎるし、ウィルスの脅威が適当に扱われすぎてて今の時代に見るよ違和感だらけ。とは言え、ジェイソンステイサムの超絶アクションは冴えまくってます。

トランスポーター(2002年製作の映画)

4.0

ジェイソンステイサムのための映画。運び屋としての自分のルールを簡単に破ってしまうお茶目な主人公。女性に弱い主人公。それを超えていくアクション。完璧だと思います。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

4.0

この映画を観て、コロナ渦の世界を作り上げた首謀者がいるんとちゃいますか?そして、イーサンハントなら裏で解決し、数年前の日常が続いてたのだと思います。

デトロイト・メタル・シティ(2008年製作の映画)

4.0

いやぁ、笑いました。。やっぱり音楽に愛ある映画は面白い。デスメタル盲信ファンからの大量の手紙とか、そのファンが腐った下北沢系の音楽を聴いての反応とか。愛あるなぁと。

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.0

もうウルトラマンとかバットマンの世界観です。でも、ポリスストーリーじゃないと思って見ると普通に楽しめます。そして、相変わらずの最後のジャッキーチェンの歌のおかげでエンドロールを最後まで見てしまう。。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

どんなに性格が悪くてもアンハサウェイなら許せます。。しっかりとオーシャンズシリーズの中の一つの作品としての質を保ってるように思います。爽快!!

ポリス・ストーリー 香港国際警察(1985年製作の映画)

3.5

相変わらず最後と最後にえげつないアクションシーンを設けて中だるみを誤魔化す手法は天才的。ジャッキーチェン自身が歌うエンディングテーマで見てる人を満足にさせてしまう感じがすごい。。

3年目のデビュー(2020年製作の映画)

3.0

欅坂のドキュメンタリーで現れてた壊れかけた危うさとは違った、本来のアイドルとしての苦しみや成功のステップアップの中でのもがきなどか見てて清いです。でも、私は欅派です。。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

なんでもいいんですが、人を駆り立てるものがあれば強くなれるんですね。彼にとっては家族であって息子だったってだけ。本当に映像が綺麗で迫力あるシーンの連続で見入ってしまいました。

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.0

これだけストーリーだけで魅せれる映画がまだ撮れるんだなぁと思わせる本当にストーリーと企画でできた映画。とは言え、低予算感があるわけでもなく映像も綺麗で、ぐいぐい引き込まれていき、解決に向かって紐解かれ>>続きを読む

サンダーアーム/龍兄虎弟(1986年製作の映画)

2.5

最初と最後のアクションのためにある映画。それでも最後のアクションはもう少し何か欲しいと思ったのは僕だけでしょうか。この時代のジャッキーに求めるアクションが異様に高くなってる自分がいます。。

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

3.0

面白かった。やっぱり王道スポーツモノはいいです。そりゃあ、マンガとアニメには勝てませんが、実写でも感動するもんはします。。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.5

相変わらずの圧倒的映像。その映像だけで最後まで押し通す潔さ。ストーリーなんて正直置いてけぼりでも気になりません。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

やはり連続で見ると飽きると言うか。。ルパン三世と同じ感じです。ミッションインポッシブルやジェイソンボーンは飽きないのに。。この違いは大きい気がします。でも、ヒロインは一番好きかも。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.5

立て続けにダニエルクレイグの007を通して見てますが、話の流れが全て同じで安心して見れます!クレイグ版3作目も安定の面白さ。

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.0

前作のカジノロワイヤルより、なんて言うかあまり何も感じなかった作品。大作なのはわかるが、空、海、車を全て揃えなくても。。これならもっと未来武器を使ったミッションインポッシブルとして見たくなる。

EXIT(2019年製作の映画)

4.0

面白い!きっと毒ガスにより何万人も亡くなってると思うが、そんなの気にすることなく、死の恐怖のマイナス面をうまく出さずに、エンターテインメントとして画面越しから応援しちゃいたくなる感じ。

>|