ろっきーさんの映画レビュー・感想・評価

ろっきー

ろっきー

ふぅ〜………映画っていいよね〜。

映画(221)
ドラマ(0)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

やっぱりこういう“ザ・エンタメ”映画は迫力ある大画面で観るべきだなとつくづく思いました!笑

IMAX3Dで鑑賞。


前作は「あ〜あ、早くしないとやばいんじゃないの?((;゚Д゚))」という感じ
>>続きを読む

ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷(2018年製作の映画)

3.4

映画全体のゴシック感とか雰囲気はわりと好きだったのですが、ホラー映画としては……

…ホラー映画かこれ?


ていう出来栄えでした笑

ホラー映画でお馴染みの音驚かせだけのホラー演出ですほぼ。

と言
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

言うほど悪くはないじゃないか!

別物として見れば普通に楽しいSFアクション映画として楽しめる。

自分がSWの熱烈なファンとかハン・ソロがすごい思い入れがあるキャラとかでないからかもしれませんが笑
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

あくまで個人的に感じ取った感想なのですが…

辛い現実から逃れるために、フィクション物というのは救いになる。ということもわかった。

誰しもアニメや漫画、ゲーム、音楽だったりそれこそ映画だったり。そう
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.3

実話を元にしてる情報は一応知ってたけど…

「あー今年はサノス(ジョシュ・ブローリン)の年だね〜」なんて悠長な気持ちで観に行ったら…

はっ!?おいマジかよ…!マジかよーー!!Σ(゚д゚lll)

>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.8

原作で『下町ロケット』を読んだくらいで、池井戸潤の作品に触れるのは今作で2度目。

とは言え、何の心配もなく「まぁ池井戸潤の作品なら面白いだろうな」と思ったらその通り面白かったです。笑

役者陣が良か
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

なんだろう、凄い突飛なストーリーとかでもないんですよ。

非常にシンプルなストーリーなんだけど、ずっと微笑ましく優しい気持ちで見ていられて涙腺は常に鍵開けてオープンな状態で観てしまう映画。笑

オギー
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

虐待事件がタイムリーすぎて辛かったわ笑


貧困でもどこか楽しそう、けど決して羨ましくない環境。

見終わってモヤモヤして気持ちの落ちどころが見当たらない感じと言いましょうか…


安藤サクラの演技が
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

カオスな映画とは正にコレのことでしょ笑

と言わんばかりのメチャクチャな展開になって行き茫然と見届けるしかない。

とにかくずっと不快感が付き纏う映画でジェニファー・ローレンスが可哀想に思えてくるんで
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

予告で「役所広司カッケェ〜」となって、ヤクザ映画は観てこなかった自分にしては初のヤクザ映画。笑

実際観たらやっぱ「役所広司カッケェ〜」となったし、「松坂桃李カッケェ〜」ともなった!

“男”て感じの
>>続きを読む

鬼談百景(2015年製作の映画)

3.4

ちょっと長くなるのでご了承下さい。

★:1点 ☆:0.5点

『追い越し』怖さレベル:★★★
大学生の男女数名が心霊スポットに行ってその帰りがてら…ていう凄くありきたりなストーリーで、幽霊の出方も凄
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.9

リドリー・スコットのこんなシックな映像表現が好きです。笑


超人的“どケチ”というスーパーパワーを持ったクソジジィにどうやって身代金を払わせるか?

母の敵は誘拐犯ではなく(もちろん悪い奴らなんです
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.2

扱ってる内容は非常に重い話だが、画が非常に美しいという点は去年の『ムーンライト』を彷彿とさせる作り。

フロリダのディズニーワールドのすぐ横にこんな過酷な現実が在ったのはこの映画観るまで全く知らなかっ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

前作を超えてギャグ満載の仕上がりw

終始、場内から笑い声が絶えなかった!

やっぱデップーは吹き替えでも観たくなるね、ダレそうになるとギャグを入れて緩和させ観客を退屈させない。

前作以上に面白いし
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

周りが8割がた女性ばっかりでちょっと気まずい気持ちもありましたが笑

ピーターラビットはキャラだけ何となく知っていて、『お父さんがパイにされた』ことは昔「トリビアの泉」で紹介されていたのを知っていたと
>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.8

スカルスガルド良いなw

お兄ちゃんの気持ちも分かるし、出て行った彼女の気持ちも充分理解できる。^_^;

お兄ちゃんの気苦労が伝わってくる。笑

そしてシモンの頭の中を表現しているのであろう、ポップ
>>続きを読む

NY 心霊捜査官(2014年製作の映画)

3.7

このタイトルは間違ってる気がします。笑
予告もそれっぽく宣伝されてるので。

自分軽く勘違いして観ました。

【“レーダー”と表される程に勘が働く主人公ラルフが受け持った一連の不可解な事件が悪魔の仕業
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.7

タイトルで何となく借りてみた作品でしたが「うわーなるほど〜!」という、してやられた感。笑

もう一回観て伏線を確認したくなる。

この“クレア”を名乗る顔を出さない依頼人は怪しいと思ってたけども笑
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.6

精神安定剤的な心地よい映画。

映画としての派手さはないかもですが、しっかりダシが出てて旨みが広がる味わい深い映画。

日常にある何気ない風景、行動、他人の会話、知人との会話。

「なんか良いな〜」と
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.9

【ランペイジ:暴れまわること】

ランペイジの意味を調べようとしたら、元々『ランペイジ』ていうゲームがあって、それを実写化したものだと知ってビックリしました。笑

なのでそういう意味では元ネタを知って
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

ポーカーのルールが分からなくても焦点はそこじゃなく、モリー・ブルームの挫折から成り上がりからの転落……からの不屈の精神!(笑)てな感じの映画。

逆境に強い女性を演じさせたら最高のジェシカ・チャスティ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

最初、評価が割と低くて不安でしたが良かったです!

戦闘シーンは緊迫感ありの迫力ある描写となっております。コレが実話とは、いやはや恐れ入った。

マイティ・ソー役でお馴染みのクリス・ヘムズワースの新た
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

今年の個人的映画ランキングの殿堂入りだな。そして来年も…笑

ネタバレ完全シャットアウトの感想

終始、ドリンク飲むのも忘れて口を“ポカーン”状態で観てしまっていたぐらいに全編クライマックス。

「も
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

非常に楽しい体験をさせてもらいました。
さすが巨匠スピルバーグ監督。

スピルバーグだから出来た大傑作だと思います。

ある種「コレが今の映画の最先端だ」と言っても過言ではないのでは?と思ってしまう。
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

【良かった点】

•戦闘シーンが前作と違って明るくて見やすい

•今作はちゃんと主人公機以外の機体の活躍が見れる

•映像の迫力は流石!(IMAX3Dで観る価値あり)

•巨大ロボットvs怪獣というワ
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

ウィンストン・チャーチルにそこまで詳しくない自分も楽しめた。
チャーチルが首相に就任して約一ヶ月の怒涛の戦いを描いている。

チャーチルの生涯を描いているのではなく、政界一嫌われ者であったチャーチルが
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.3

良くも悪くもザ・エンターテインメント映画!

吹き替えで観ましたがかなり良かったです!
今作は下手に芸能人とか使わずプロ声優さんを起用しているので安心して楽しめます。

場内は終始笑い声が絶えない感じ
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.9

断片的に覚えていた映画『ジュマンジ』

久しぶりに見て「あーそう!こんな話だったな〜」と懐かしさを感じました。

当時、ロビン・ウィリアムズ演じるアランの境遇が凄く可哀想で印象的でした。


久しぶり
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

ジェニファー・ローレンスがかなり体張ってます。笑

スパイ映画ですがアクションゴリゴリではなく、心理戦・ハニートラップを使ったストーリー。

アクション系も良いけど、こういう言葉巧みに相手に騙し騙され
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.4

評判はかなり良いけど、個人的にはまぁまぁって感じの映画でした。

映画全体の目的はわかるんだけど、そこまでもっていく過程の流れが個人的に乗れなかった。


単純に知識不足、勉強不足。

だからこの事件
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.0

こんな青春を送れたら、さぞ一生の思い出になるだろうな〜と思う青春映画。

見てるコッチが恥ずかしくなるくらい青春。

しかしスポ根的熱い展開は健在で、上の句と下の句を踏まえての正に集大成と思わせる作り
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

非常に良かったです。
さすが『トイストーリー3』を作った方々だ。

まず何が良かったか!

【“死者の国”がスゴイ煌びやかで、華やかで、幻想的な世界観を見事に作り上げてる。】
見終わった後、まるでディ
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.6

終始、薄気味悪い。

全体的にモノトーン色の画面で登場人物も魔女と思しき奴と主人公一家だけという非常に閉鎖的。

一家の1番下のサムが突如消えてから、一家が悲しみに暮れて、次から次へと不可解な事態に次
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

「面白かったな〜」というよりは、「良かったな〜」という感じ。

観ていて、「あーそうだ、これテロに遭った話だったね笑」と思いました。笑

割とというか、大半が彼らの3人の関係性をテンポよく見せていく感
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.6

『アイアンマン2』の時からブラックパンサーの伏線を張っていたMCU。

只々脱帽。笑

(※ネタバレはしません。)

大自然と最新テクノロジーが共存するワカンダ国。

『シビル・ウォー/キャプテンアメ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

観ていて不思議な感覚になってくる映画。

現実と幻想の狭間に立たされているかのようなファンタジー映画。

本当に、「昔々、ある所に…」と語りが入るかの様なおとぎ話的ストーリーと絵面。

主人公が清掃員
>>続きを読む

>|