ポンパドールなで彦さんの映画レビュー・感想・評価

ポンパドールなで彦

ポンパドールなで彦

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

エスターっぽい気持ち悪さ。
おじいちゃんが向かって
走ってくるシーンが
面白いけどめっちゃビビる
オチがふふってなる
「だから言ったろ?」

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.7

おばあちゃんの友達が
大変だったねって声をかけたのが
すごく重みのある一言だったなって。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

ありきたりなストーリーやけど
王道過ぎて涙腺にくる
ヒロインがかわいい

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.3

映画を見る私たちの眼球の動き方は同じで
それに合わせて映画音楽も作られている

音楽の意味というか効果の再認識

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.3

意味があるカット割り
少しずつ真相(この映画で伝えたいこと)が浮き彫りになっていく
森達也のfakeとは逆の映画かも

証言に一貫性のない役所広司さんの演技には「器」そのものを感じたし、
顔の表情の変
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自立、大人になりたい渇望、好きな女の子、恋による友情のもつれ
笑って中指を立て合えるのが本当の友だちなのかも。

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.9

ローレンスの笑顔◎
イケてないからバンドに向いてないって言い出すとこ好き
バンド始めたからといって実際モテるわけではないけど、なんかどうにかなっちゃうんじゃねーかと思わせてくれるのがすごいところかもし
>>続きを読む

アイムクレイジー(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレではないけど、嫌な思いをする人がいるかもしれないので。


バンドマンが俳優をすることは何も否定しないけれど、バンドマンがバンドマンの役を演じることにすごく嫌悪感を感じた。
ファンなだけに俳優
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

色んな曲プレイリストに入れてドライブしたくなった
音楽とリンクしてる映像なので体を動かしたくなった

あと、上司の説教とか録音して曲作ることを決めた

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.2

モノリスの中の景色が素晴らしい
サイケ&サイケ

どうやって撮ってんとかこれCGちゃうんか?とか考えてたら飽きない

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.5

最悪というかある意味最高のメンヘラ女の話。
画面外でいちゃつく海沿い?のシーンおしゃれ。
最後から二番目くらいに殺されたおばさんの顔、良い。童夢のチョウさん感。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

劇中歌が映画を表している
アコギだけの演奏に自分の頭の中のアレンジを入れていくシーンは何回でも見たい

悪人(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

人の悪意がテーマ。
岡田将生も満島ひかりもその役にイライラするくらい名演技で、どこかにいるその人そのものだった。

Love Letter(1995年製作の映画)

3.7

小樽での暮らしも良さそう。雪景色。
回想のシーンが古き良き日本を体現していて、ノスタルジーに浸れる。
若い頃の豊川悦司は爽やかだった。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

花澤香菜の声は癒し。
雪野先生の足を測る?シーン。

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

日本の話なのに日本じゃないみたいに感じた。
心に突き刺さる出来事とか起きてないのに、映画としての圧倒的な雰囲気に呑まれた。
江口洋介渡部篤郎山口智子桃井かおり◎
良い意味で邦画っぽくない映像だった。
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.5

内容が濃い。
信じることと伝えること。難しさ。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

君の名は→猫のやつ→本作
第1章は本当に苦手でした。なんだか自分たちの世界を作ってるだけの仲良しこよしのようで。
それが一変第2章での女の子はすごく好感が持てた。前に進もうとする姿勢にやられた。主人公
>>続きを読む

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

邦画独特の時間の流れ方が本当に好き。
ゆっくり動いていながらもしっかり心が動いていっていて。
個人的には長谷川潤が好きになってやっぱり嫌いになって最終的にフラットに戻る話。完全に主人公の気持ちになって
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.8

完全に後輩のTシャツの影響で観てみた。
青春。青臭さ。
学園祭とか何かの行事をみんなでしたいという気持ちになる。

大人になるにつれて思ったことを隠すようになるなと思うことが多い。
心を叫ばせていきた
>>続きを読む

カラフル(2010年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと期待してただけにグォーっとこなかったのが残念。
生き返ってから家族が変化したことは考えさせられるものがあった。
『綺麗なものが好きなのにそれを破壊したくなる瞬間がある。』
好きであるが故に嫌に
>>続きを読む

>|