コブヘイさんの映画レビュー・感想・評価

コブヘイ

コブヘイ

映画(56)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ディヴァイン・フューリー/使者(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

とあるソウルのエクソシスト映画。
そして後半はブレイド。
主人公が悪魔ブレイカーの右手と悪魔払いを覚醒する前半は見ごたえのあるホラーテイスト。
そしてクライマックスはバイクに股がり颯爽と敵陣に乗り込む
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

2.5

ラブクラフト原作のホラー映画。
カラーということで、光など色の演出で不安を掻き立てる展開と予想しといると不意にビックリするゴア描写が出てくる油断ならない作品。
中盤からは異変が加速していき、物体Xやフ
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

現代アップデートがお見事な快作!
何となく評判を聞いて見てみたら大正解。
怪しい怪物くんファミリーをマイノリティーとして、周りと合わせる事がいわゆる「普通」とされる人々の差別をまあ面白くエンターテイメ
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

リアル指向のノーラン監督がついに出してきたスパイ活劇。そこにタイムトラベルを組み合わせて、何だかよく解らないが凄い映画を体験させてくれる娯楽アクション大作。
冒頭から緊張感溢れるテロリストとの攻防戦で
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.5

当たり前にあるので意識しない映画の音にまつわる歴史を学べるドキュメンタリー。
映画はサイレントから始まった訳で、初期には音楽隊が映画と共に行脚していた事から現代に繋がる歴史から、音についてセリフ、BG
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

4.0

封印されたのも納得、実際に起こった一家殺人事件を基にした80年代の作品とは思えない、強烈かつ鮮烈な体験を味わえる作品。
主人公役の俳優さんがとにかくインパクト絶大。パンフレットを見ると実際の犯人には似
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.0

近代科学の発展で魔法が失って久しいペガサスやマーメイドが普通の種族として生活しているファンタジーな背景を舞台にした兄弟のロードムービー。
あまり興味は沸かなかったけどムービーウオッチメンの課題になり、
>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

4.0

ドニーイェンのイップ・マンシリーズ4作目。正に完結編にふさわしい作品でした。
これまでのような荘厳なテーマ曲がながれず、冒頭のガン宣告で物悲しいトーンで進む本作。
反抗期の次男を海外の学校にとアメリカ
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

ヤクザなマブリーが刑事とバディを組んで極悪シリアルキラーを追いかける痛快アクション。
ヤクザだけど違法カジノや地上げ工作、シマの取り仕切りなどインテリを筋肉で包みこんだマブリーのキャラクターの高汎用性
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

4.0

フランコネロの表情でぐいぐい惹き付けられる法廷サスペンス。
実際にあった戦争犯罪でナチスと絡んでいる前情報で重いテーマだなあと覚悟して観賞。
始めに殺人事件が起こり、主人公はその犯人の弁護士。なぜ犯人
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

2.5

ものすごい手間暇をかけて彩色された第一次世界大戦の記録映像によるドキュメンタリー。
凄い期待して見に行ったけど中盤から眠気が。。。
これは作品のせいではなく、この題材に実は興味が無かった己に問題がある
>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.5

現代の様々な問題を図書館を舞台に展開させ、図書館という存在の意義を改めて認識させてくれる稀有なコメディ映画。
やっぱり図書館なんて本を管理してるだけでしょ?そんな無関心な自分がおりましたが本作品に優し
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.7

一人の女子中学生の目線から、韓国の日常にはびこる男子社会を見せて問題提起する、重くて物静かだけど幸せも感じられる家庭ドラマ。
セリフも状況説明も少なく、80年代の韓国事情を知らないとストーリーや監督が
>>続きを読む

⼭猫は眠らない8 暗殺者の終幕(2020年製作の映画)

3.0

眠らない山猫も8作目で劇場公開。
要人暗殺の犯人として陰謀に巻き込まれた主人公が逃亡しながら反撃に転じる、大好物のサスペンスアクション。
このストーリーでスナイパー物では大好きな極大射程があって、どう
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

2.5

最近のベッソン映画としては安定してて楽しめた。
お得意の女殺し屋育成アクション。主演のサッシャ·ルスさんは強さとしなやかさを持った強くて魅力的な主人公を好演。
下手な下ネタが無かったので安心するものの
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.5

重いテーマがサスペンスを盛り上げる逃亡者アクション。
タイトルのブルーは何かと思ったら警察官の意味。オープニングでいきなり主人公が喰らわされる警官の行いでまず昨今の黒人差別を突きつけられて少し背筋を伸
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.5

こんなに熱い気持ちになるとは予想外の青春ドラマ。とにかく見て良かった。
事前の情報は高校演劇が元でグラウンドを見せない甲子園を舞台にしていること。
しょうがないと肩をたたかれて苦渋の表情を見せる生徒の
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.0

透明人間は映ってないのにそこに居るように想像してしまうJホラー演出が素晴らしい快作。
主人公が襲われる側の女性というのが肝。基本はサイコサスペンスだけど、冒頭の脱出劇や後半の透明人間が出てくるホラーア
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.0

思春期真っ盛りで背伸びしたいキスしたい!な主人公3人が繰り広げる下ネタ不謹慎ギャグ満載でも最後には泣かせる素敵コメディ。
下ネタと言ってもうんこチンチンの方でなく性的アダルト方面。そっち用のグッズと知
>>続きを読む

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

4.0

このメンバーを過不足なく見せるアクション、魅せる格闘。
それだけで5億点。

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

2.5

なかなか掴み所が困る日常系まったりゾンビコメディ。
ゾンビ映画としては主人公達がパニックにならないので恐くもならないし、コメディとしれはパロディでもないしオフビート過ぎて笑いどころが少ないのが何とも言
>>続きを読む

アンチグラビティ(2019年製作の映画)

2.6

昏睡状態の人間が頭の中の空間で繋がり、謎の存在に命を狙われながら安全な居場所を探すインセプション+マトリックス+ドクターストレンジなアクション映画。
でもそんな変幻自在なアクションは前半だけで後半はそ
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.0

各方面からの絶賛も納得の心震える家族再生映画。
4人家族のお兄さんがとあるきっかけで破滅に向かう前半と妹ちゃんが徐々に自分を開放してやがて壊れた家族がまた一つになる後半の二部構成。
本作品の肝はキャラ
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

まさかのランボー怒りの復活。
冒頭、嵐のなか山の遭難救助をボランティアで参加しているランボー。しかも警察に頼りにされている様子で一作目を考えるともう感動する。牧場にはランボーの父親から付き合いがある女
>>続きを読む

ドクター・ドリトル(2020年製作の映画)

3.0

ビギニングかと思いきや、やさぐれた動物のお医者さんが過去を乗り越えて復活するドクタードリトルライジング。
作りは端から端まで子供向け。動物のお医者さんは何処に行ったか女王を救うために心優しい少年といざ
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

3.0

170分特盛に次ぐ特盛アクションをとにかくカッコいい主人公やヒロイン、いやいや悪役までもくどいまでのスローモーションとカメラワークでスタイリッシュに魅せる、もちろんミュージカルも忘れないで見せきる活劇>>続きを読む

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.0

コミック原作の近未来復讐アクション。ヴィン兄貴はナノテクノロジーで改造された超兵士。恋人を殺された兄貴は復活即復讐。その復讐劇の裏にある陰謀とは?豪快さに少し闇を携えた役がやはり兄貴に合う気がする。予>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

3.5

以前見たCATSでもカッコいいと思ったタップダンスシーン。そんなタップダンスを収容所で受刑者が踊る映画とおもって観賞。収容所ができた背景の歴史も知らないため、登場人物の関連性がうまく把握できずに戸惑い>>続きを読む

プリズン・サークル(2019年製作の映画)

4.0

撮影許可を得るまでに何年もかかったという刑務所の更正プログラムを追ったドキュメンタリー。章仕立てで主に三人の受刑者をプログラム参加風景とインタビューで進む。この更正プログラムが興味深く、自分の過ちをロ>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.5

学校の不良たちが思い付きで始めたバンド活動による青春アニメ。シンプルながら独特のキャラクターとロトスコープによるいつもと少し違う独特のアニメーションに長いけど間延びとは違うような独特の演出がマッチして>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.5

4X2Dで観賞。ハーレクインかわいい!カッコいい!そして悪いwジョーカーと別れても別に正義の味方やイイ人になることなく悪いままでいる素敵さたるや。初見でも分かり易いアニメopから彼女のやりたい放題を表>>続きを読む

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

3.5

赤ん坊と夫を殺され自身も凌辱された女性のリベンジムービー。昨年見たライリーノース復讐の女神と同じ話で復讐に向かうまでは同じ流れ。ライリーノースは時間が飛んで戦闘能力を身に付けて復讐劇が始まったけどこち>>続きを読む

>|