Tigさんの映画レビュー・感想・評価

Tig

Tig

2016年以降あまり観れていませんが仕事の合間に観れるときはみています。
スコアは素人目線なので玄人の皆様、ご容赦頂けますと幸いですが、色々な見方など教えて頂けたら嬉しいです。
内容忘れ。もう一度観る予定
グッドシェパード
千年女優
シンシティ
レオン完全版
ドーベルマンetc...

映画(584)
ドラマ(0)

ウィーナー 懲りない男の選挙ウォーズ(2016年製作の映画)

3.7

NY市長選を舞台に意固地になってどんどん破滅的な方向に突き進んでくウィーナーさんを堪能する作品。独善的で滑稽なんだけど、あまりの派手な転びっぷりに一抹の同情心を覚えてしまいました。それだけこの人が天性>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

エドガー・ライトにハズレなし?!
いつものコメディ要素は控えめだったけど、今作は代わりに疾走感溢れる映像と音楽を持ってきてくれた!そんな感じです。

車と音楽の親和性は言わずもがなですが、
同じ設定で
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.5

鍵泥棒のメソッドを観ていなかったのですが、なんとなく面白そうだなと思いリメイク版のこちらを鑑賞。
ユ・へジンの強面なんだけど優しいキャラクターがツボ。
強面の殺し屋と売れない役者がひょんな事から入れ替
>>続きを読む

ヤクザと憲法(2015年製作の映画)

3.9

映画やTVドラマの典型的ヤクザ像とは一線を画す「ヤクザ」を捉えた生々しいドキュメンタリー。
これは見応えありました。
行き場のない人の行き着く先としてある種社会の中で必要悪であるヤクザの実態と日常に迫
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

ブレードランナー✖️ドゥニ・ヴィルヌーヴ。この掛け合わせに否が応にも胸が高鳴り鑑賞。

比べるのが野暮なのは百も承知ですが、世界観や物語含めやっぱり初作の方が好きかなと。

散々言われてますけどとにか
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.4

今は亡きトニー・スコットお得意のエモい映画。俯瞰してみると、CIAの判断は何も間違ってないだろとか突っ込みどころ満載ですが、穿った見方はせず男同士の熱い友情を堪能する作品と心得ました。

バディものや
>>続きを読む

みかんの丘(2013年製作の映画)

4.5

昨年みた映画の中では一番印象に残っている作品。ジョージアとアブハジア間の紛争を背景に繰り広げられる物語。
イヴォの含蓄ある言葉に観ている自分も襟を正す思いでした。明るくハッピーエンドの話では決してない
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

アニメ版、特にテレビシリーズ大好きな自分ですが、これはこれでありかなと思いました。俳優陣も豪華ですし、映像にこだわりがある事も伝わってきました。
しかし尺の問題もあるんでしょうけど実写化するとなんかチ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

アッそっちなの!?と何回も予測を裏切られた作品。正統派のサスペンスを期待していたらものの見事に裏切られました。
かなり疲れたけど未曾有の体験。
観て良かったです。
國村隼ヤバい。って書き込みが多くて気
>>続きを読む

プライム・ターゲット(2016年製作の映画)

2.8

あり得ないプロットだからこそ、首相の大胆な活躍や敵を欺く巧妙な解決策を期待してしまいます。が…至極地味な首相の立ち回りと終盤の尻すぼみな収斂の仕方にちょっとコレじゃない感。。敵の動機も噴飯もので納得が>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.1

久しぶりに韓国ノワールを堪能できて大満足。ゴッサムシティみたいな街を舞台に繰り広げられる市長勢力VS反対派勢力(検察)の構図に初めは純粋に悪対正義みたいなバイアスを持って観ていたのですが、良い意味で見>>続きを読む

ペレ 伝説の誕生(2014年製作の映画)

3.7

サッカー好きですが、リアルタイムで好きだった伝説的なプレーヤーってバッジョや初代ロナウドだったりするので、ペレってよくよく考えてみるとどんなプレーヤーかあまり知らない。そんな訳で鑑賞しました。

スト
>>続きを読む

マローダーズ 襲撃者(2016年製作の映画)

3.3

謎の銀行強盗集団を捜査するFBI、そのFBIと捜査権を巡り対立する市警。
ありがちな設定ですが、あっこうくるか。
と。期待していなかった分、楽しめました。

クリストファー・メロー二のシブさは◯。
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.2

オリバー・ストーン監督で題材がスノーデン。自分の好物に違いないとレンタルにて鑑賞。
当時報道された当初は、スノーデンを米国の秘匿していた盗聴技術を暴露したハッカー崩れ位にしか思っていなかったけど、その
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.8

ザ・コンサルタントからの本作で図らずもベン・アフレックを連続で観ることに…
禁酒法時代、マフィア組織に属することになったアイリッシュの物語。久しぶりに骨太なマフィア映画を観ることが出来満足でした。なに
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.3

これは予想を超えた面白さ。
単なるアクションだと思っていただけに途中からの意表を突かれる展開に戸惑うも釘づけになりました。
かなり好きかもしれません。

だいたいこんなもんだろうという私の想像を上回る
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

レビュー忘れていたのでアップ。
監督はキスキスバンバンのシェーン・ブラックなんですね。

ゴズリングの駄目っぷりを堪能できると聞いていたのですが、噂に違わぬダメっぷりを発揮してくれていて笑えました。
>>続きを読む

不夜城 SLEEPLESS TOWN(1998年製作の映画)

3.2

馳星周の原作は未見のまま鑑賞。…ですが人物間の相関関係が分かりにくいので原作を読んでからみた方がいいヤツですね。

ノワールとしては可もなく不可もなくという感じですが、懐かしい90年代後半の空気、もっ
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.8

思い出補正も多分にありますが、面白かったです。青春時代に初作をみた時は彼らの享楽的で退廃的な姿に一種の憧れに近い感情を抱き結構引っ張られたし、影響も受けました。

20年後の本作は、全く逆の感想を抱く
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.8

ドラン監督作品を初めて鑑賞。

若かりしころの痛い思い出が蘇ります。。
劇中目の当たりにする母親と息子の不可分な関係性をみて、心の中で昔の自分かよと突っ込みを入れてしまう程に生々しい。
自分も家族関係
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.6

大根監督なら外れはないだろうと思い鑑賞。元ネタの盗写1/250は観たことないので比較出来ませんが、結論から言うと終盤からラストの展開を除いては充分楽しめました。

実際のカメラマンの方からすれば、いや
>>続きを読む

ファブリックの女王(2015年製作の映画)

3.0

アルミ・ラティアとマリメッコが歩んできた歴史を舞台劇仕立ての演出で表現した作品。ウニッコ以前、アルミが生んだオリジナルの価値観に触れる事が出来るという意味では希少な映画。
ただ文字通りファブリックやフ
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.4

ラージクマール・ヒラニ監督のきっとうまくいくが大好きなので鑑賞。
ただ宗教がテーマと事前に聞いていたので
少し重たい感じなのかなーと若干身構えていたのですが、杞憂に終わりました。

直視したくない現実
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

3.0

安定のステイサム映画。が…メカニックの続編となる本作は安定しつつもどこか低空飛行というか、そこまで惹かれず。

これ別にメカニックの続編である必要性ないのでは…

安心して見れる佳作ではあるけど、前作
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

3.7

メリッサ・マッカーシー、ジュード・ロウ、ステイサムっていう意外性のある組み合わせに惹かれました。

よくあるスパイアクションのプロットにコメディ要素を織り込む事自体は昔からある手法だと思いますが、コメ
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.0

前作が結構好きなので、事前に情報は一切見ず楽しみに手にとった作品。ただ監督がクリストファー・マッカリーからエドワード・ズウィックに変わっており少し不安だったのですが。。嫌な予感的中。
必ずしも監督だけ
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

大分前に観たので雑な所感ですが。

なるほど…聞きしに勝るさすがの美術。
映像の美しさに見惚れてしまいました。
しかしながら二人の男ネイサンとケイレブ、時々AI(AVA)という静的な会話劇の連続にちょ
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

インターステラー以来宇宙ものは面白いけど専門用語が多い&解釈が面倒くさい印象があったのですが、こちらは難儀な解釈を要する専門用語などがそれほどなく良い意味で頭を使わずに楽しめました。

火星に取り残さ
>>続きを読む

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.4

全く期待していなかったので…どうかなあと思って観たのですが、意外とアリなんじゃないかと。予算の都合上?チープにせざるを得なかったのであろうラボが個人的にはツボでした。

他の方のレビューにもありました
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.5

待望のボーンシリーズ最新作でしかも監督がポール・グリーングラスという事で期待していたのですが、話のプロットが前作までを踏襲している…というか似通っているので既視感は否めず。それでも手に汗握る展開に十分>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.0

白石監督の前作 凶悪も面白かったので本作も楽しみにしていたのですが、期待を裏切らないストーリーでエンタメ作品としてとても面白かった。
他のレビュアーさんも仰っていたのですが
柔道チャンピオンの主人公に
>>続きを読む

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

4.1

戦後ドイツの復興過程において極めて重要な事象であったフランクフルト・アウシュビッツ裁判が開かれるまでの物語。

個人的には帰ってきたヒトラーを観た後に本作を観て良かったです。
帰ってきた〜はシニカルな
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.3

笑えるけど、良くも悪くも自分の中に何も残らない笑
そんな映画でした。

ちょっと長いのが気になりましたが、
何も考えずに楽しめるので夜中サクッと観るのにちょうど良かったです。

神木隆之介が畜生に生ま
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.8

一見どこにでもありそうな家庭なんだけど…

THE昭和の日本男児的価値観の父親による抑圧が、妻や息子達にとって重い足枷となり、それぞれが苦しんでいる様子が辛い。

凶行に走る男は劣等感にまみれた勿論ヤ
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.6

好物のギャング映画を久しぶりに鑑賞。
一時代を築いた男の物語ってのは毎度何故か惹かれてしまいます。

それゆえクレイ兄弟って題材は最高にそそられました。

ストーリーはノワールの王道。実話を脚色して栄
>>続きを読む

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.5

主演タロン・エガートン✖️ヒュー・ジャックマンでマシュー・ヴォーンが製作。
このトリオに期待を持って子ども達と一緒に鑑賞。

諦めなければ夢は叶うという明瞭なメッセージとコメディタッチな展開が子ども達
>>続きを読む

>|