トーキッシュさんの映画レビュー・感想・評価

トーキッシュ

トーキッシュ

点数つけるのニガテ。衝撃のラストや超絶アクションよりも、人間の心をグワーッてやる映画のが好きです

映画(139)
ドラマ(0)

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

4.0

みんな具体的な背景を背負っている、「狂人」なんて人種は存在しないのかも

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

悪くなかった!続編では他の国での魔法使いとマグルの事情とか観たい

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

4.0

無印よりもちょっとオトナな雰囲気で(実年齢は高校生だけど)、もっと客観的で科学的で、そんでもっともっと悲しい感じ、こっちも好き!

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

5.0

どんだけカッコつけても、最期はヘラヘラ笑いながら死ねたらいいな!

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

4.0

本質を失った愛、劣等感と嫉妬、団地、理不尽な世界で生まれる人とそれを迎え入れる世界

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

5.0

「神はとうの昔にこの地を見捨てた、考えてもムダだよな」

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.0

本当に大切なことには小難しい理性や理屈なんて必要ないのかも知れない

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.0

23歳にして初めて観た、感性はだいぶ鈍っているはず

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

5.0

現実の悲劇にドラマチックとかない、ただただ毎朝向かい合うだけ

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(2007年製作の映画)

3.0

オトナとコドモの間の男は誰だって「何か成し遂げなきゃ」みたいな、漠然とした焦燥感があるよね

ミルク(2008年製作の映画)

4.0

社会の基盤は家族だけど、家族の基盤は社会ではない

>|