靄さんの映画レビュー・感想・評価

靄

映画(288)
ドラマ(10)

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.9

久々見応えあったわ
内容が濃いしアクションはネタ要素も含めて壮大で
こういう映画としては死人が多く出て
満腹感あった

不能犯(2018年製作の映画)

3.3

タネも仕掛けもなく伏線回収もなくて まぁでも実写としては見てられる方だと思ったしむしろ嫌いじゃない
原作通りじゃなくてちょっと催眠術発動するシーンとか盛ってた感あったけど気にならない程度 ゴーストライ
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

終始笑ってたけど
結局何だったんだこの映画は笑
「アレが故郷の方角を示してる」はクソみたいに笑った
ダニエルの無駄遣いすぎ笑

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

人間失格の蜷川実花が
監督ということで見た
やっぱ色使いが綺麗というか過激というか
引き込まれる
内容としては主人公が酷い醜かった
そこにまた惹かれるけど
承認欲求で生きるとこうなるのだろうか
今の自
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

4.0

んん〜ララランドとかの既視感?
さすがイギリスと言ったところか
悲劇好きの彼らの物好きなストーリーで
こりゃ英国人にゃウケる
簡単にハッピーエンドで終わらせない
実話ときたもんだからこれまたもうたまら
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

5.0

弱くて人間臭くて脆くて綺麗だった
嫌いな人がいなくてみんなそれぞれ人間性があって その人間性が色々行き交う様が面白かったし風車とか花の映し方がめちゃめちゃ綺麗だった

RE:BORN(2015年製作の映画)

3.5

坂口拓がかっこいいだけの映画やないかい!

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

やっぱ音楽はいいな
時間をかけるって大事なことだと感じた

GO(2001年製作の映画)

3.0

つまんねえハッピーエンド
生き方はカッコよかったのになぁ

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

4.0

想像のつくというか納得のいく終わり方
美しかったなぁ

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.0

狂気じみてるっちゃ狂気じみてんだけど
好きだったなぁ
これぞ映画って感じだなぁ
クジラ行ったらこれ飲もう

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.0

何かを得るには何かを失わなくてはいけない
最近なくしもの多いからなぁ
もう何もいらないから無くなんないで欲しいなぁ
自分自身も含めて世界から誰かが消えたって何も変わらないだろうけど何か違ってて欲しいな
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.6

行き先は地獄
ドアは不思議
記憶は重荷
んん〜切ねえ〜!
全てが切ねえよ!

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

特別大泣き大笑いはないけどほっこりできるし色んな意味で危ないシーンは出てこなくて完全にファミリー向けじゃん?動物みんな可愛かった

天使と悪魔(2009年製作の映画)

4.0

へっ!きたねぇ花火だ
ちょうど授業で4大要素?火土水風についてやったからちょっと面白かった
しかし、よくここまで凝った暗号解読できるなぁ、作る側も天才

ダ・ヴィンチ・コード(2006年製作の映画)

3.5

次から次へと出てくる謎解きにワクワクした。クリプテックス投げるとこはもう天才丸出しで、後から鳥肌だった

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

うん〜映画としての満腹感すごい
やっぱ精神病なのかな?
現実逃避からくるものだったのかな?
もっとみんな仲良く生きられたらみんな幸せなのに
でも本人にとっては幸せな終わり方だったのかな?よかったね、ゆ
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

3.5

ホラー映画だけどあんま怖くはなかった
むしろ考えさせられる内容ではあった
はじめの壁画みたいな絵、よく見とくんだったなぁ

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.5

うん〜これまた面白い
ディカプリオでこの内容なだけあってcatch me if you canを思い出した
お金持ちになるのはいいけど愛情を忘れたくはないね

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

念願の
やっと見た
ありのままの姿、-も+もない、そのままの姿を認める、受け入れる
その人はその人で以上も以下もなくて声が出ないのも鱗があるのもその人だからこそのもので
美しさ満点の映画だったと思う
>>続きを読む

透明人間(2018年製作の映画)

3.0

存在感がないが故に浮いちゃうって事かな?
難しかったけど絵が好きだった

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

ついに見てしもた
風景画がめちゃ綺麗だしBGMも含めてすげー落ち着いた映画だったな
主人公の少年の悩み?はなんか
誰しも経験するようなものだったと思ってて共感する部分もあって凝視してた

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.8

中盤から終盤にかけてクソほど切ないけど
最後の最後で泣いてしまった
隣の人を大切にしような!!
あとパロディネタ多すぎな笑

アラジン(2019年製作の映画)

4.5

いやもう最後のとこで泣きそうになってしもた 珍しくディズニーで頷ける映画だった
横に彼女さえいればとてもいい鑑賞だったorz

ハックルベリー・フィンの冒険(1975年製作の映画)

3.0

育った環境で価値観が変わるんだなと思った映画。白人の中でも黒人奴隷制度に賛成の人はいたんだな

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

4.0

壮大などんでん返しだったなぁ
誰が糸引いてるかは一目でわかる映画だけどなおも、というよりそれゆえに?面白かった

>|