馬桃さんの映画レビュー・感想・評価

馬桃

馬桃

映画(107)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

バケモノの子(2015年製作の映画)

4.0

「胸の中の剣」素敵な言葉だね。最後は、清々しくて泣ける。

建築学概論(2012年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

若き日の淡い思い出。懐かしく、想いは残っているけど、それぞれの道に進ん行くんだね。

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.7

巨人の絵面と人間を食べる所が気持ち悪すぎて、そこしか知らなくて、何で流行ってるのか知らなかったけど、観てみたら面白かった。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

異質な自分を隠して行きていかないといけない。優しい人たちを騙していかないといけない。それでも自分に正直になろうともがくところがよかった。
最後は、ハッピーエンドでホッとした。

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

2.9

映画だから有り得へん!のは、普通なのだろうが、もう少し私に取っての格好良さが、欲しかった。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.4

思った以上のドタバタ感とピーター達の表情の面白さにびっくり。
とても楽しめる作品でした。

スリーデイズ(2010年製作の映画)

3.7

逃亡の時の静かなハラハラ感がいい。
夫婦、親子の愛が、素敵でした。

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.2

偶然が偶然を呼んだドタバタコメディ。最後は、丸く収まった。

ガタカ(1997年製作の映画)

4.1

2回目。
「欠点を探すことばかりに必死になってるから、本当のところが見えなくなるんだ」ってところが、一番のテーマかしら。
ビンセントを、ちゃんと支えてくれる人も居たんだね。切ないけど、素敵。

ハラがコレなんで(2011年製作の映画)

2.8

展開が読めずに楽しみに観てたけど、よくわからないまま終わった。

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

3.4

初めは、なんでそうなるの!って感じでしたが、最後の方は、いい展開で、面白かった。
ハイジャックの動機がよくわからんが。

メアリー、こんなところに居たのね。

海月姫(2014年製作の映画)

3.4

菅田くんとのんちゃんが、上手くはまってた思う。楽しかった!

ラブ&ピース(2015年製作の映画)

3.1

あの映画とこの映画とその映画が、混ざったようなのだった。つまらなくは、無かったけどね。

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

4.1

2人の会話が素敵ですね。「何とかやっていくのが人生」いい言葉です。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2

「まぁ、そうなるでしょ!」ってところと「そうくるか!」ってところと、楽しめる要素満載。
世界観は、ずっと変わらず、観ていると懐かしい感じがする。
まだまだ戦いは続くのね。

ペネロピ(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

お伽話風のテンポが、好き。

ありのままの自分を認めた時に、魔法は解けるんだよー!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

おじいちゃんの歌声サイコー。
元奥さんが、料理人の彼を尊敬してる感じが、素敵。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.6

ライアンがアレックスに出会って変化して行くところが、よかった。アレックスには、ビックリさせられたけど。

PARKER パーカー(2013年製作の映画)

2.9

登場人物にそれぞれ「馬鹿じゃない?」ってツッコミたくなる。

ミザリー(1990年製作の映画)

4.0

今回は、2回目。原作を先に読んで1回目に映画を見た時は、想像の映像が、リアルになってすごく怖かった。
2回見ても面白かったのは、キャシー・ベイツの演技力のお陰かな。

飛べ!ダコタ(2013年製作の映画)

3.8

村長の言葉、「誰かに騙されて戦争が起きたと思っていたら、次の戦争も止められん」が、刺さった。周りに流されるのでは無く、自分の頭で考えたいものです。
この作品に出会えてよかった。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.0

表向きは、素晴らしい事をしているが、結局は、大人の名声の為に、特殊能力を持った子供達を利用していた。ってのがサスペンス風に描かれていて、予知能力を使って犯罪を減らすっていう設定は、面白かった。司法省の>>続きを読む

>|