Tommyさんの映画レビュー・感想・評価

Tommy

Tommy

素敵な映画に巡り会えますように。
高校以降に見た映画をレビュー(もはや感想)してます。
「映画は人生の先輩であり教科書」

映画(33)
ドラマ(0)

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

前作みたいな
スタイリッシュアクションが
今作もガンガンあって
最高でした


キアヌ・リーブスの
表情で訴えかけられる
演技は毎度毎度心に響く


敵に2発ずつ打ち込む感じが
もはやビートのように感
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.7

主人公の喪失感を
見事に演じたジョセフゴードンレヴィット


セス・ローゲンが演じた親友が
泣かしにきた


避けられない「死」について
考えさせられて
笑える所はガッツリ笑える

オススメ

メメント(2000年製作の映画)

3.8

案の定
3回見ましたはい。笑


難しい

構成が噂通り
驚きと戸惑いだった


記憶が持たないからって
「タトゥー」を掘ろうとする発想は
さすがアメリカ


鏡で反転させたり
他にもアイデアが盛りだ
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

3.5

SAW1ほどの興奮は無かったが
前作の世界観はそのまま引き継いで
伏線回収はこれまたお見事だった。


主人公キャラのバックストーリーを
もう少し描いて欲しかったなぁ。


(低燃費レビュー)

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.3

世界観の広げ方が見事だった



ゲームで遊ぶ規模を拡大させるとすれば
やっぱりオンラインになってくるし、
オンライン上だから企業看板が
バンバン出てきても全く違和感がない


ただキャラクターが沢山
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.9

美しい映画




ラインハルト・ハイドリヒを
暗殺するためのミッションを
成功させた2人の男の物語


2人とも愛する人を
見つけれてよかったけど
「時代」というものは
彼らに容赦なかった



>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

4.5

社会を色々な方法で
風刺している


説明するより
まあとりあえず見た方が早い



ラスト、
二人の間にある窓ガラスが
なんとも切ないけど
あのシーンは最も素敵

(低燃費レビュー)

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.7

アリータが可愛すぎてやばい


目が大き過ぎて気持ち悪いという
世間様の感想を聞いてたから、
自分もそういう感想を持つのかもと
不安があったけど
全く大丈夫だった



とにかく映像と音響が凄い。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.4

この適当感が最高


大の大人が本当に楽しみながら
映画作ったって感じ



(低燃費レビュー)

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.8

人類で初めて月に降り立った男も
誰かの夫であり誰かの父親でもある


家族との何気ない瞬間や
友人との絆の深さ、
飛行士としての責任感


色々な感情が複雑に絡まりあっていた
作品であったが、
ライア
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.3

MCUの中で
1番好きなキャラクターかもしれないッ



名前は言わないが過去のあの作品と
まさかの繋がりがあって
MCU作品でお馴染み
「上映中のニヤニヤ」が止まらなかった



アクションはかっこ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

ヴィゴ・モーテンセン 天才
マハーシャラ・アリ 天才


最高の役者に
心温まるストーリー


先読みできたものの
安心感があってよかった

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

マイケル・B・ジョーダンと
フォレスト・ウィテカーが
最高だった



MCUの中では
映像?CG?の質が悪かった気がする

グリーンバックで撮ったんだろうな
って何回か思ってしまった





ブラ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

授業で鑑賞

時計じかけのオレンジのせいか
あの曲が流れた瞬間
ちょっとビクッとしてしまった。笑


サイレントからトーキーへ

時代の流れによって色々なものが進化する

無くなる職業があれば
生まれ
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.7

これぞ娯楽映画

非常に楽しめました



主人公の子供の時と大人の姿の時で
テンションが違ったのは少し
違和感があったが
まあスーパーパワー手に入れたら
興奮するだろうから
違和感も許容範囲
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.4

機械?拷問?
そのアイデアが面白い

登場人物も絞られていたので
今作は結構好きだった



(低燃費レビュー)

エリート・スクワッド ブラジル特殊部隊BOPE(2010年製作の映画)

3.7

最高かよ

パッケージなんだよこれ

緊張感といいリアリティといい
とんでもないものを見てしまった


ボーダーラインと似てた点も
最高


ロボコップの監督さんだったんだ
驚き

インターステラー(2014年製作の映画)

4.1

こんなに長い映画なのに
引き込まれて気づいたら感動がピークでした。
映像や音楽も素晴らしい。
映画館で見たかった😭
この映画を見る方は、てきるだけ
設備の整った環境で見ることを
オススメします

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.0

スピルバーグ監督がゲームに勝とうとした作品。
80年代オタクであればあるほど
面白さがわかる作品です。
ゲームの武器、登場キャラ、音楽などなど。
面白い作品ですが、スピルバーグ監督自身の結局リアルが大
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

描写の細さ、音楽の繊細さ、
「のん」の演技。
全てが素晴らしいと感じた。
感動どころの騒ぎではなかった。
エンディングで鳥肌が止まらなくて
焦ったレベル。
この映画をアニメ映画の部類で
終わらせるのは
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.8

ひとつの小さな行動が
後々の未来に大きく影響してしまう。
時間が行ったり来たり。
タイムリープ系の映画が好きな方にオススメ。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

なんとまあ不思議な映画なんでしょうか。
これぞファンタジー。
映像も音楽もとても魅力的です。
現実から少し離れたい人にオススメ。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.4

音楽が最高です。
好き嫌いは少し別れるかも知れませんが、
音楽に真剣に取り組んだことのある人は
特に共感出来ると思います。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.5

10代の心境をガッツリ掴んでる映画です。
10代を経験した全ての人に
観てもらいたい一作。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.9

紹介サイトなどでは「泣きたい時に観る映画」などと紹介されていますが、
泣かない方が絶対楽しめます。
泣くのを我慢していれば最後に
言葉で言い表せないものを感じることが出来る作品です。

セッション(2014年製作の映画)

5.0

素晴らしい。
普通に観てもらいたいが、
この映画の本当の凄さは
音楽と真剣に向き合った経験がある人ほど
感じ取れる作品。
音楽が自分の中で全てになり、
音楽に自分が支配される感覚が
そのまま表現されて
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.2

なんというか、
演技をしてるという感じが
全くなかった。
全員が本物に見え、全てがリアル。
音楽も映像もそれを邪魔するどころか
後押ししている。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.5

なんとも映像が綺麗。
どのカットをとっても
良い1枚の写真になりそうです。
ヨハンソンの声だけの演技も
とても素晴らしいです。
恋愛目線でも、そこら辺の学生青春邦画より、余程トキメキ要素がしっかりして
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

4.0

緊張感の作り方や
映像の撮り方など
かなり没入感があって
素晴らしかった。
好き嫌い別れる作品ではあるかもしれませんが、是非観てもらいたい作品。