YukoISHIWARIさんの映画レビュー・感想・評価

YukoISHIWARI

YukoISHIWARI

映画(67)
ドラマ(0)

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.1

今までのゾンビ映画界の常識を覆す画期的な作品。

ゾンビ=ノロイ。
の法則はもう古い。

感染までの潜伏期間がある程度ある。
の法則なんて通じない。

感染から2分後にはゾンビ界の住人。
カップラーメ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.3

見ちゃった。
やっぱジェイクギレンホールが出てる作品は見ないとねー。

地球外生命のカルビン君。
火星から連れて来られて、ちょっとご飯と、あったかい場所提供してもったらグングン育っちゃってさ。
元気な
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.6

こうゆう映画大好きです!
まだ差別が色濃く残る時代に女性が自分たちの力で道を切り開いていく。
しかもNASAで。

こんな稚拙な言葉でしか表現できなくてもどかしいのですが、見ると勇気をもらえる映画。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

余韻がぁ.....!!
ミュージカル映画に抵抗を感じていたのですが、知人からのススメで見てきました。

結果、サイコー。
ちょーサイコー。
まじサイコー。
鳥肌と涙が止まらない。
日本人のシャイな性格
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

1.9

ふー。疲れたっと。。。
郊外(ド田舎)に住む夫婦宅に、謎の訪問者(エドハリス先生)が登場。
エド氏が見事なまでに空気読めないトンチンカン野郎なんですわ。
奥様(ジェニファーローレン)が家でタバコ吸わな
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

テンポ良し。
可愛いんだか、可愛くないんだか分からない(なぜか上から目線)ヒロインと、VS(ヴィクトリアシークレット)のモデルさんかな?という綺麗なおねい様(つっても多分年下)は目の保養。
難しいこと
>>続きを読む

エクストーション 家族の値段(2016年製作の映画)

3.1

こんだけの不運が重なる奇跡。
負のスパイラルなんてもんじゃない。むしろ被せ気味にふりかかる。

昨日『海底47m』を見てからのこの作品で改めて思ったのは、不用意に海外のアクティビティなんてやるもんじゃ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ホムパにて、突然『みんなの携帯見せ合おうよー』なんてトチ狂ったゲームを提案するひと🤦🏻‍♀️

誰が幸せになるの、そのゲーム?

自分に置き換えて観てたら、ゾッとした。。

登録名変えてもだめですよー
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.1

Filmarksさんから、『あなたがClipした作品がレンタル開始したよ!』的なメッセージが届いたので、早速。。。
毎度ね、思うんですけど、海外のアクティビティてさ、システムとか設備とかホスピタリティ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.7

観て良かった!!
これから子育てする立場の私にとっては既成概念に囚われてはダメかもしれないと思えるような映画でした。哲学的で、愛に溢れていて、感動しました。
子供たちが素直で逞しい。。。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

ただひたすらに惹かれ合う二人。
それが許されない恋なだけ。
それが切ない。
まだまだ同性愛に理解のない状況で、ましてや何の約束も未来もないけど、何年経っても、お互い恋い焦がれる存在であり続ける。
こう
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

3.6

ボクシング映画の王道。
栄光からの転落からの復活へ。
怒りと愛を原動力に努力するパパ。
最近、ジェイクギレンホールブーム来てる。
この俳優さん、毎回どんな役でも自分のものにして演じてるよなーと感心して
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.7

『Based on the true story』
〜この映画は事実に基づく〜

この言葉に非常に弱い。
なぜなら、映画の最後に本人出演と供に『その後』が語られることが多く、感情移入しまくっているから
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.1

ブレイクライブリーがゴシップガール以外に出てるのを初めて見ました。
あの展開だと、見てる方は傷の具合が気になるもんだけど、途中からなんか大丈夫そうだね、って感じ。
サメが異常にしつこいんだけども、なん
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

2.7

怖いもの見たさで借りてしまった。分かりやすい作り物感にほっこりする。ゆーても、ビーバーですしを
B以下級作品にはお約束のお色気もあり。
最後は、ファイナルデスティネーションシリーズを彷彿とさせます。
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

静か。地味。重め。
低所得層でヤクを売るような環境で、ゲイのテーマを盛り込んできた。
主人公が多くを語らないところがまた、観る側にいろいろと想像させる。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.5

石油彫る過程で、とあるテストをすっとばしたが、故の災害。予定工程から遅れてるとはいえ急いだらこんなことに.....

海って燃えるんだ!!
てくらい盛大に燃えてた。
これが事実なんだから、油田のダダ
>>続きを読む

恐怖のエアポート(1971年製作の映画)

2.2

TUTAYA発掘良品。
機内食で食中毒になり、パイロットもまさかのドンピシャり。

『食中毒の症状出るの早過ぎでしょ』の思いが拭いきれず、作品に集中できなかった🤦🏻‍♀️
マナー悪い乗客あるある。

みかんの丘(2013年製作の映画)

3.6

わかりやすい!
正直ね、異国の地の戦争映画って背景とかわからんし、横文字の名前チーム達が戦ってるからめちゃ混乱して苦手なんですよ。
でもね、この映画わかり易い。
教科書みたいな優しさ。
チームAとチー
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

2.1

抑揚のない展開に終始眠気を我慢する時間が続く。。。
ナタリーポートマンが、よりリアルにジャッキーを演じる為に研究尽くしたという前知識がないとなかなか観るのが辛い。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.0

いいね、こうゆう娯楽映画。爽快感すらある。
必要以上に登場人物が、多い気もするけど.....

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

やっと見てこれた!IMAX初体験でした。あれ?座席揺れてんのかな?て錯覚する位、上映中は音に合わせて振動が伝わって来ました。(人によっては酔っちゃいそう)相変わらずノーランの時間軸を使った作品を理解す>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.0

ちゃんと前作を復習してから見たんだけどなぁ、、、
なんか前作程のパンチというか、刺激とか、新鮮味はなかった。
(見るときに眠かったからかもしれません.....)

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.9

主人公のすずちゃんが、能年玲奈(のん?)とマッチし過ぎ。
彼女以外には考えられないね。
話としてもとても考えさせられる内容。戦争に対する知識や経験談を聞く機会が少なくなってる今だからそこ見て欲しい1作
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

共感できる部分多いわぁ。この頃って、恋愛にも興味あるけど、親友を親友の彼氏にとられることに物凄い寂しさを覚えるのよね。。。
『絶対わたしのほうが〇〇のことよくわかってるし』みたいな謎のライバル心芽生え
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.0

ゾンビ映画ばりのグロさもあるけど、なぜか笑える。全然痛そうに見えない!不良ヒーローが復讐に燃える話。ライアンレイノルズて、なんか、身近な知り合いにいそうな顔で親近感わくわ〜
(困り顔だから?)

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.4

このジャケットだと、いかにもG(ゴキ○リ)関係ありますて感じだけど、ストーリーには.....

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

3.8

ツッコミ満載の高校生の夏休み終わる数日前。
青春あり、笑いあり。年齢不詳。みんな。

コロニア(2015年製作の映画)

3.1

宗教て怖いよねぇ。
集団心理てね。

彼氏助けるためにクリステンスチュワートよー頑張ったよ。

エル ELLE(2016年製作の映画)

1.7

良さが全く分からない。
フランス映画好き!て認識した数日後に見ると、映画にも色々あるなと、考えを改めるきっかけになりました。

これに高評価をつけてる人は、なんかおしゃぴーなんだろうなぁ。

ライト/オフ(2016年製作の映画)

2.5

いや、いーわ😑😑
デューク(デスノートより)みたいなのでてるし。

>|