Ukumikoさんの映画レビュー・感想・評価

Ukumiko

Ukumiko

ಠ_ಠ

映画(120)
ドラマ(3)

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

画がきれいだった!
学校もファミレスもキラキラしてた…笑いもあって、小松菜奈ちゃんの不機嫌顔かわいい。当たり前っぽさが何十年後かは新鮮に映るんだろうな

釣りバカ日誌17 あとは能登なれ ハマとなれ!(2006年製作の映画)

-

映画館にいったら能登の塩もらったこと覚えてる。笑 石田ゆり子のかわいそうな美しさに泣いたよ 。ハマちゃんたち優しい。

銀のエンゼル(2004年製作の映画)

-

鈴井さんが作りそう。
コンビニ店長の小日向さんの笑顔が似合う。みんなのために雪道を照らす看板の蛍光灯がんばって替えてたの覚えてる。

アフタースクール(2008年製作の映画)

-

映画館にいって楽しかった思い出。
観客、大人の女性ばっかり。
大泉洋も堺雅人も佐々木蔵之介も今見ると若いんだろうなぁ〜
コメディミステリーかな〜?

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

-

なんでリメイクするんだ…って思ったけど面白かった…山田孝之カッコいいなぁ〜アメリカンジョークも似合うよ…あと大賀と佐藤二郎の脇役もいいスパイスー

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

-

たまに観たくなるかも。あの感情のないセリフの読み方が好きだよ。画面もきれい。

すべては君に逢えたから(2013年製作の映画)

-

オムニバス形式。木村文乃の芯のある女性を尊敬。東出くんいい感じにいい加減男だった。幸せになれよ〜

恋する・ヴァンパイア(2015年製作の映画)

-

完全にB級、実はバンパイヤなのです!の入りを許容できたら観れるはず。笑
美玲ちゃんのドレス可愛かった〜
田辺誠一大塚寧々夫妻すてき〜
メガネ外すとイケメンのとっつー

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

-

意外と一筋縄ではいかなかった結末が気に入っている。いやに現実味ある。
よしねちゃんをよしよししてあげたい。

めめめのくらげ(2013年製作の映画)

-

村上龍の世界…。若いくぼやん。悪役の斎藤工はどんな仕事でもするんだなぁ〜と大人な目線で見てしまった。笑

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

-

前半は平気だったんだけど、後半の戦いのシーン長すぎて早送り…。マンガ面白かった気がするのになぁ。

曇天に笑う(2018年製作の映画)

-

世界観についていけずに終了した!笑
古川くんは似合っててよい。

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

-

フランスのパリが舞台とはいっても、カフェや街が少し映る以外はインドアなストーリー。笑 綾瀬はるかと松坂桃李が好きだったら安定して観れるお話。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

-

これはよい なりきってた!一緒に観たお母さんの目がハートになってた。

CUTIE HONEY TEARS(2016年製作の映画)

-

これはひどい!キューティーハニーの要素なし。よく分からない。まりやちゃんをムダ遣いしないで!

君が踊る、夏(2010年製作の映画)

-

よさこいがふんだんに出る映画。田舎と都会で離れてしまった男女の恋愛がベタなのに、どんだけ不器用な2人なの!と泣いてしもた…。主題歌東方神起なだけでみてしまった。

はじめてのおもてなし(2016年製作の映画)

-

ドイツ語の勉強になるかとリスニング… 。
コメディだけどイスラム教の偏見、難民の実情も…島国日本じゃ縁遠いような節を、笑いながら教えてもらったような感じ

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

-

1が1番、生活に近いバンパイヤとの恋でときめけるor度がすぎて笑える。
続編どんどんヘビーで怖くなるから1が1番いいと思う。

ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション(2007年製作の映画)

-

2が1番幸せ感ある。 歌がよくて、みんなかわいくてかっこよくて、夏休みのアメリカの高校生になった気分になる ついCD買った!

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

友情が復活する時々に泣く… 子供の演技かわいいし、ジャックウィルが岡田将生に似てる。サマーもかわいい。ミランダも美人。オギーは本当にいい子。

Bittersweet Brew(英題)(2016年製作の映画)

-

海辺にスターパクスコーヒーのお店を開く青年の顔芸が笑える クセのある客しか来なくて笑える。コーヒーはおいしそう。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

-

本当にこの人死んじゃうと思う役作り…人がドラッグでダメになる〜

Ray/レイ(2004年製作の映画)

-

レイチャールズそっくり〜 視力障害でもってドラッグ幻覚のシーンは怖い…

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

-

母親の過去を知ってわりと興ざめ…親は選べないからなぁ。レイがいい子すぎる。あとブレない同性愛者のおばあちゃんが素敵。笑

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

-

老いるのって寂しいなって思ってしまった…痴呆でトランプのデモ参加はいい感じ笑

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

-

なんか凄かった…遠藤周作ってより、もう追い込まれたキリシタンの信仰心の話 グロい…疲れた…

猫なんかよんでもこない。(2016年製作の映画)

-

猫きたら優しくなっちゃうよね〜
つるの剛士の兄…なんなん笑

神様のカルテ(2011年製作の映画)

-

死を目前にした加賀まりこの手紙にけっこう泣かされた…

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

-

笑わないあっちゃん。タッパーのおかず食べる生活感がなんとも…。

重力ピエロ(2009年製作の映画)

-

モテるペンキ塗りの岡田将生とそれ見てる兄の加瀬亮で最初ほのぼのかと思ったら違った… そして戻る。的な…

めがね(2007年製作の映画)

-

わたしも一日、みんなと朝の海辺のヘンテコ体操に加わりたい

>|