ファイさんの映画レビュー・感想・評価

ファイ

ファイ

〝良い映画は自分の人生を豊かに″すらしてくれると思っています。
好きな映画監督=王家衛(港)、Spike Jonze、Adam Spiegel、Mike Mills(米)
※レビューはあくまで主観です

映画(1043)
ドラマ(74)

シュガー & スパイス(2016年製作の映画)

2.5

この方々の老後はどうなるのだろうか…

が率直な感想

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

今までの自分を変えてしまうほどの恋

バベル(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

¨変化した映画の一つ¨

公開中、私は未だ未成年。
その後、商品化され暫く経ってからレンタルするも、半ばで挫折。
繋がりが良く分からないし、今より時系列が苦手だったからである。

が、10年ぶりに観て
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.0

真面目な感想も書きたいところなのですが…

個人的に一番印象強かったのは
ウィル・スミス氏の破壊力(笑)

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0

知人からのおススメその①

僕には刺さりませんでしたが…
松山ケンイチ氏の格好良さに気付けたことは収穫

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.5

見方によっては異なる評価になる作品

クリント・イーストウッド監督作品としてみるならば◎
戦争映画としてみるなら…△
伝記映画として観るなら◯

公開中に観ようか悩み、何年か寝かせましたが、、、正解。
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.0

レベル・ウィルソン氏って
よーく見るとすっごく顔整ってるなぁ

内容は下品だけど、出演者陣が全員可愛いかった

テッド・バンディ 全米史上最高の殺人者(2002年製作の映画)

4.0

27歳の時、知りたくて仕方なく書籍まで購入した彼の伝記映画

Netflixのドキュメンタリーも良かった

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

¨ラスト10秒のキアヌ氏の表情!!¨

スウィート・ノベンバー的なラブロマンスを期待して借りたらコメディでした。
ながら観で丁度良いかもしれません。
内容はしょーもなく、会話劇が続くので退屈。ブラック
>>続きを読む

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

上質なドキュメンタリー映画

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

¨50年、いや100年後には俺たちは有名になっているかもしれないではないか¨

複製画家は職人か芸術家か。
自分は一体、何者なのか。
仕事を通じて自分の価値を高め信じた
一人の男性の話。

20年続け
>>続きを読む

ドーンウォール(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

何年間にも渡り800回以上失敗したと知った時に、ちょっとスイッチ入った

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

3.0

彼ら彼女らは忘我の域にいる
考えられないけれども


文明が発達し、暮らしが豊かになり
山に呼び戻されるとはまさにこういう事なのだろうなぁ。

パス・オーバー(2018年製作の映画)

3.0

最後の落とし所だけ納得がいかない為、
スコアは3.0

つまりは解決はありえないし、変わらないって意味なのかなと個人的には捉えたが、であっても、ラストは悲しすぎませんか。

MERU/メルー(2014年製作の映画)

4.0

観て良かったと思えるドキュメンタリー。

いやぁ…
凄い。
凄いしかない。

しかしクレイジーだな。

Guava Island(2019年製作の映画)

3.5

PVを観てからずっと気にはなっていて、ようやく観ることができました。
が、、、

彼の大ファン!という訳ではないので
作品内容に関しては何とも…

個人的には色彩豊かで動きのある作品は好み。
そしてリ
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.5

部活動、クラブチーム、習い事や趣味。
内容は何でも良いが思春期、特に多感な頃に、汗と涙を共に流し過ごした時間は(仲間と)
大人になっても宝です

3人組ってバランス良いなぁ〜

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.0

ついに手を出してしまった感

こちらの作品はあれですね。
所謂、映画ではなく脚本マニアの方向けの作品ですかね。

まだまだ私には早かった。

まっっったくもって意味不明。
でも、世界観は何となく、本当
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.5

人種差別問題を取り扱う作品の中では、
稀であろうユーモアさが良かった。
それに加え、冒頭シーンは好み。
幼い頃から覚悟させている父親の台詞に
グっときてしまった。
18歳の頃に読んだ
『黒人のリズム感
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

¨雰囲気を味わう作品¨

IT=それ
だから夜に来る。暗闇のなか。
なるほどなぁ
って感じですが、完全に宣伝にやられました

元教師
「ローマ帝国のことなら何でも訊いてくれ」で気づくべきだった

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

¨親子という視点で観るのではなく、家族という視点で捉えるべき作品¨

淡々と描かれているが、きちんと理解するには深くて再鑑賞が必要だなぁと感じた。

血の繋がりは重要ではあるけれども、それが愛情の深さ
>>続きを読む

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

4.0

うわぁ〜やられた〜!!
この感じ好きだわぁ。
観て良かった。何だこれ!

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

¨争い事は些細なことから起こるもの¨

原告人は元難民、キリスト教徒であるレバノン人男性
被告人は現パレスチナ難民の労働者
(双方、古傷を抱えた者同士の雪辱戦)

難しい問題、きちんと落し所を描いてい
>>続きを読む

トラベラー(1974年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

(キアロスタミ監督作品5本目)

『友だちのうちはどこ?』を鑑賞した時にも同じ事を感じたのだが、子供の頃にずっと大切にしてきたナニカを思い出す。

親にバレないようにそっと家を抜け出すシーンが一番好き
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.0

作品の良し悪しではなく
マット氏が出る作品の大半が苦手だなぁ

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

¨このコンビ好きになる¨
(ハリーポッターのダニエル・ラドリフ氏と私が最近ハマっているポール・ダノ氏の共演)

作品内容はカオス。笑
そして下品。考えて観てはいけない作品。
(ポール・ダノ氏が下品な言
>>続きを読む

君とボクの虹色の世界(2005年製作の映画)

4.0

ミランダ・ジェライ氏に伝えたくなります。「マカロニ」と。

一度目の鑑賞は開始30分で世界観が理解出来ずに挫折。
その数週間後、何かのタイミングで偶然にも、本作の監督であり主演のミランダ・ジェライ氏の
>>続きを読む

>|