アンパンだすさんの映画レビュー・感想・評価

アンパンだす

アンパンだす

勝手な見解(偏見)と感想(ジョーク)を簡潔に言いたい。

映画(37)
ドラマ(0)

スポンジ・ボブ/スクエアパンツ(2004年製作の映画)

-

『僕たちグーフィーグーファーさぁ〜』

『みんな〜グーフィーグーファーさ〜』

笑いは世界共通!
精神年齢マイナス5歳から観れる最高のアニメ!
チャランポランだけど元気もらえるんだよね^_^余裕で4回
>>続きを読む

トリハダ 劇場版(2012年製作の映画)

-

幽霊が出るホラーでもないしサイコスリラーでもなくて、凄く繊細に作られた新しいゾッとする恐怖映画だった。
幽霊は出ないけど個人的にはこっちが好き。

たぶん、少し非現実的なモノの恐怖よりも、"身近に潜ん
>>続きを読む

ビンゴ!(1991年製作の映画)

-

犬好きにはたまんねぇな。

ワンちゃんが飼い主を見つけに冒険奮闘する映画。
健気なとこがかわいかった。ワン🐶

仮面ライダーW(ダブル)RETURNS 仮面ライダーエターナル(2011年製作の映画)

-

エターナルすきだったので鑑賞。エターナルが正義から悪に堕ちていくまでのスピンオフ。
やっぱダークヒーローかっこよかった

長くつ下ピッピの冒険物語(1987年製作の映画)

-

ピッピロングストッキングこと、長靴下のピッピ少女の時の話。
ロッタちゃん、厶ーミンと同じスウェーデン生まれで、童話だけあってメッセージ性が強い作品。ミュージカル調だったので楽しく観れる所がまた良かった
>>続きを読む

ファンボーイズ(2008年製作の映画)

-

スターウォーズ好きによる映画。

やっぱスターウォーズファンってスタートレックファンと対立してる事が良く分かったよ。腹抱えて笑ったわ笑笑

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

-

キャップがただただカッコイイ。

サノスが唯一持ってたマインドストーンをロキに渡してスペースストーンを取りに行かせたのが何よりの墓穴。
手間増えてんじゃねぇか。どんだけ腰重いねんw
お陰でアベンジャー
>>続きを読む

ドラッグストア・ガール(2003年製作の映画)

-

特にメッセージ性無いから構えずに気楽に観れたのが良かった。
田中麗奈を見るためだけにドラッグストアに通うおっちゃん達がお茶目で愉快だった。確かにかわいかったw

スカイ・ハイ(2005年製作の映画)

-

小さい頃よく観てた。
簡潔に言えば設定だけはヒロアカ的な感じかな笑
ディズニー映画だし最後まで気持ちよく観れた。
アメリカを感じたい時にはまた観たいっ(感覚人間)

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(2007年製作の映画)

-

青春☓アクションっていう良いとこ取りの映画。だから設定渋滞しないか不安あったけど、『彼女を救って死ねればすべてオッケー』ってキャッチネー厶の名の元、チェーンソー男と戦う少女を救う市原隼人の泥臭いシーン>>続きを読む

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

-

えー、アルツハイマーの最終形態がこちらになります
(簡潔に書きすぎた笑)
ラストはほんとに恐怖

学校の怪談3(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

顔ナシのお母さんが包丁持ちながら追っかけて娘を切りつけようとするシーンに発狂したの覚えてる。
最後のシーンもそうだけど劇中の子ども達を観てるとなぜか懐かしさを感じて胸に染みた。
ホラーだけど感動するっ
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

-

最後にはみんなハッピーなるっていうベタなやつだけど素敵なハッピーエンドだった。あとノンストップわちゃわゃ感が良い

ケーブル・ガイ(1996年製作の映画)

-

ジムキャリーが演じる事によってサイコながら楽しく観れた。アホという土台も崩さず(抜けてないの間違いか)サイコキャラを演じていたのは驚いた。たぶんミスターダマーよりも先に観てたらジムキャリーの見る目変わ>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

-

上映時間が3時間というのにあっという間に感じた。それほど超大作だったし感動した。

劇中に気になったのがサノスの武器"デュアルブレード"。
(武器の強さ異常笑)
実はムジョルニアと同じ"ウル"っていう
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

-

コメント色々考えたけど、タランティーノ褒めまくってるからあえて書かない。
って思ったけど、
ブラピのイタリア人のマネのクセが凄いwってのは書きたかった

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

-

スタイリッシュに決める華麗な復讐。と感じさせるジャケットだったが、冒頭から予想を見事にはずさせてくれるほど残虐で血みどろな復讐劇になったけど、むしろそのギャップに魅入ってしまった。
さすがタランティー
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

君の 前 禅 全アバラ

セ〜厶シュルトのボディで全砕き〜

もう1回 もう1回?

ボディのお替り ない ナイ NAI♪

君の 前 禅 全アバラ

セ〜厶シュルトのボディで全砕き〜

いりこでぇ〜
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

-

スピンオフながら内容もしっかりしてて他のシリーズよりも評価が高い。
やっぱ最後のあのシーンに凄い興奮した。

ノロイ(2005年製作の映画)

-

ドキュメンタリー的な感じ。
最後まで観るにつれて怖さピークになって最後のシーンはトラウマw
最近これがフィクションとしってホッとした自分。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

-

ダークな感じがより現実味があってDCの良さを感じる。
最終章でアン・ハサウェイがキャットウーマンで出てたから色んな意味で興奮。 

重甲ビーファイター(1995年製作の映画)

-

小さい頃VHSでこれとカブタックとかばっか観てた記憶が、、

アバター5(原題)(2025年製作の映画)

-

え、続編やるの?しかもシリーズ化笑
楽しみ。

この監督夫婦どんだけ稼ぐんだよw

ロッキー(1976年製作の映画)

-

個人的にこれまで映画を観た中でロッキーシリーズが感動した映画トップに入ってる。
シリーズの最初で、無名のボクサーロッキーが訳あって、運良く世界チャンピオンのアポロクリードと対戦するチャンスを掴み取り、
>>続きを読む

僕らのミライへ逆回転(2008年製作の映画)

-

ゴーストバスターズを自作したのB級感あって面白かったw
こういうビデオショップに行ってみたい

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

キャラたくさん出演してて観応えあった。
アントマンだけでサノス倒せる説は笑った。だから出てなかったんだね笑

ウォーリー(2008年製作の映画)

-

消化器でイヴ追っかけるシーンは印象に残ってる。
余談でピクサー映画にこんな説があって→『ピクサーの映画時系列一緒説』怖
ちなみに、
荒廃してる世界のシーンでカーズの残骸が映り込んでるみたいですΣ(゚Д
>>続きを読む

ぼくたちと駐在さんの700日戦争(2008年製作の映画)

-

この頃の市原隼人がワルガキキャラで映画ドラマほとんどだったからファンになったしどハマリしたw
『信玄もびっくり信長鉄砲作戦じゃぁ〜!』

グーニーズ(1985年製作の映画)

-

アドベンチャー:屋根裏から宝の地図を見つけて少年らがグーニーズを結成し宝探しをするって、子供時代思い出すね。笑

渇き。(2013年製作の映画)

-

サスペンス:賛否あるけど個人的には傑作。小松菜奈の演技も素晴らしいけど翻弄される父(役所広司)がサイコスリラー化していく演技も一級品の問題作。
なぜかゲオの棚からひょんと消えていた。。

アメリ(2001年製作の映画)

-

最初意味不明だったけど、アメリの心情を理解することで良さが分かった。
フランス語の訛りが強いからって日本語解説の訛りもひどくすることないよ笑

>|