ウサミさんの映画レビュー・感想・評価

ウサミ

ウサミ

駆けだしの映画ファン。

映画(244)
ドラマ(0)

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.4

子供向け映画でありながら、大人も楽しめる名作映画。

互いに信頼しあい、互いに補い合う、ヒックとトゥースのそんな関係性がとにかく熱い!


ドラゴンのデザイン、設定がすごくワクワクしたし、それに対する
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2005年製作の映画)

3.7

独特の色合い、世界観、尖ったユーモア。
見事な演出力と、舞台の世界観を徹底して守る俳優たちの名演技が見応え抜群。
やはり、美術センスがピカイチで、あらゆるアイテム一つ一つ、隅々まで徹底的に魅力が詰まっ
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

3.9

誰もが知る名作!

不器用で一途で悲哀に満ちた、優しき男の熱き戦い!

敗北や勝利を超えたところで、血だらけになりながらも強敵アポロに食らいついていく。


リターンマッチの予定は?

うるせぇ!知ら
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

4.2

「グランドブダペストホテル」以来のウェスアンダーソン作品。これが彼の世界観なんだ!
映画というもので出来る表現を最大限に活かしているのが凄い。


独特の世界観がまず目を引く。
そして画面はまるで絵の
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.0

オープニングの『Butter-Fly』の使い方がめちゃカッコいい!!

細田守監督作品で、完全に「サマーウォーズ」の前身です。
サマーウォーズで観たシーンはこっから来てるんだ!という驚きがたくさん散ら
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.1

始まって10分、巧みな演出と不気味なオープニングで心を掴まれました。

日常に潜む恐怖、みたいなのを描いたサスペンス映画です。

先述した冒頭シーンによってただならぬ雰囲気を漂わせながら、物語の核に近
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.8

2019/1/7、人生初鑑賞。
ラピュタ観たこと無いって言ったらやたらめったら驚かれて、まるで僕が日本人じゃないみたいな扱いを受けるんですが、たしかに、この映画を観てないのは勿体なかったなって思います
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.3

まず驚いたのが、ブラッドリークーパーの歌声がめちゃカッコいいということ。
そして言うまでもなく、レディガガの歌声が素晴らしい。世界トップクラスのシンガーの力を思い知らされました。


もちろん音楽は素
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

5.0

奥深くて、ものすごく面白かった。


コミカルさと尖ったユーモアが散りばめられており若干のサスペンス感を漂わせながら人々の心の奥に眠る狂気を、次第に露わにしていく。


妻と娘から侮蔑され疎外されてい
>>続きを読む

ホワイトアウト(2000年製作の映画)

3.5

日本版「ダイ・ハード」と言った感じ??
ハリウッドのS級アクション映画と比べるのはあまりに酷だとは思いますが。

あまりに安っぽく、ツッコミどころが多すぎる!!
しかし、侮るなかれ。

冬山という過酷
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.9

冒頭より現れる「わからない」の連続が、ただならぬ映画の展開を想像させてくれる。

20分間の出来事、それを「3ラウンド」に渡って描いている映画。
真っ赤な髪の女の子ローラがただただ走る、走る。

ほん
>>続きを読む

クライング・ゲーム(1992年製作の映画)

3.4

北アイルランド紛争問題というイギリスの最大の政治問題を扱った映画ながら、独特な雰囲気を持つ映画。

紛争の背景や、国の対立の構図が描かれているというよりも、テロ行為に関わる末端の兵士たちの悲哀のような
>>続きを読む

リアル・スティール(2011年製作の映画)

4.0

父と子のヒューマンドラマ×スポ根×ロボット!
観ていて本当に楽しかった映画です。

未来的なテクノロジーとロボットをガシガシ登場させながら、それらのバトルはなんとボクシング。そのアンバランスだけでもう
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

多くの人に観て欲しい映画、と強くおもいます。

レビューを書くのがとてもとても難しいです。
自分がマイノリティに対して一切の偏見を持っていないと断言できないから。

少数派ではない、
ただそれだけで、
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.6

シナリオにスタイリッシュさやエンドに向けての爽快さが無くとも、不穏感と緊迫感を常に漂わせながら話が進むので、画面へと惹きつけられる。

もう引き返せないとこまで来てしまった。とにかく可能性を模索して突
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.3

とにかく面白くて、楽しくて、喜怒哀楽が感じられて、最後にはハッピー。
これぞディズニーの魅力。子供向け娯楽映画でありながら、大人が見てもしっかりと魅力を感じることのできる名作だと思います。


やはり
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

この世界に生きる人間には、人それぞれがそれぞれの問題をかかえており、きっと全く同じ境遇で全く同じ問題に悩んでいる人間なんていない

この世界に70億人の人間がいるなら70億通りの問題がある

70億通
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.6

「ザ・マスター」以来のポールトーマスアンダーソン作品
監督だけでなく、脚本も務めている本作、やはり奥深くかなり独特の世界観だった

凄く繊細な映像で、細やかな仕草や、それに伴う微かな音などで、静かな映
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

大笑いして、大泣きしました。

面白かった!
特に抑揚のないストーリーで、アメリカのティーンの生活はもちろん日本のものと違いすぎて共感もクソも無いけど、めちゃくちゃ観てて楽しかった!

自分のことを"
>>続きを読む

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ミステリー映画と思っていたら、意外にもヒューマンドラマ的要素が強かった。
鑑賞後は話のどんでん返しへの驚き以上に、独特の切なさと哀愁、上質な余韻を感じることができた。


結局、金儲けや復讐心のために
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

冒頭から突如始まる爽やかなオープニング。

えっこの映画こんな感じ!?

と、自分が最初に抱いていたこの映画に対する印象を良い意味で裏切られ、ここから始まる物語への高揚感を感じました。


主人公や周
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.0

小学生か中学生の頃、友達とよく「BLEACH」の話で盛り上がりました。当時好きだったので、思い切って鑑賞!

なんか、色々詰め込みすぎで薄味でした。映画版ということで、キャラクターをいじったりシナリオ
>>続きを読む

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.9

ユーゴスラビアの歴史、高校の時に受験で使わない世界史でちょろっと学んだ程度でほとんど知らなかったけど、この映画を観た後に調べてみると、90年代まで、かなり多くの血が流れた歴史を辿っていた、ということを>>続きを読む

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

4.0

近未来を描いたSF映画ですが、どちらかというとサスペンス要素が強く、脚本にしっかり裏切られたので、楽しく鑑賞できました!

なんか社会風刺的なテイスト、家族の絆的なテイスト、正義とは何か?的なメッセー
>>続きを読む

フィラデルフィア(1993年製作の映画)

3.7

トムハンクス演じる弁護士ベケットは、ある日突然事務所から、解雇される。
表向きは能力不足だとされながら、実際はエイズの疑いがあるからだった。
ベケットはこれが不当な解雇であると事務所と戦うことを決め、
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

SF映画界に金字塔を打ち立てたともいえる名作映画が作り出す未来像は、洗練された機能美の世界ではなく、むせるようなスモークと鬱陶しい雨、そしてゴミの匂いに満ちた世界だった。

多文化が入り混じった雑踏の
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.2

ディズニーランドに行ったことある人なら、まぁ一度は乗ったことあるであろう「カリブの海賊」。
あれの世界観そのままに、映画の舞台にしてしまおうという作品。


何より、海賊の汚くて、下品で、卑しい感じが
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.1

エルサは、手から氷を作り出せて、雪を降らせたり、スケートしたりできる。
なんてメルヘンでステキな能力ではないですか。
でも、そんなステキな力が原因で、最愛の妹アナを傷つけてしまう。
妹を救うため、魔法
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

1.8

「スマホを落とす」

誰にでも起こりうること。

だからこそ、まるで自分のことかの様に恐ろしくなる。

スマホを赤の他人に見られるなんて、想像しただけで恐ろしい。
普段生きていて、周りの人間との関わり
>>続きを読む

月に囚われた男(2009年製作の映画)

3.6

星新一の様だ、というレビューをされてる方がいましたが、あぁ、この感じ何かに似てるなと思ったけどそれでしたか、という感じで納得しました。

SFって本当に面白いですよね。
この映画、基本設定が凄くて、よ
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.8

「ゴッドファーザー」におけるコルレオーネファミリーがマフィアの表の世界だとしたら、こっちはよりアングラな世界を描いている。

前者はどちらかというと高貴な世界だったけど、こっちはもっと生々しく、より暴
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

面白い!楽しい!
手が伸びたりのアクションシーンはカッコいいし、街中でのカーチェイスも迫力満点でワクワクしっぱなし。
ヴェノムのキャラとトムハーディの演技の相性が良くて、ゆるく楽しめる。

でも、思っ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

映画は自宅鑑賞派のみなさん、
今こそ映画館に足を運ぶべき映画やってますよ!

映画予告って面白いですよね。たった2分弱で興奮したりちょっと感動したり、まぁでも、それが映画本編観た時ギャップに感じてしま
>>続きを読む

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

3.8

自分は強者だとおごり、弱者を蔑む
その結果が悲劇を招き、自分がその弱者に…
そんな時、一つの出会いが、あたたかなドラマを生む。

己の過ちを悔やみながら、空虚な生活をするジェフブリッジス演じる主人公、
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.8

痺れるほどカッコいい映画です。

ロバートデニーロとアルパチーノ、超大物スターの共演。3時間弱の長尺ながら、一切の退屈を感じさせない、重厚なヒューマンドラマであり、
壮大なクライムアクションとなってい
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.7

v12エンジンの唸り声、そしてモーター音、それがあればもう十分でしょう!

タイトルは、
「ラッシュ」
これだけで十分。
プライドと友情、なんて、説明されなくたってヒシヒシと感じます。

手に汗握るよ
>>続きを読む

>|