ウサミさんの映画レビュー・感想・評価

ウサミ

ウサミ

駆けだしの映画ファン。

映画(203)
ドラマ(0)

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

1番初めのデカデカとしたタイトルロゴ、そしてゲイリーオールドマン演じるチャーチルの初登場シーンまで。
冒頭からウィンストンチャーチルという人物がどんなに傍若無人で型破りな人間かが伝わる。

戦争と政治
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.1

サブカル系というか、電波系のコメディかなんかだと思ってたので、いい意味で裏切られました

優しくて、すごく温かかった
割と短い映画ながら、観ながらに感じることも多くて、退屈もなかったです

たしかにこ
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

4.3

「レザボア」以来のタランティーノ作品。
今更ながら、初鑑賞。

早速、レストランにてダラダラと会話シーン。そこからのオープニングまでの流れ、相変わらずかっこよくて、鳥肌モンです。

めちゃくちゃ追い込
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

うーん、これはあくまで予備知識を仕込まなかった僕が悪いんですけど、というか好みの問題だと思うんですけど、
そもそもの設定から思ってたのと違ったというか、まさかそんなSFチックなことを当たり前に受け入れ
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.4

実話ベースなもんだから、あらゆるドラマチック展開に素直に感動の嵐です

前半は夢見る高校生の青春ムービー、後半からは父と息子のヒューマンドラマに姿を変える。

とにかく、前半の青春のさまが見てて楽しい
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.1

どうせ死ぬんだから、やりたいことやろうぜ
死というものを重く描く作品は数多あれど、ここまで爽やかに描く作品は少ないんじゃないだろうか?

なんかこう、色々感想や考察を書くより、「良かった!!」の一言で
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

3.9

なんかゆるいコメディ映画とかと思い、うっかりシコふんじゃったところ、なかなかどうして面白い。

もちろんコメディ調だけど、しっかり王道のスポ根やってる。しっかりと各キャラクターの見せ場もあって、アツく
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.5

小学生くらいの時に初めてみて、それ以来、何度観ても、いくつの時に観ても、新鮮な面白さがある映画!

何より魅力なのはこの世界観。
現実の常識がまぁー何ひとつ通用しない。
雨が降ったら海ができるに決まっ
>>続きを読む

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

3.9

汗臭い、暑苦しい… でもそれが良い、大好き。
ありえないくらい安っぽいタイトルロゴには驚いたけど、凄く重厚で見応えがある映画だった。

原作読んでないのでよくわからないけど、どうやら結構ストーリーを端
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.1

何もない街に住むギルバート
いつものような、何かに縛られたような暮らしの中で、たまたまそこで一台のトレーラーが故障した
何もないところにも、偶然は起こりうる
そしてその偶然が新しい何かを期待させてくれ
>>続きを読む

フリーダム・ライターズ(2007年製作の映画)

4.0

すごく感動しました。映画として純粋に面白かったし、数々の自分の知らないことを学ぶことができました。

強くて真っ直ぐな、崇高なメッセージ性を持つ映画。
だからこそ、観る人によっていろいろ感じ方があるの
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

登場人物が完全にかっこいい存在じゃないのが良い。
ダサさとかっこよさの混在、そのバランスが良くて、観てて楽しいアクション映画。

バディムービーお約束の、典型的な凸凹コンビ。でもどこか2人が似てる部分
>>続きを読む

亀は意外と速く泳ぐ(2005年製作の映画)

3.5

なんだ、この映画は。(笑)

ゆるーい雰囲気で終始展開。
シュールでささやかなユーモアのある映画かと思いきや、たまにど直球のボケをかましてきたり、かなり変則的に、ありとあらゆる方法で、あざとくウケを狙
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.1

泥臭い展開の映画、ドツボです。
好き嫌いはあると思うが、ただこの映画の終盤の展開は個人的に大好きだった。

何かを変えようとするのに、キッカケなんて意外とどうでも良いのかも。
負の力をまとめてパワーに
>>続きを読む

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.8

暖かい映画だった。
すごくさりげなく、多くのことを伝えてくれた。

差別って、悲しいものだと思った。差別に関してすごく大きく心を揺さぶるような描かれ方をしてないからこそ、差別が当たり前の存在となってい
>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.5

宿無し、人間のクズ、歌手というのは肩書きだけで、放浪しながらその日暮らしをする男
そんな男、ルーウィンデイヴィスの一週間をただ、ただ切り抜いただけの映画。

ただそれだけ、だからこそ引き込まれる何かが
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

4.0

すごく楽しい映画でした。きっと何度観ても退屈しない。

スパイアクション映画の主人公を、ぽっちゃり女にしてしまう。こんなとんでもコメディ設定ながら、それでいてシリアスに、そしてどこかオシャレ感すら感じ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

早速観てきました!本当は公開日に観たかったんですけど。

アントマンは個人的に好きなヒーローで、主演のポールラッドのルックス含めたキャラクターがかなりカッコ良い!
アントマン&ワスプのコンビは前作の時
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.8

かつて一世風靡した老レスラーが、転落人生から這い上がろうとする物語。

物語が進むにつれ、彼の老いた身体はボロボロになっていく。周りの人間との付き合いもうまくいかず、挙句には愛娘から絶縁されるハメに。
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.3

さっき映画館で観てきたとこですけど、既にもう一回観たいです。

みんなやたら面白い面白い言うもんだから、自分の中で結構ハードル高くなってたけど、それを飛び越えるくらい面白かったです。
というよりは、観
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

黒いスーツに身を包んだ、悪そうな男たちが、カフェで下らない話をしている。
彼らはふと立ち上がり、車へと向かう。そしてLittle Green Bag がかかりオープニングへ。
ここまでの流れが最高にカ
>>続きを読む

しあわせのパン(2011年製作の映画)

3.6

北海道の田舎にあるカフェ、そこに来る人々の心を、美味しいパンとコーヒーが癒していく…

激烈に面白い映画というわけではない。
正直、あまりに出来過ぎで、あたたかすぎる。
色々リアリティがなくて、雰囲気
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

3.8

人間は、何か役割を与えられると、その役割に沿おうとして、思いもしないような人格が現れる。

とにかく、サスペンスとしてめちゃくちゃ怖かった。舞台は居心地が悪かったし、常に心がざわざわする。途中で胸糞悪
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

そもそも観たのは、主題歌をMr.Childrenがやってる。ってことなんですよね。

恋愛映画って苦手なんだけども、タイトルとかから勝手に、すごい奥深いヒューマンドラマとかかなと思ってた。でもまぁ別に
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.5

お洒落な映画!
キャストがやたら豪華。やたらどころの騒ぎじゃない。チョイ役にエドワードノートンとか出てる。

独特のユーモアが心地よい。
以外とブラックだし、あえてチープな映像にしたりするのも面白かっ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

これが実話だから驚く。

差別するという行為がここまで愚かなことなのかと思わされる。
人間とはここまで冷酷になれるのか。暴力に脳みそを支配されるってほんとに恐ろしいことだと再認識させてくれる映画。
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.4

ロキ人気が爆発しそうなストーリーでしたね。
主人公がそもそも神の世界というとんでもワールド出身で、しかもそこの王子で、MCUヒーロー達と比べても段違いの戦闘力を誇る最強の男ですから。
そんなソーと比べ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.6

知的で奥深いSF映画だった。
静かな映画なんだけども、先の展開は読めないし、驚かされることも凄く多い。

話の展開を知った上で観ると、多くのシーンに深い意味があることに気づかされる。1回目でわからなか
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.1

とにかく、役所広司の演技力の素晴らしさにただただ感動。人間が持つ二面性が、恐ろしいくらい感じられた。
この人の演技があまりにうますぎて、観てて本当に振り回された。

序盤は、サスペンスミステリーっぽく
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

ブラックパンサーのスーツデザイン、大好き。
ワカンダの世界観も面白かった。近未来要素と民族的要素が融合してるアンバランス感に心をくすぐられた。

物語としては、ちょっと退屈でした。
話の展開が少しゆっ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

5.0

本当に本当に素晴らしい映画だった。
めちゃくちゃのめり込んで観ました。

メインキャラクターの行動、感情、セリフ、全てが奥深く、興味深くて、この人はどういった人物なんだろう、どういった信条を持つのだろ
>>続きを読む

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.3

クライムアクション映画で、キャスト陣がかなり豪華。
想像してたよりもドンパチ系のアクションが多くて驚いた。

結末が印象的で、こういう終わり方は割と好き。

ただまぁあんまりジョントラボルタにカリスマ
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

4.0

"コーリング・ユー"が聴こえたら、
あなたはもう、このカフェの仲間

キャッチコピーに惹かれて、観てみたけど、凄く良い出会いでしたね〜

乾いた心に、ささやかな潤いを与えてくれる。そんな独特の雰囲気と
>>続きを読む

共喰い(2013年製作の映画)

1.6

高校の時とか、母親とかに当たって、「あぁいま俺、親父と似てるな」って思って嫌気がさしたり、父の嫌いなとこが自分の性格にも出てるのに気付いたりして辟易するような気持ちを思い出した。

菅田将暉、個人的に
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

3.7

音楽って素晴らしいですね。またしても映画にそれを再確認させられました。

思わず足でリズムを取りながら観てしまうような楽しさがあった。中盤の盛り上がりも凄く、魅力的なシーンに溢れていた。

観終わった
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.1

映画鑑賞って、本当に楽しいものですね!

カット割りが異常なまでに少なくて、時間軸や場面を理解するのに一苦労したけど、個人的にはそれが映画にひきこまれる魅力になった。

かつてバードマンというヒーロー
>>続きを読む

>|