Scriabinさんの映画レビュー・感想・評価

Scriabin

Scriabin

天使の涙(1995年製作の映画)

5.0

撮影監督単位で映画見たほうがいいのかも
金城武めっちゃ好きになった

ある用務員(2020年製作の映画)

4.0

かっこよ
好き
スワロウテイルとか欲望の翼見た時と同じ気持ちになった

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

3.5

ベルトルッチはパーフェクトなんだよ、全部バランス取れてるんだけど、つまらないんだよね。完璧さゆえにつまらない。偏りがない代わりに目を引くところもない。どこを見ればいいかわからない。まあでも素晴らしさは>>続きを読む

夏の嵐(1954年製作の映画)

3.8

やっと見れたー
が、気持ち悪かった。色が。劇画調は好きだけど。アリダヴァリをこんなにきれいに撮れるのはすごいと思う。
雑な感想だなあ

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.8

エイミーや彼女と周囲の人間が取り結ぶ関係性が、近しい人たちの姿と重なってすごい嫌な気持ちになりました。

午後の網目(1943年製作の映画)

4.0

音楽と映像がぴったり当てはまっていない気持ち悪さがすごい

上海特急(1932年製作の映画)

5.0

ディートリッヒ様…!!
もうきれいすぎる。大好きです、ついて行きますどこまでも。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

5.0

最高、キャスト最高かよ
主役の2人が全部かっさらっていくかと思いきや、まさかのウドキアの登場。からのあのイタリア人の女の子がかわいすぎる件
ガスヴァンサント初めてみたけど、楽しんで撮ってるなあって感じ
>>続きを読む

スネーク・フライト(2006年製作の映画)

-

いい、とてもよい、退屈しないで作業するのにとても良い

バッド・テイスト(1987年製作の映画)

4.1

いいね
めっちゃいいね
やらないといけないこと多すぎてもはや忙しいのかどうかも分からんくなってるこの状態には本当にありがたい。目の保養です(概念の崩壊)。
面白かったのは、あのエイリアンハウス(兼飛行
>>続きを読む

双頭の鷲(1947年製作の映画)

5.0

やっと見れた!…とおもったら寝落ちするというね、つらすぎますよ。だってその前に2つも好きでもない映画見て、いやその2つも見たかったしふつうに面白かったけど、でもそれでもずっと見たいと思ってたこれには劣>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

4.0

久しぶりにしっかり映画を見た。
いわいしゅんじ、社会派の先輩がおすすめしただけあって社会派だった。アヘン窟のシーンとか蝶々のシーンとか、何があった?的なところもあっておもしろい。てか90年代ってやっぱ
>>続きを読む

東京流れ者(1966年製作の映画)

5.0

やっぱ清順好き
この映画流した先輩がハイセンスすぎる
もういいよな、良すぎる(語彙力)
カットぶっ飛ばしてくとことか、「映画はトリック」なとことか、色が…色が最高…!だったり、てかそもそも俳優が良い。
>>続きを読む

世界残酷物語(1962年製作の映画)

4.0

音楽が好き
飲みながら寝落ちしながら見たのであまり真面目には見てないけど
てかやっぱイタリア語っていいよな

マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴(2020年製作の映画)

4.5

マシューボーンの良さがたくさん詰まった作品。最高傑作って言いたい。
元ネタが持ってた毒々しい総天然色を美しい舞台照明に変えてしまった。現代的だった衣装をコスチュームプレイにしつつも彼の好みがよく出てい
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

4.0

うん、安定。前3作と全く同じセット使ったり、役者も一緒?の人いたよね?というくらいに安定してますね。やっぱり雲がさ、いいんだよね、ヨーロッパの雲って感じがする。
今回は今までより戦争のモティーフが多か
>>続きを読む

レディ・マクベス(2016年製作の映画)

4.1

よいですね、ソ連で翻案されたマクベス「ムツェンスク郡のマクベス夫人」を逆輸入したら、という最高においしい試み、よいですね。
何がイギリスぽかったかな。とりあえず植民地から連れてきた黒人たちの存在は大き
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.8

マリアンヌがずっとキーラナイトレイの顔濃くしたみたいにしか見えなかった。
女性のつくった映画、という感じですね(ジェンダー観の再生産…!)生活に根ざしたシスターフッドとか、マリアンヌとエロイーズのキス
>>続きを読む

緑の光線(1985年製作の映画)

4.0

つらい、つらいよ、自分を見てるようで…
頑固で不器用で、人とうまくやっていけない。恋人がつくれない。特に、スウェーデンから来た女の子を見て、"自分には何もない"と感じて泣くシーンはほんとに泣きそうにな
>>続きを読む

これがロシヤだ/カメラを持った男(1929年製作の映画)

4.0

枠構造が好き。ファンタジックよね(最近こればっか)
小心者なので言いたいことあらかたこっちに書いた↓
https://tanizaki-arabesque.hatenablog.com/entry/2
>>続きを読む

他人の顔(1966年製作の映画)

5.0

好き。
とりあえずなんかアーティスティックで好き。
仲代さんめっちゃ掘り深くて嫉妬する。グラサンかけたらパゾリーニみたい。奥さんが小説読んで妄想してた通りのビジュアルで泣いた。あのムチムチ度、普通の美
>>続きを読む

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(2010年製作の映画)

-

めちゃ安っぽくて好き。ユマサーマンのメデューサがハイライト。もう爆笑もんでしょ。

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

4.0

ミュージカル自体がそうなのか、この映画だけがそうなのかわからないけど、なんかエロい。めっちゃ俗なエロティシズムを感じた。そこがまたいいのだけれど

>|