三島さんの映画レビュー・感想・評価

三島

三島

グリーンマイル(1999年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

キリストのように治癒能力を持つジョンは様々な人々の悪意や苦しみを感じながら生きる事が相当辛かったんだろうな。

ポールは彼の冤罪を知りつつも、彼を誤審通りに逝かせてあげることが救いだと判断した。まさに
>>続きを読む

魔女見習いをさがして(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ガールズエンパワメントなお話で良かった!

恋に終わらないところ、男社会に立ち向かうところ、自立するところ、最後は各々の夢を語って終わるところ。

そこが良かった👍

ファンタジー・アイランド(2020年製作の映画)

2.9

面白くなりそうな設定でしたが、出オチでした。しりすぼみ。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

最初はクズ野郎な1人の男の精神的成長の物語。恐怖を教えてくれた父親、人生を教えてくれた娘。

母親がクズなので終始イライラしますが、彼女のおかげで主人公の人間的成長の色合いがはっきり見えます。

必要
>>続きを読む

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

4.0

何気なく観てみたけれど、男社会や多様性の無い均一化された社会に対するアンチテーゼ盛りだくさんだった!

女性の社会進出、同性愛者、妊娠、家庭、そしてみんなが笑顔で暮らせる住まい。
仕事のために、自分を
>>続きを読む

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録(1999年製作の映画)

4.0

ガールズエンパワメント映画
男社会に対するあらゆるメタファーが散りばめられておりますが、このくらいメタファーでないと表現できない時代だったのかなとも思ってしまった。

当事者としても、当時の時代に思い
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いろいろな作品のオマージュや、この作品から影響を受けたであろう作品も頭に浮かぶね!

しかしマジかおりちゃん最初から最期までかわいそう…

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.8

若年性アルツハイマー。
アルツハイマーは肉体より先に精神が死ぬ病気とはよく聞きますが、肉体が死ぬ恐怖とはまた違う恐ろしさや戸惑い、周囲への負担…

手紙で泣いてしまった

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

「ドイツ」、「ドイツ人」みたいな言葉の登場が意図的に抑えられていたように感じたし、「ナチス」、「ヒトラー」などの言葉が全く出てこなかった。

ダンケルクに取り残された兵士たちの救出劇を淡々と写していた
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

「世の中には、すぐわかるものとすぐわからないものの2種類がある。すぐわかるものは、一度通り過ぎればそれでいい。けれど、すぐにわからないものは、長い時間をかけて少しずつわかってくる。子供の頃はまるでわか>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

4.0

1人1人が主役級の方々による豪華な海鮮丼のような映画みちゃった。

今の世の中や政府に対する強烈な風刺。
スマホ依存、SNSによる情報混乱、政府、資本家。

世界の終末モノで、こういう結末も好きだなと
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

初の女性大統領、そしてファースト・ミスター。

近い未来、こんな日が来るかな。
(顔射はさておき)

浅草キッド(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかった!

あの途中のタップダンスと回想シーンの部分が好き。

深見師匠のことはこの映画を観るまで知らなかったが、こんな粋な人がいただなんてねえ。。

Two(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

観続けることが出来ずについついスマホいじっちゃう映画でした、最後の太極図みたいなのは失笑してしまった

砂の器(1974年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい。
私も最後、映像の中の観客達と一緒にスタンディングオベーションをする勢いであった。

前半はぼーっと観てしまうシーンが無くはないが、後半の盛り上がりや物語の勢いが凄まじい。

らい病への偏
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.8

「正直にさ、何もかも見せ合って、それでも愛せるのが血の繋がりってやつじゃない?…願望、かしらね。」

いろんな偶然が重なって映画らしい映画。

家族とは何か、生命とは何か、愛とは何か、血の繋がりとは何
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

目が見えないという事が生存に繋がる世界。生物に何故多様性が必要かがわかる(?)

名前つけないのはなんでだろって感じだったけど、最後のオリンピアとトムのくだりがやりたかったのだなと納得。

しかしまだ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

少し長過ぎたし、ロマンスで着地して欲しくなかった。

もっと縮小化したら起こる社会問題、縮小人間と非縮小人間の間にある闇にしっかり触れて欲しかった…

設定は面白い

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

何で冒頭であえて北朝鮮と韓国を間違えたのかな?

しかし映画後半でテイストをめちゃくちゃ変えてきて、二転三転とお色直しするので、ツッコミどころは満載ですけどボーッと楽しく見るには良かったかも笑笑

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.5

幻覚剤部屋のシーンが印象的

そこまでグロい描写がなくてよかた

>|