minnozziさんの映画レビュー・感想・評価

minnozzi

minnozzi

映画(353)
ドラマ(30)
  • List view
  • Grid view

史上最大の作戦(1962年製作の映画)

3.3

もう何度もみた映画だけど、今回は改めてCGもない50年以上も前にこのような迫力のある映像を作ったことに驚いた。しかもモノクロで!

トラ・トラ・トラ!(1970年製作の映画)

2.9

敵わないことが分かっていても思い込みと気合いだけで突き進むこと。一番肝心なことなのに体制が脆弱なゆえに宣戦布告が間に合わないこと。相手にはばれていること。目的が達成されていないのに途中でやめてしまうこ>>続きを読む

ストックホルムでワルツを(2013年製作の映画)

3.9

いい映画だったなぁ。

エッダ・マグナソンの歌声が柔らかくて染みる。

Walts for Debbyが大好き❤なので、ほんと染みました。

実話だったのね。観終わって、すぐにYouTubeで本物を観
>>続きを読む

影武者(1980年製作の映画)

3.6

脚本も映像も練りに練って作ったと思わせる箇所が多数。でもそれが目についたということは、他の黒沢作品のように引き込まれていくもの凄い緊張感が少なかった気がする。

居眠り磐音(2019年製作の映画)

4.1

コレはイイ。
コレからも続くんだろうか。
期待しちゃう。

燃えよドラゴン ディレクターズ・カット版(1973年製作の映画)

3.8

アチャーの叫び声。ヌンチャク‼️みんな真似してたなぁ。確か竹中直人もこのものまねでテレビに出るようになったんだとか。いろいろと思い出す中で、最初にテーマ音楽を聴いて頭に浮かんだのが、谷村新司のセイヤン>>続きを読む

卒業(2002年製作の映画)

3.2

「心を解き放つビターな愛の物語」

これぴったりだなぁ☺️

アイルトンセナ 〜音速の彼方へ(2010年製作の映画)

4.3

セナの走りはなんといっても熱くて、カッコ良くて。ギリギリまで攻めるから事故と紙一重だったんだなぁと改めて気づく。

最後は涙が溢れた。

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

2.8

まぁよくしゃべること。鬱陶しいなぁと思いつつ、危ない雰囲気にドキドキしながら観すすめ、ラストにホッと。

人は生まれ育った環境で大きく変わるもの。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編(2010年製作の映画)

3.5

改めてTVドラマの初回から見直して、ホントに素敵なドラマだなぁとホンワカしました。

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.8

ショーン・コネリーの007の中では一番好きだな。靴に仕込んだ毒付きナイフは痛そうだなぁ。

007は二度死ぬ(1967年製作の映画)

2.5

封切り当時は特撮満載で凄かったんだろうなぁ。トヨタ2000GTカッコ良し👍

ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女(2016年製作の映画)

4.1

全く知らなかった。他国を併合すると言うこと、他国に従わさせられると言うこと、皇族とはどう言う存在なのか。いろいろと考えさせられる深い作品でした。

ソン・イェジンさんの見事な演技に魅せられました。引き
>>続きを読む

ハワイの若大将(1963年製作の映画)

3.2

これぞ若大将シリーズの王道。安心のワンパターン。

赤いハンカチ(1964年製作の映画)

3.7

しっかりとした社会派のストーリーを濃厚に描いている。浅丘ルリ子の魅せる「女」に参りました。ハイヒール👠を脱いだところ、かなり前に見たときにもドキッとした記憶がある。

13デイズ(2000年製作の映画)

3.8

キューバ危機がこんなにスレスレのところまで行っていたことを初めて知る。米ソともに衝突を回避したい人達はものすごいプレッシャーの中で決断していたんだなぁ。こんな時、正常性バイアスの強い日本人は、おそらく>>続きを読む

若い人(1962年製作の映画)

3.1

石原裕次郎、浅丘ルリ子、吉永小百合で石原洋次郎原作とくれば、爽やかな日活映画かと思いきやストーリーはドロドロで何か違和感あり。
長崎の風景も、太陽がいっぱいの映像も青春映画路線なんだけどちょっとと変だ
>>続きを読む

レミングスの夏(2016年製作の映画)

2.7

長い間、友達への思いを溜めてきた子どもたちの気持ちが苦しい。
子供を救えなかった刑事の思いもまた重い。

演技がコチコチなのでなかなか入り込めなかったけど、途中から演劇部が重いテーマの問題作に一生懸命
>>続きを読む

パリよ、永遠に(2014年製作の映画)

3.6

「パリは燃えているか」があるのに、何でまたこのテーマの作品があるんだろうと思ったが、コルティッツとノルドリングのやり取りに焦点を当てた見事な内容でした。ふたりの俳優に拍手👏

俺の空だぜ!若大将(1970年製作の映画)

2.0

たぶん子どもごころにキレイな女性を初めて意識したのが、この映画の酒井和歌子さんだった。

50年ぶりに観賞。若大将シリーズもこの頃になるとネタ切れだったんだろうなぁ😩

ウケたのは予告編の字幕🤣

 
>>続きを読む

>|