むっ太郎さんの映画レビュー・感想・評価

むっ太郎

むっ太郎

語彙力のないレビューなのです。

ピンポン(2002年製作の映画)

3.9


くっさいセリフだらけだけど最高に好きな青春友情映画

「月にタッチするなんてワケないよ」


「アーイ キャーン フラァァアアイ!!」

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

衣装に舞台に演出、曲全てにおいて終始圧倒された。視覚、聴覚、全感覚で楽しめる映画だった。
まさに、『夢をみていた』。

夜に1人で観たい作品。

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

4.0

美女!!ゴキゲンな音楽!!美女!!エクストリームスポーツ!!美女!!!トニー・ジャー!!美女!!アクション!!ドニー・イェン!!
ぶっ飛んでて脳汁吹き出して最ッ高にハイで語彙力がさらになくなる映画だっ
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.8

友情モノ感動モノというだけじゃなくてヒーローアクションモノで、復讐モノで…
宣伝詐欺だったけどかなり楽しめた。

舞台となった映画の中でしか見たことがないサンフランシスコの街並みに、日本っぽさが盛り込
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8


かっこいいとエロと可愛いとコメディが混ざり合った最高のバディ…じゃなくて最高のトリオモノでした。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

3.8

ジェンコ&シュミットコンビが今度は大学でファッキントリップ潜入捜査

あれ?これ恋愛映画!?ってなるし、アイスキューブは強烈だし、前作に引き続き最高に面白くて涙が出るからハンカチ必須

エンディングも
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.7

なんだこの映画は…
アクションで青春でゲームっぽい世界観?最高か
しかもメアリー・エリザベス・ウィンステッド、アナケン、ブリー・ラーソン、クリエヴァにブランドン・ラウス様の豪華キャスト…
ぶっ飛びすぎ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

IMAX3Dで観ました。
MCU最新作にしてシリーズを新たな次元へと誘ってくれる作品でした。
ストーリー自体はほんの少しだけう〜んって感じでしたが、それすらどうでも良くなるような圧倒的な映像美に厨二心
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

目が見えないというハンデがまるで意味をなしてないくらい動いてる盲目おじさん。
呼吸どころか瞬きさえもしたくなくなるような怖さ。
一瞬も気が抜けないホームアローン。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.9

様々な人種で、しかも一癖も二癖もある奴らが正義のために悪を討つお話。

たかが西部劇と思っていたけど、中々にアツい。
超能力とかは出ないけど、ド派手なガンアクションは手汗がナイアガラになること必至。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.7

一目惚れした女の子を振り向かせるためにバンドを組んじゃう気持ち、すごく共感できる。
『恥や後悔なんか関係ない!壁なんてないさ、音楽があれば前に進める!』そんなことを思わせてくれる。
ダサいけど、心が浄
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

ベンアフとアナケンのやりとりが愛おしい。
最低でも5回は驚かされます。

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

3.8

1人ひとりのクセが強い
でもそれがいい

こんな青春満載な大学生活を送ってみたかった

バッドママ(2016年製作の映画)

4.0

とにかく自分の好きなネタがてんこ盛りな映画でした。

ママに正解はない。
悪いママだっていいじゃない。

ズートピア(2016年製作の映画)

3.8

新米警官のジュディと詐欺師のニックの凸凹コンビが愛らしい。


ちなみに推しメンはフラッシュです。
ニィッ……クゥ……

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5



フィリップに対してブラックな発言全開、他の介護人だったら決してフィリップにしないようなことを連発するドリス。
だけどフィリップにとっては、自分を障害者としてではなく、1人の人間として接してくれるド
>>続きを読む

>|