悪霊302号室さんの映画レビュー・感想・評価

悪霊302号室

悪霊302号室

cocoも使ってました→https://coco.to/author/WildChalice

映画(12)
ドラマ(6)

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.4

原作未読であらすじを読んで、体力使いそうな映画だなぁと思ってたけど想像以上に困惑緊迫ドン引き悲しみ、そして、歓喜するスゴい映画でした。
血がたくさん出るし、精神的なエグさ、痛みを感じるものをたくさん持
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

4.3

3作目にして色んな意味で色んな事が最も先鋭化された一作に感じた。
もうとにかくしつこいばかりのアクションアクション装填アクション。超楽しいです。
ひたすら戦いっ放しの2時間は最後までチョコたっぷりで超
>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.5

うーん結構好きなんだけどな~~。って感じ。
悪魔の造形や、悪魔も人間も惨たらしく死んでいく様はまさにダークファンタジーって感じで素敵で楽しかった。
シナリオ周りも癖のある三人がなんやかんやあって共通の
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.5

まず、とにかく眠かった。眠くても良い映画はたくさんあるのでそれは別に良いのだけど。
宇宙を舞台にあえて非常に内省的な物語を展開してくのもよくあるものなのだけど、この作品に関してはその辺あまり上手く表現
>>続きを読む

よこがお(2019年製作の映画)

4.0

"出来事"の爆心地ではなく、中心に近いけど少し逸れた場所で巻き起こる理不尽な物語。
お互いの想いの錯綜によってドツボにハマっていくのがなんとも遣る瀬無いようで実際の所どれもこれも単なるエゴに近いもので
>>続きを読む

さんかく(2010年製作の映画)

4.2

奇妙な三角関係の映画…いやそうなんだけど、本当のさんかくはラストカットにのみあり。
先輩面大好きなヤンキー、ちょっとしたことでヒステリー起こす彼女、人の話を聞いてない中坊。恋愛モノっぽさの中に見え隠れ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.7

タランティーノ作品は何本かだけ観たことあるのですが、今まで観た中で一番スッキリと見易い作品に感じた。
絶頂期を過ぎて落ち目なリック・ダルトンの奮起しようとする姿は俳優あるあるとしても面白いし単純に全て
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.2

原作3巻まで読んだことあるという微妙な立場での感想をば。

押し付けがましくなく、自然で爽やかででもしっかり湿っぽくもあり、「恋」がタイトルに入ってるし勿論それが物語のスタートではあるんだけど、決して
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.7

エルトンについては全然知らず、曲もそんなに知らないのだけど、単純に壮絶な半生として切なく、しかし曲は初めて聴くものが多いのにとても感情を乗せやすくて、というか乗せられ易くて、曲自体もだけどアレンジやタ>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.9

思ったより地味でシンプルな映画だったけど、こういう流れの事件は日本のニュースでもよく聞くし、静かな胸糞の悪さ、親父が画面にいる時の居心地の悪さが肌に感じられてとても素晴らしい見辛さだった。
流れに唐突
>>続きを読む