ヲタさんさんの映画レビュー・感想・評価

ヲタさん

ヲタさん

映画(231)
ドラマ(0)
アニメ(0)

アイ・アム まきもと(2022年製作の映画)

4.2

TOHOシネマズ特別試写会にて鑑賞。
予告編を見た感想からもっとドタバタコメディ寄りの作品を想像していましたが、コメディとヒューマンドラマのバランスが抜群で、笑って泣けるとても暖かい素敵な作品に仕上が
>>続きを読む

MEMORIA メモリア(2021年製作の映画)

1.0

ある「音」に悩まされる女性の話なのですが、ひとつのシーンが長い割にセリフも少なく、説明もあまりされないので正直あまり理解出来ませんでした。私には高度過ぎたようです。

彼女のいない部屋(2021年製作の映画)

4.0

ネタバレ無しであまり多くは語れないのですが、あらすじが「家出をした女性の物語のようだ」としか無いにも関わらず、マチュー・アマルリック監督の複雑なパズルを組み立てる様な脚本と演出が見事でその完成形に思わ>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

映像の見せ方や音の使い方とかは迫力があって上手いと思いますが、内容がやや難解で自分にはスゥっと理解することが出来ませんでした。
それにしても使徒味がスゴかったです。

あの娘は知らない(2022年製作の映画)

3.5

Filmarksオンライン試写会にて鑑賞。
大切な人を失ったもの同士の男女がその喪失感を埋めようとする様子を静かに淡々と描いています。
主演の二人はかなり抑えた演技をしていますが、作品の雰囲気、情景
>>続きを読む

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

3.8

カッコいい女性たちの立ち振る舞いに心躍るB級!!(褒めてます)アクション映画です。
格闘シーンも銃撃シーンもカーチェイスも見事に散りばめられていて、迫力があって、あまり深く考えることなく楽しめました。

神は見返りを求める(2022年製作の映画)

3.5

見返りをもとめる男、田母神と恩を仇で返す女、YouTuber Yuriちゃんの心温まるはずのないラブストーリー!?というか憎悪のぶつけ合いでしたが、もう少し振り切ってもらえれば良かったかなぁと思ってし>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

4.3

ツッコミどころは数えだしたらキリがないですが、正に「こういうのでイイんだよ」を地で行く映画に巡り会えてとても楽しめました。
軽妙な会話と激しいアクションには思わずニヤニヤしてしまいました(何となく初期
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

4.1

余命いくばくもないウードの過去の精算に付き合うことになるニューヨークからタイに戻ったボス。
二人によるロードムービーですが、友情、恋愛、仕事、生き方、親子愛など人生の様々な要素が複雑に絡み合ってストー
>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

4.1

私の実家も貧乏だったので子供の頃友達に家のこと知られるの嫌だった思い出があります。
だから竹ちゃんの家を笑わなかった久ちゃんと友達になりたいっていう気持ちはすごく共感出来ました。
作品としては夏休みに
>>続きを読む

スイング・ステート(2020年製作の映画)

3.9

アメリカの共和党と民主党の二大政党の勢力が拮抗している激戦州(スイングステート)である中西部ウィスコンシン州の小さな町の町長選挙をめぐる選挙参謀の戦いを描いた作品です。
選挙の裏側が垣間見えるのはもち
>>続きを読む

ゴヤの名画と優しい泥棒(2020年製作の映画)

4.0

イギリスで実際にあった絵画盗難事件の話です。その動機がBBCの受信料の肩代わりのためという嘘かホントかわからないものでしたが、
犯人のシニカルさやウィットに富んだ振る舞いに魅了されてしまいました。
>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

3.9

アイデアが見事ですね。2分後の未来が見える「タイムテレビ」の活かし方や撮影方法が面白かったです。
演劇の延長っぽいセリフ回しでしたが、この劇団に入ったかのような感覚が心地良かったです。

エール!(2014年製作の映画)

3.9

今年のアカデミー賞作品賞「CODA あいのうた」の元ネタです。フランスとアメリカ、酪農と漁業といった違いはありますが、ストーリーはほぼ踏襲されています。
CODAを先に見たのでどうしても比較になってし
>>続きを読む

声もなく(2020年製作の映画)

3.5

闇の仕事を請け負う口のきけない青年と、両親に身代金を払ってもらえない少女との交流を描いた切ない物語です。
ただサスペンスとしては緊迫感や整合性が弱く、ドラマとしても期待したほどのめり込むことが出来なか
>>続きを読む

オペレーション・ミンスミート ーナチを欺いた死体-(2021年製作の映画)

3.8

第二次世界大戦下の1943年にナチスドイツからイタリアのシチリア島を奪還するためにイギリス諜報部が仕掛けた欺瞞作戦「オペレーション・ミンスミート」の実態を描いた実話に基づく物語です。
成功するか危うい
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

不条理な設定に惹きつけられるものはありました。しかし、格差社会を描いているのだと思われますが、全体的に何とも言えないスッキリしない感情だけが残りました。

ブルー・バイユー(2021年製作の映画)

3.8

自分の力だけでは抗うことの出来無い移民問題の現実に焦点を当てた社会派ドラマです。
故郷とは、家族とは、血の繋がりとは、…
考えさせられることが多く出てくる作品です。
監督、脚本、主演を努めたジャスティ
>>続きを読む

ノイズ(2022年製作の映画)

3.5

導入部は良かったのですが、もうちょっとサスペンス寄りのハラハラ・ドキドキを期待していたので後半の展開が少し残念でした。
出演者は豪華で良かったです。

ドリームプラン(2021年製作の映画)

3.8

この成功碑が実話であることの凄さ!!
リチャードの己の芯を曲げない潔さとウイリアムズ姉妹の努力に感服しました。

ベイビー・ブローカー(2022年製作の映画)

4.3

是枝裕和監督の韓国映画、いわゆる「赤ちゃんポスト」を題材に「家族」のかたちが丁寧に描かれています(韓国の赤ちゃんポストの利用者数は日本の10倍以上だそうです)。
そこまで韓国映画を見ないので、ソン・ガ
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.0

タイムループというSF要素とラブコメディが上手い具合に融合していて見ていて楽しかったです。主人公二人の醸し出す雰囲気も良かったです。
90分という作品時間も相まって気楽に鑑賞出来ました。

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.9

少子高齢化が進む日本でその解決策として75歳以上の人が自らの生死を選択できる「プラン75」が国会で可決成立された近未来の物語です。
私自身は75歳までにはまだ時間がありますが、それでも色々と考えさせら
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.5

評判の良さに違わぬ素晴らしさ。いやぁ〜凄かった。IMAXレーザーで見て良かったです。
久しぶりにスカッとするアクション映画を体験出来ました。見るというよりは、正に全身で「感じろ」という作品でした。大画
>>続きを読む

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.8

現実と漫画の世界の境界線を曖昧した構成が中々興味深い不思議な作品でした。

女子高生に殺されたい(2022年製作の映画)

3.5

アマゾンプライムビデオでもう配信されていたので見ました。
タイトルの引きが強いですが、中身も中々でした。人間の欲望にはキリが無いですね。
ただ思ったよりソフトめな感じでした。

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.8

メ~テレシネマ映画祭特別先行上映にて鑑賞(主演の木竜麻生さんの舞台挨拶付き)。
大学生カップルの恋愛映画ですが、妊娠によって二人の関係性が変化していく様子を割と生々しい会話劇と巧みな構成を用いて描いて
>>続きを読む

太陽とボレロ(2022年製作の映画)

2.8

TOHOシネマズ試写会にて鑑賞。
解散寸前の地方のオーケストラがラストコンサートに向けて奮闘するというストーリーでしたが、いろいろ詰め込みすぎなのとコメディ寄りにしたことで肝心の演奏シーンが盛り上がり
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.3

俳優陣の魂のこもった演技のぶつかり合いに魅了される傑作です。
単純に「愛」の一言では表せない心の底に渦巻く何かを探す旅を見せられているのかのような感覚になりました。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

4.2

ツッコミ所も多々あれど、見ていて楽しかったです。ウルトラマン初見の人向けにはたぶん作ってないんでしょうけど、懐かしさと新しさが良い感じで共存してました。
米津玄師さんの主題歌も良かったです。
竹野内豊
>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.5

ダコタ・ジョンソンの魅力が弾けまくってます。ストーリー的には割と予想出来ましたが、オチが?って個人的にはなってしまいました。
音楽が良いので気楽に見れました。

ツユクサ(2022年製作の映画)

3.5

みんな辛く悲しいことも抱えているはずなのに、この映画はそれを小林聡美さんというフィルターを通してあったかく優しい時間に変えていました。
この空気感というか雰囲気が小林聡美さんの魅力だと改めて思いました
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

4.0

阿部サダヲさん演じる連続殺人鬼が時折見せる腰の低い優しい感じの怖さがとても印象に残りました。グロいシーンの直接的な怖さもありましたが、体の内側から揺さぶられるようなゾワゾワッとする得体の知れない怖さで>>続きを読む

真夜中乙女戦争(2021年製作の映画)

3.0

前半は割と見れて、池田エライザさんが抜群に良かったのですが、後半になるにつれストーリーとかがあまり頭に入って来ませんでした。
あと最後も荒唐無稽すぎな感じがして、う〜んいろいろ惜しかったです。

アネット(2021年製作の映画)

2.0

う〜ん自分にはあまり合いませんでした。ミュージカル好きな方なんですが…
アダム・ドライバー演じるコメディアンのスタンダップコメディが全く面白くなかったのとパペット(人形)を使った演出が気味悪く感じてし
>>続きを読む

ニトラム/NITRAM(2021年製作の映画)

4.5

オーストラリア、タスマニア島で起きた同国最悪の銃乱射無差別殺人事件の犯人の事件を起こす前までの様子を描き出した作品です。
主役のケイレブ・ランドリー・ジョーンズの演技に圧倒されました。内容はものすごく
>>続きを読む

>|