竜司さんの映画レビュー・感想・評価

竜司

竜司

きみに読む物語(2004年製作の映画)

-

ずっと観たくて、でも絶対泣いちゃうから観たくなくて、、、。
最愛の人と一緒に観よう、と何年も寝かせてた映画。

頭の中真っ白にして、彼女のことだけ考えたくなったからようやく鑑賞。

やっぱ号泣した。オ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

-

「少女の頭脳に適した学校に通わせ、数学者として才能を開花させようとする祖母」と「地元の学校に通わせ、普通の子供として育てようとする叔父」
少女の将来を考えてぶつかる家族の物語。

アドラーの優しさに号
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

大迫力のアクションシーンやストレンジ、ハルクとの共演!!!

ただ、ヘラは倒してないし何も達してないwww

途中とても気持ちよかった。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

-

トム・ハンクスとエマ・ワトソンだから観れた部分ある。

宗教じみたSNSの話。

つまんなくて途中寝た

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

-

はめた側ではなくはめられた側かなーって思う。

麻薬の密輸してるのも騙されて、
1度捕まったが無罪になり以前の仲間の証拠を挙げる時も厄介払いするために顔残したのかなーって思う。

ヒステリックな奥さん
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

-

キアヌ・リーブスがこんな役やるなんて!!!

ちょっと羨ましかったり、、、(笑)


1度の快楽で人生を棒に振るお話。

タイムループ 7回殺された男(2016年製作の映画)

-

無駄死にしすぎ
敵迫ってきてるんだからもう少し動こうよ

残された道はこれしかない、、、
いや、あるだろう!!
戦えやー!!!!

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

-

女つぇーwww

そしてエリザベス巨乳!!!
急激に変化する恋心。

言葉が丁寧すぎてスっと入ってこないw

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

-

冒頭で、主人公の美乳に魅了された。

男似すぎて途中どっちか分からんくなってしまった、、、。
「スプリット」のあいつが相棒でいいんだよね?w

途中出てくるおよそCカップのケツアゴはそう、「キングスマ
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

めっちゃ見たかったー!!!!

四畳半神話大系とは違うらしい。
この人の作品好きw

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

これは凄い。
ラスト、タイトルばーん。
で、タイトルの布石も回収。

職場とかだと思ってたらまさかの彼女の実家!!
彼女すらも信用ならんてことか、、、。

気をつけんと乗っ取られる(笑)

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

-

オチが一番ゾクッと来る。
前作との繋げ方が絶妙!!

人形何個いんのwww

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

初め圧倒的な強さだったのに子供に負けるぐらい弱くなってる、、、
噛みちぎる速さもめっちゃ待ってくれる
そして、急激なハッピーエンド

何より女の子可愛すぎる。超かわいい。

シャドウ・エフェクト(2017年製作の映画)

-

読めてしまうー

それにしても、主人公だけ撃たれても死なないのずるい。

パディントン(2014年製作の映画)

-

2を彼女と観るために前作鑑賞。

マーマレード大好きかよw
蜂蜜じゃなくてマーマレードなのね(笑)

テッドがチラつくw

ポーカーナイト 監禁脱出(2014年製作の映画)

-

5手先を読んでると豪語してるが1手ぐらいだね(^_^;)
読めてたら雑魚にやられないでしょw

良くも悪くも伸びなそう

ハードコア(2015年製作の映画)

-

FPSみたいで新しい!!!

評価低いけど、この映画めっちゃ好き!!

流行りのどんでん返し系にしたかったのかな?(笑)
容易に読めてしまった。
どんでん返しにしたいなら、「裏切られる」とか「騙される
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

-

いやー、スピード感あっていいね♪

原作通りにやってもらわないと嫌だって言う人も多いと思うけど、俺は原作は原作の良さがあるし実写には実写の良さがある。
長所を伸ばしたものが成功するんじゃないかなー♪
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

-

自分が世界の中心だと勘違いしているこの世で一番嫌いなタイプの主人公。
周りの優しさに気付かぬままわがままし放題。
身近にこういう人いるからフィクションだけの世界じゃないってことを身をもって知っている。
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

-

未来を変えないタイムスリップは珍しく感じた。
そして、その力が意図せずに発動してしまうという数少ないタイムスリップもの。

"待つ"愛は寂しい

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

-

ダニエル・ラドクリフじゃなくても良かった感エグい。
おふざけで作った映画みたいで面白いw
ゲームにありそうwww

ハリーは死んでも夢と希望と魔法に溢れている。

海底47m(2017年製作の映画)

-

ダイビングにおいて犯してはいけないルールをことごとくやぶっていくw

海はとても綺麗♪
海中で切れたらめっちゃ痛いからな!!!

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

-

感動。

何度も人生を繰り返し愛する人の元へ戻れて、伝えられてよかった。

久しぶりに号泣しましたw

>|