Yucky1018さんの映画レビュー・感想・評価

Yucky1018

Yucky1018

映画と音楽と酒とサッカーがあれば他に何もいらないのです(´ω`)
映像関係の仕事と、しがないミュージシャンやってます。

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.9

頭の固い主人公が変化していく様が可愛くて可笑しかった。
恋はやはり落ちるものだね。笑

私の男(2013年製作の映画)

4.0

どうもこういう雰囲気の映画には弱い。それも浅野さんと二階堂ふみという雰囲気のある俳優だから尚更良い。
内容はひたすら暗かったし哀しかったけどね、こういう映画はあるべき。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.8

内気で人見知りな主人公の少年が自分の十代の頃と重なった。
人は周囲の人間や環境で変わっていく。認めてくれる大人がいれば自分に自信だって持てるようになる。複雑な家庭環境の中で悩む少年に一筋の温かい光が射
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

始めたばかりのバンドにしては曲が良過ぎるという違和感はあったが(笑)、"青春"という感じでとても面白かった。
こういう映画は何十年先に観てもきっと色褪せないんだろうな。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.9

ドラマティックな脚本と個人的に贔屓にしている山田孝之さんの演技(ウシジマ君での全て)が素晴らしかった。
3の

「お前そんな悪い事やってたの?まぁやらないよりやった方が良いんじゃね」

と、今作の人情
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.6

原作はあまり読んだ事はないですが毎回楽しく観てます。
今作はオリラジ藤森さんの噛ませ犬感が好きでした。笑

ピクセル(2015年製作の映画)

3.8

ずっと観たくてやっと観れた!
ファミコンをやった世代としては(実際はもっと昔だが)感動モノ。
ただ設定が斬新過ぎるし特に世代じゃない人には面白くないかもね…。

エンディングに昔のゲームに対する愛をめ
>>続きを読む

アオハライド(2014年製作の映画)

3.9

原作も何も知らず「聞いた事あるな」という理由と本田翼さんが好きなので観てみた。

途中途中で流れが雑だったのは2時間でまとめる映画にする段階で致し方なかったんだろう。

それでも純粋に「青春っていいな
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.3

久し振りに映画観た。前から観たかったこの映画。
乱行パーティーの実状を参加者目線でリアルに描写していて、特に打ち解けるまでの会話とか流れとか行った事ないけどこっちまで変にドキドキした。笑

こういう交
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.9

前作はかなり前に観て自分で3.5付けてたけど(あまり覚えてない)、2はかなりツボった。笑
有吉さんが結構好きなので吹替で観たのもあるのかなー。
でも子供向けと見せかけてガッツリ大人向け、それも下世話な
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

3.8

一度見た"レジスタンス"を間違えてもう一度レンタルするというミスの後、ようやく観れました^^笑
4作とか続く作品は途中で観なくなるものが多いけど、ハンガーゲームはあまり中だるみも無く楽しく観れた感があ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

4.5

設定、内容、映像、音楽どれを取っても好きだった。
こんなに純粋に面白くて夢中になれた映画は久々な気がする。
それにしてもハッカーが主人公の映画がリアルに感じられる時代になったんだなぁ。

とにかく面白
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.6

設定が興味深かったので観てみた。
人間自身の「破壊的な本能」を認める為に1年に1日だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる。
生きてる限り常につきまとってくる生と死という重い問題を

「12時間だけなら何
>>続きを読む

ロシアン・ドールズ(2005年製作の映画)

3.8

相変わらずのクオリティ、好きだなこの監督。
オープニングのお洒落な編集と、グザヴィエがたて笛を吹いているシーンや馬に乗るシーンの陳腐な表現。そのギャップにやられてしまう。
3部作も次でラストかー、早く
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.8

この監督は本当に素晴らしいと思う。
内容的にすごく苦しくて痛々しくて、子を持つ母親ならきっと本当の意味でもっと理解できるんだろうなと。
自分は逆に迷惑を掛けてきた側なので入り込んでめちゃくちゃ心苦しく
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.8

「ノアの箱舟」の実写。壮大なテーマに負けないくらいの映像美と演出で楽しめた。
前々から気になっていたので観れて良かった。
今日は「7つの贈り物」と続けて観たので人間という存在について色々と考えさせられ
>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

4.2

めちゃくちゃ良い映画だった!
ウィルスミスの演技が素晴らしすぎる。
評価が低い意味がわからん…
【以下ネタバレになるかも】



主人公は過去に犯した罪と闘いながらどうすれば償えるのかと、きっともがき
>>続きを読む

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

4.1

衝撃的な実話をリアルに、スリリングに描いた良作。
ノンフィクションの映画を製作するのはフィクションよりも何倍も難しいんだろうと思う。特にこういった戦争映画は。

脚本ももちろん良かったが、まずは世間か
>>続きを読む

スパニッシュ・アパートメント(2002年製作の映画)

3.8

もしも自分が海外へ留学したら…
そんな体験をさせてくれる映画だった。
生まれた国や育った環境の違う若者たちがルームシェアし暮らす。数年後には若気の至りだったと反省しそうな事もまた青春。
そこも含め楽し
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.3

ストーリー自体が好みだったので期待して観たが期待以上に良かった。

もう少し重い感じかと思いきや全体のテンポも良く、音楽のチョイスもあくまで悲し過ぎず、せつない物語のはずなのに幸せになろうと懸命に生き
>>続きを読む

シェルター(2009年製作の映画)

3.6

今夜サスペンスがどうしても観たくなりあらすじを読んだイメージで純粋な多重人格者についての物語だと思い借りてみたら、そっち系なのね。
途中でそれがわかり残念に思いながらも、なんやかんやで最後まで夢中で観
>>続きを読む

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.8

いつものキタノ映画とは全く違ったコメディタッチの任侠(?)映画。
要所要所にクスッとなる笑いを織り交ぜつつ、締めるところは締める(締まってるのか?)。
すごく面白い訳では無いが、なんだかずっと飽きずに
>>続きを読む

BARに灯ともる頃(1989年製作の映画)

3.5

何歳になろうが息子が心配で過干渉な父親と、それを疎ましく思い反抗する息子。
ただただその二人の関係性をつらつらと描いている。しかしそこには間違いなく愛がある。

父親と息子の関係はいつの時代も本当に距
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.0

ショートターム12という孤児院に預けられた子供達と、そこで働く人達の物語。
こういう内容の映画は子供達にスポットが当たるものが多い中、主人公達もまた複雑な家庭環境で育ち生きていく苦しみとそれでも幸せを
>>続きを読む

ブロウ(2001年製作の映画)

3.8

実在する麻薬王の半生を事実に基づいて綴った作品。
幼少期に体験した貧乏な生活から逃れる為、手を出した麻薬密売。
人は欲を満たす為に時には自分でも想像していなかったような行動に出てしまう。
そういったあ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

7年前の映画にしてはシナリオやジョークがやたらと古めかしくて、馬鹿みたいに分かりやすい展開なんだけど自分にはとても素敵なファンタジー映画だった。
80〜90年代頃のアメリカ映画っぽさが逆に良かった。
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.1

人と映画の出会いを左右するのはその時の環境とそこにある個人的な感情で、タイミング良く出会えた映画は1.5倍から2倍くらいの効果を、タイミングが悪ければ半分以下の感想になってしまう。

自分のやりたい事
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.9

1に続き主人公ジョーが語る、自身の堕落していった半生について聞き手の男(名前忘れた)と共に本や音楽や宗教などを例えにディスカッションする。
今作も直接的な映像描写が多かったが基本的なカメラワークはやは
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

4.1

この映画を観た感想によって自分と合うか合わないかがわかるんじゃないかと思うほど共感する部分もあり、数式や音楽を例にするなど表現としても素晴らしい内容だった。
その表現は観る人によっては無理矢理かもしれ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

2.8

【毒吐きます注意】

映画であんまりこう思う事は少ないけどマジで面白くなかった。
くだらなすぎて最後らへんは倍速で観た…( ꒪⌓꒪)
「ピッチパーフェクト」ってタイトルが主人公達のアカペラグループのピ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.3

「ONCE」に続きこの監督は音楽をより良く伝える事に本当に秀でているなと感じた。
前作の方が音楽としては好みだったが、内容や演出で越えてきた。
選曲、タイミング、全てにおいて完璧。
もちろん内容も素晴
>>続きを読む

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

4.0

小説家の父と離婚した母、小説家を目指しながらも愛を信じられずにいる娘と自分に自信を持てない息子、重病を患った母を持つ彼氏、ドラッグ中毒の彼女。
そんな彼らが紡ぐ物語は全くもって特別なものではなく誰が見
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.7

タッカーとデイルは友達になりたいくらいめっちゃ良い奴ら。笑

偶然に偶然が重なって不運にも事件に巻き込まれていくんだけど、シリアスとユーモラスを小気味好いテンポで織り交ぜていて面白かった。

ここまで
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.9

これで本当に最後なのか……最後に布石らしき物を残してたな。笑
リーアムニーソン格好良過ぎる。

3作とも全部良かったが、悲しい展開にならないと最早盛り上げようがないのかとも正直思ってしまった。。。
>>続きを読む

クイック&デッド(1995年製作の映画)

3.4

中学生の頃ハマってた西部劇。
親の仇を取りたい主人公というベタな設定だがやはり西部劇の雰囲気は相も変わらず好きだった。
純粋に観ていたあの頃と比べ、空に銃を撃ち威嚇するカウボーイ達がなんだか楽しいオモ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.9

とてもスリリングで最初から最後まで間違いなく面白い。
ドラムに重きを置いた映画は初めて観たがどうしてもロマンティック寄りになってしまいがちな他の音楽映画と比べ(大好きだけど)、よりリアルで緊迫感が素晴
>>続きを読む

>|