Yucky1018さんの映画レビュー・感想・評価

Yucky1018

Yucky1018

映画と音楽と酒があれば他に何もいらないのです(´ω`)ちなみに全部雑食です。
映像関係の仕事と、しがないミュージシャンやってます。ベストムービーってその時々で変わるよね。

映画(1142)
ドラマ(0)

モナリザ(1986年製作の映画)

3.6

"タクシードライバー"みたいだった。
娼婦たちが暴力を受けている事を知り、娼婦の運転手をしている主人公が女達を助け出そうとする。
自分が思う正義の為に一人で悪に立ち向かう男は本当にカッコいい。

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

3.6

ママとケンカをして家出をした少年がかいじゅう達の島に流れ着くファンタジー作品。
家族とケンカをした少年と同じようにかいじゅう達にもまた複雑な人間関係があり、そんな中で少しだけ少年が成長していく。

>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.8

レイプ事件の裁判の話。
当時のアメリカでは6分に一度レイプ事件が起こっていたらしいが、今は減っているのだろうか。
こういった事件をニュースで見る度常々思うが、自分より力の弱い相手を無理矢理犯すという行
>>続きを読む

バンド・エイド(2017年製作の映画)

3.8

倦怠期の夫婦が一緒にバンドをやり、夫婦喧嘩を楽曲にする事で仲を修復していく物語。ラブコメディな感じかと思いきや、結構シリアスな夫婦の問題に焦点を当てていてちょっと泣ける良い話だった。
喧嘩は絶えないが
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.6

マクドナルドがどうやって拡大していったかがよくわかる映画で面白かった。
クロックは一見店を乗っ取った悪人にも見えるがいつの時代も商売とはそういうものだ。それに本当の創業者のマクドナルド兄弟には十分な対
>>続きを読む

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993年製作の映画)

3.6

純粋ゆえにジャックがクリスマスに起こしてしまう事件の物語。
これはさすがに地上波は厳しいのかな。笑
個人的には「ゴープスブライド」の方が好きだが、キャラクターが気持ち悪可愛くて昔から好き。

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.4

おそらく歳の差は倍以上ある男女の小さな恋の話、しかしそれよりも自分は主人公の生き方により考えが及んだ。

カモメが降ってきたり放射能の話だったり出てくるけどそんな事より、パリの景観がため息が出るほど美
>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.8

2回目の鑑賞。
全ての歯車が噛み合うような脚本が素晴らしいのと主人公の父親役のスティングは存在感があってカッコいい。
バーから火だるまになって出てくる人を見て冷静なシーンにクスッときた。

パーフェクト・タイム 100億分の1の奇跡(2014年製作の映画)

3.5

敬虔なクリスチャンの母親に育てられつつも神を信じなかった息子に訪れた奇跡、実話を基にした物語。
たしかに奇跡的な体験なんだが、基本的には主人公の若者の自由奔放な旅の記録がメインになっており肝心の"奇跡
>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

4.6

観たタイミングその時の自分の感情とリンクする映画と時々出会うが正にそれだった。
客観的には充実していないようには見えないだろうが人には主観というものがある。
主人公の恋人二人が過去の自分とリンクしてし
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.8

主人公ジョージの"自分より他人を第一に考える"人柄が自身の窮地を救う物語。素敵な話過ぎて涙が止まらない。
新婚旅行のお金を奥さんが会社の為に渡してしまい、本当なら海外で楽しい旅行だったはずなのにボロい
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.8

映像と音楽が素晴らしく良かった。物語もテンポ良く進み面白いが、抽象的な表現が多く意味がよくわからない部分があったのが少し残念。

コッポラの胡蝶の夢(2007年製作の映画)

3.9

70歳の学者の男が人生に絶望し自殺しようとするさ中、雷に打たれ若返りと素晴らしい頭脳を手にする話。
ドミニクのように雷に打たれてそうなる話は聞いた事が無いが、ヴェロニカのような症例は現実にもあると聞い
>>続きを読む

ラン・ローラ・ラン(1998年製作の映画)

3.5

公開当時CMを観てめちやめちゃ気になってたのにようやく今観るという。。。
90年代頃やってた日本のドラマ「ifもしも」を思い出した。
この映画も"あの時もしあーしていたら"とかたらればの、再度やり直し
>>続きを読む

秘密 THE SECRET(2007年製作の映画)

3.6

ずっと気になってた広末涼子主演"秘密"のリメイク版。
やはり元の作品があってこそなので日本版の方が良かったがこちらも素敵にリメイクされてて感動した。

ろくでなし(2017年製作の映画)

3.4

不器用にしか生きられない人間、どちらかと言うと自分もそっち側なので好き。
物語も良かったし、長めの定点カメラが多い感じのカメラワークも「昔ながらのTHE 邦画」という感じで自分好みだった。
テーマ曲が
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

3.2

ストーリーは"笑ゥせぇるすまん"みたいで面白かったのに演技と構成が残念。。。
松坂桃李はなかなか良かったが、沢尻エリカとその上司役の髭の人の演技が酷くて個人的にシラけたのと、これ要る?ってカットがちょ
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

面白かった!
地球が危機に瀕している中、救いを宇宙に求めているのは今この地球も同じでフィクションというより或る地球と似た惑星の未来の形の一つなのかもしれないと思った。
映像も素晴らしかった!
4次元と
>>続きを読む

ラブ&マーシー 終わらないメロディー(2014年製作の映画)

4.0

ビーチボーイズのコンポーザー、ブライアンの半生についての映画。
爽やかなバンドのイメージだったのでその壮絶過ぎる人生に衝撃を受けた。。。
正に現実は小説より奇なりという感じ。
ブライアンの葛藤や病気の
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.8

男なら子供の頃もしこの世がRPGなら自分は勇者だ!と思った事があるはず。笑
ラストは衝撃だった、2019年に次回作が公開されるらしいので是非観たい。

海辺の家(2001年製作の映画)

4.8

海辺に家を建てて住むのがいつからか自分の夢で、そんな"海辺の家"というタイトルに相応しい感動的な物語だった。
夕焼けの中でダンスしたり崖から服のまま飛び込んだり、美しいシーンが沢山あった。
ひとり息子
>>続きを読む

テンダー・カズン/妖しき従姉妹 テンダー・カズン(1980年製作の映画)

3.8

色々関係性が酷いけど面白かった。笑
ずっと誰かが誰かを追ってて(恋的な意味で)、あまりこういう映画は観た事がなかったので新鮮でもあった。
ヨーロッパの素敵な愛の表現は子供の頃からの教育の賜物なのかな。

ブレードランナー(1982年製作の映画)

3.8

今、現代に観たからこのスコア。それは間違いない。
それほど日本文化を取り入れつつこの世界観を作り上げたのは時代を考えると凄過ぎる。ずっと暗い映像というところも良い。
物語としても"人間と機会が融合して
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.2

何というか、ずっと悪夢を観させられている感じで胸糞悪い。
どこかで現実に戻ると信じて最後まで観たけど救われないし観終わってホッとした。

この脚本家は自分の事を小説家か誰かにネタにされ恨んでいるのか、
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.0

末期ガンだったり病に苦しんでいる人達の物語はせつなくて悲しいが、それに反して主人公の二人が本当に愛らしくて尊くてそのバランスが自分には良かった。
"広く沢山の人に愛されるより深く一人に愛されたい"とい
>>続きを読む

ニューヨークの巴里夫(2013年製作の映画)

4.0

グザヴィエ3部作、時を経てようやく観終わった。笑
やはり彼は愛すべき男だなぁと思いつつ、ラストも個人的には一番気持ちの良い終わり方で良かった^^
3部作を通してスコア4点くらい好き。
機会があればまた
>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.9

臓器移植には賛否両論がある。自分はもし死んだ時に使える臓器があるなら使ってほしいと思っている。だがそれと同時に人間が医学の力で不自然に生き延びる事に違和感を感じている。
この映画は純粋に"移植をして助
>>続きを読む

欲望に溺れて(2017年製作の映画)

3.8

観終わってまず邦題が似つかわしくないのとTSU◯AYAさんのジャンル分けに「???」となった。
原題の"Plonger"は飛び込むという意味らしい。主人公パスは写真家で好奇心が強く何にでも飛び込んでみ
>>続きを読む

ハットンガーデン・ジョブ(2017年製作の映画)

3.4

ロンドンで実際に起きたおじいちゃんばかりの強盗事件の話。
内容は知っていたので驚きという部分では物足りなかったが、コメディータッチでお洒落な映像や音楽を交えた小気味良いテンポが最後まで飽きさせず良かっ
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.8

この映画の存在は知っていたが、ずっと観る気になれずいた自分を殴りたいくらいめちゃくちゃ良かった!!( ;∀;)
これ観てクリスティーナ・アギレラのファンにならない人っているの??
可愛いし歌ヤバいしダ
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.9

解離性同一性障害の男が起こす誘拐事件の話。
犯人ケビンは過去のトラウマから何人もの人格を持ち、自分を守る為に理想の自分になろうとしている。
催眠術や自己暗示など人体には未だ科学では解明できない謎が多く
>>続きを読む

フーリガン(2005年製作の映画)

3.7

サッカーファンには聞き馴染みのある"フーリガン"の物語。
映画としては面白かったがそもそも論で、スポーツと喧嘩を結び付けないでほしいよね。
それでも悲しいかな男には共感できてしまう部分もあるが、人間が
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

差別主義へ一石を投じるような映画だ。
あまり大声では言えないがオバマが大統領になった時世間体にしか思えなかった、口では仲良くしましょうと言っていてもまだまだ人種差別は無くなっていないのが現状。一言で言
>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

3.3

カメラはテラスのみという映像は映画というよりも舞台を観ている感じだった。
敢えてそうしているのは理解できたが内容や演技も悪い意味で"the 舞台"という感じがしてしまい、個人的にはわざわざ映画にした理
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

2.9

少し前にテレビで、実際に7年間監禁されていた少女の話を観たせいかそれとリンクしてしまって新鮮味が無く感じてしまった、残念。。。
終わり方もあまり気持ち良いものではないかなぁ。

>|