Uさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

U

U

忘備録。感想はメモ代わりに書きます。
ベフトムービーは2019年に見た暫定BEST(順不同)

映画(1176)
ドラマ(0)

冬物語(1992年製作の映画)

-

2019.4.28 DVD #104

定期的に見直したい。
信じることの尊さ。

35杯のラムショット(2008年製作の映画)

-

2019.4.21 アンスティチュ・フランセ #102

小津感。
ダンスのシーンが最高だった。視線の重層化。

その夜の妻(1930年製作の映画)

-

2019.4.10 DVD #91

手のリズミカルな動きによる催眠効果。

パリのランデブー(1994年製作の映画)

-

2019.4.9 VHS #90

3つのお話によって構成された作品。それぞれが独立しているから群像劇ではない。パリを舞台にした恋愛が主に対話を通して描かれる。

初期のほうの作品かと思っていたら90
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

-

2019.4.7 amazon prime #89

わりと明るい作品かと思っていたら、故郷喪失者の物語だった(実際に英国に亡命した移民の歴史的な話がすこしだけ触れられる)。

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

-

2019.4.6 DVD #87

暇を持て余してニューヨークからクリーブランドへわざわざ車で赴きエリー湖を観光したら豪雪のせいで目の前に広がる光景が真っ白。あるいは、クリーブランドからフロリダまで行
>>続きを読む

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

-

2019.4.3 ユーロスペース #85

うめちゃんを画面越しにひたすら見つめ続けるしゅんの顔、『デジャヴ』ポーラ・パットンを見つめて恋してしまうデンゼル・ワシントンとダブる。

なにかに没頭する顔
>>続きを読む

牝犬(1931年製作の映画)

-

2019.4.2 DVD #83

内容の救いようのなさ(ある女性を好きになって貢ぎ続けた結果、身を破滅させる男の物語)にもかかわらず、そのような陰惨さを感じさせない。

本作は冒頭と結末に人形劇の舞
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

-

2019.4.1 amazon prime #82

歴史に名を残す政治家というものの頭の中には、箪笥からいつでも引き出せるように暗唱した賢者たちの言葉を滔々と引用してみせるものなのか。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

-

2019.3.31 amazon prime #81

映画館に行かなくてよかった作品。

コックファイター(1974年製作の映画)

-

2019.3.31 DVD #80

撮影がネストル・アルメンドロスだった。

ライバルから負けた理由を忠告されて以来、沈黙を貫くウォーレン・オーツの姿がよかった。とはいえ、身振りが雄弁。とりわけ笑い
>>続きを読む

大学-At Berkeley(2013年製作の映画)

-

2019.3.30 アテネフランセ #79

大学それ自体というよりも、原題にある名門カリフォルニア大学のバークレー校がどのように組織されているのかを肉薄した作品。同じカリフォルニア州にあるスタンフォ
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

2019.3.24 amazon prime #71

普通の「バディもの」とは異なって、デンゼル・ワシントンとイーサン・ホークが警官としての倫理性をめぐって最終的に袂を分かつ点がおもしろい。後に同監
>>続きを読む