エジャ丼さんの映画レビュー・感想・評価

エジャ丼

エジャ丼

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.1

「謎が、満ちてゆく」

1890年代、ベテランの灯台守トーマス・ウェイクと新人のイーフレイム・ウィンズローがニューイングランドの孤島にやってくる。2人の間には険悪な雰囲気が漂うが、嵐のせいで2人は取り
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.3

「闇だけが少女を救う・・・」

1630年のアメリカ、ニューイングランド。キリスト教を信仰する一家が村の外れに越してくる。ある日家族の赤ん坊が姿を消した。父であるウィリアムは、娘のトマシンが魔女ではな
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

「喪失」

81歳のアンソニー、その娘アンは、認知症の兆候が見え始めた父親にヘルパーをつけようと試みるが、彼はそれを拒否してしまう。

ただただアンソニー・ホプキンスの演技にやられた。認知の欠如が酷く
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ ライブ・エイド完全版(2018年製作の映画)

5.0

何も語るまい。多分カタルシスの流れ的に落ち着いちゃう二曲をカットしたのだろうけど、これで公開してくれても問題なかった。

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

2.6

「空をブチ抜け。」

ミスター・ノーバディが何者かに襲撃され、救難信号が送られた。レティと息子と共に平和な暮らしを送っていたドミニクだったが、送られてきた動画に映る十字架のネックレスを見て、救出に向か
>>続きを読む

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.8

「ホブスとショウ」

イギリスのロンドンでウイルス兵器の奪還の阻止に成功したハッティ・ショウは土壇場で自身にウイルスを注射し、テロ組織「エティオン」の使者ブリクストンに追われる身となる。彼女を救うため
>>続きを読む

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.2

「ファミリーが崩壊する。」

ある日謎の女性サイファーからある写真を見せられたドミニクは、ファミリーを裏切ってしまう。ファミリーは、ドミニクを取り戻すため因縁の相手デッカード・ショウと手を組むことにな
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.2

「最後のミッションは空へー。」

オーウェン・ショウの兄、デッカード・ショウのファミリーへの復讐が開始された。手始めにホブスに重傷を負わせたデッカードは、次にハンの殺害を目的に東京へ降り立つ。

ジェ
>>続きを読む

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年製作の映画)

3.8

「ファイナルステージは、欧州。」

オーウェン・ショウ率いる犯罪組織が軍隊を襲撃。捜査官ルーク・ホブスは、組織壊滅のためドミニクらに協力を依頼する。

前回でドムらファミリーと一戦交えたホブスが、なん
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

4.5

「ついに、ファイナルラップへ」

懲役25年の判決を言い渡されたドミニク・トレットは、ブライアンらファミリーによって護送車から脱走。そのため国際指名手配されてしまう。アメリカ外交保安局の捜査官ルーク・
>>続きを読む

ワイルド・スピード MAX(2009年製作の映画)

3.5

「誰か、コイツら止めてくれ!!」

ドミニクの恋人レティ・オルティスが殺された。死亡現場に残ったニトロ原料とタイヤ跡をもとに犯人を特定し、ドミニクは復讐を誓う。一方、ブライアンは再びFBIに復帰、アル
>>続きを読む

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.0

「TOKYOは今、サーキットと化した!」

素行の悪さからレースを禁じられ、父の住む日本へと来たショーンは、慣れない文化に苦戦しながらも日々の生活を送っていた。しかし、夜の街でD.K.(ドリフト・キン
>>続きを読む

ワイルド・スピードX2(2003年製作の映画)

3.7

「限界を突き抜けろ!」

ドミニク・トレットの逃亡に関与したとして職を追われたブライアン・オコナーだったが、腕利きのドライバーを探しているという麻薬組織への潜入捜査を命じられる。ブライアンは、相棒を自
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.6

「太陽が沈むと、もう一つの世界が始まる…」

高級品を積んだトラックのハイジャック事件の捜査のため、深夜にストリートレースに熱狂する若者たちに警察官のブライアンは潜入する。中でもドライビングテクニック
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.8

「こいつは刑事か、死神かー。」

五十子会会長の殺害から3年後、日岡秀一によって広島の裏社会は統治されていた。しかし、広島仁正会傘下五十子会の"悪魔"上林成浩が出所。保たれていた秩序は崩れ始める。
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

「警察じゃけえ、何をしてもええんじゃ」

昭和63年、暴力団対策法施行直前。広大卒の新米刑事・日岡秀一は呉原東署に赴任、ベテラン刑事の大上章吾とコンビを組む。暴力団組織五十子会の配下である加古村組と尾
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

4.2

「地球最大の究極対決。」

ゴジラVSコング。

モンスターバース、駆け足で観てきたわけですが、今作が一番面白かった。ストーリーは至ってシンプル。「王」を決める、ただそれだけ。怪獣たちのプライドを賭け
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.7

「王の覚醒。」

エマ・ラッセル博士の主張は「人類の文明活動が原因で崩壊寸前の地球環境を修復するためには、地球の免疫である怪獣による破壊と再生が必要」。しかし、怪獣との交信装置オルカを環境テロリスト、
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.2

「この島で、人類は最弱。」

コンラッド率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨
>>続きを読む

GODZILLA ゴジラ(2014年製作の映画)

3.2

「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」

1999年、日本。原子力発電所で働くジョーは、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いてい
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

3.7

「過去の闇と戦え。それだけが、世界に残された光——」

"シビル・ウォー"の直後、ナターシャはかつての"妹"エレーナに出会う。彼女らを訓練したスパイ組織"レッドルーム"の秘密を知ったことにより、命を狙
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.4

「もう音を立てずには生き残れない」

エヴリン一家は住処を移動。その最中、"何か"に襲われた一家は、ある廃工場に身を潜める。そこにいたのは、謎の生存者エメットだった。

※ネタバレ注意

音を立てては
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.7

「描いてはいけない、主人公だった——。」

山城圭吾は、連載を持つことを夢見る漫画家のアシスタントだった。ある日、スケッチを描きに住宅街へ出掛ける。深夜にもかかわらず音楽の流れるある豪邸に足を踏み入れ
>>続きを読む

キャプテンEO(1986年製作の映画)

-

懐かしい
今思えばこれがディズニーにあったの変な感じ

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.8

「これで終わる。ここから始まる。」

幕末の時代、人斬りとして暗躍していた"緋村抜刀斎"は、ある酒屋で雪代巴という女性と出会う。

このシリーズは配役に外れがない。有村架純の巴はもちろん、村上虹郎の沖
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

3.5

「未来はここから始まる」

緋村剣心に恨みを持つ男、雪代縁が襲来。その復讐を"人誅"と称し、剣心たちに脅威が迫っていくが…。

最終章、終わりと始まりを描く斬新な手法のうちの、終わりのおはなし。アクシ
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.3

「未来のために。」

気を失った剣心を助けたのは、彼の師匠、比古清十郎であった。剣心は志々雄の討伐のため飛天御剣流の奥義伝授を志願する。

前作がそこそこ良かっただけに今作はちょっと微妙。修行パートが
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.8

「さらば、剣心。」

剣心と同じく、鳥羽伏見の戦いで維新派として人を斬った志々雄真実は、仲間に裏切られ瀕死の重傷を負い、以来明治政府に恨みを持つ。平和な時代において、今や志々雄を倒せるのは剣心のみと踏
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.7

「かならず、帰る。」

幕末の動乱期、揺れる京都に名を轟かせた伝説の暗殺者"人斬り抜刀斎"は、新時代の幕開けとともに刀を捨てた。それから10年、かつての抜刀斎は不殺の誓いを立て、緋村剣心として流浪の日
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/エクステンデッド・カット(2019年製作の映画)

5.0

「Once Upon A Time In…」

シネマイクスピアリにて鑑賞!上映してくれたことに感謝。内容は言わずもがな最高。クリフが車でかっ飛ばすシーン、日が沈んでネオンが点くシーン、やはりたまらん
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

「死ヌマデ、遊ンデ。」

1970年代初期、フォーム夫妻はとあるアンティーク人形を手に入れる。その日の夜、悪魔に関わるカルト教信者に襲われるも一命を取り留めるが、それは悲劇の始まりにすぎなかった。
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

3.4

「この恐怖は、あなたの家までついてくる…」

ランバート家が新居に引っ越して間もなく、長男のダルトンは昏睡状態に陥ってしまう。医者にも原因不明、やがて家族を不可解な現象が襲い始める。

ダースモール出
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.3

「一流の、紳士たち。」

マリファナを売るビジネスで成功を収め、裏社会に君臨していたミッキー・ピアソンは、平穏な暮らしを求め自らのビジネスの売却を考えていたのだが…。

ターゲットがダイヤからマリファ
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.0

「映画から夢が広がった 大切なぼくの宝箱」

ローマの映画監督、サルヴァトーレは幼いころに親しかった映画技師、アルフレードの訃報を知らされる。「トト」と呼ばれていたサルヴァトーレ少年にとって、村の映画
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.6

「I’ll see you down in the road」

2008年に起こった経済危機は多くの高齢者にも影響し、住処を手放さなければならなくなった者もいた。ファーンもその1人であり、彼女は自家
>>続きを読む

>|