よっぺいさんの映画レビュー・感想・評価

よっぺい

よっぺい

ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”(2021年製作の映画)

4.0

感動と涙涙でした。

嵐ファンになったのは、まだ数年前。
あれだけのステージをこなし、皆に感動を与えてくれる5人に感謝です。
人知れず努力と苦労があったんだと思う。

自分が行った北海道のドームを生で
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.2

何回もグロ連発だとグロも半減する。

ピラニアに襲われるグロじゃないのが、たびたびあって、ちょっとそれは違うよなぁと思いながら観てました。

たまには、B級映画もいいね👍

ラマン(2004年製作の映画)

2.8

エロ始めました💕⑥
何番か忘れた(笑)

コレに大杉漣出てるんです。

フィギュアなあなた(2013年製作の映画)

2.8

エロ始めました💕⑤

柄本佑、こんなのに出てたんだ⁉️
ビックリものです。

ザ・マニア 快感生体実験(1986年製作の映画)

3.3

エロ始めました💕③

コレ『おくりびと』の監督さんの初期作品。
なんかジェームズキャメロンを思い出した。

宇能鴻一郎の濡れて打つ(1984年製作の映画)

3.5

エロ始めました💕②

『エースをねらえ』の原作者に了解とったのかな?
それはそれとしてたいへん面白かった‼️

四畳半襖の裏張り しのび肌(1974年製作の映画)

3.0

エロ始めました💕①

wowowが日活ロマンポルノを放映してて、なかなか観る機会もないし月額料金を取り戻すために鑑賞した次第。

夜中に放映でも大丈夫?こんな際どいシーン
💦
と言いつつたくさん録画し
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.5

音響は、映画制作においては、かかせない大事な存在ですね。

有名どころの監督さんや俳優さん、大好きな映画の場面が出てきて嬉しかった💕

殺人魚フライングキラー(1981年製作の映画)

2.6

どっかでよく聞いたタイトルだと思ったら監督さんがジェームズキャメロンの作品だった。

有名な監督さんですが、ある意味、あの監督さんの作品と言う事で作品自体も有名(笑)

私の推測ですが、スピルバーグが
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

感動でした。

1980年に韓国でこんな大きな事があったなんて知りませんでした。
なんと無知な自分😔

ジャケや、最初のあたりはコミカルとしか思えない状況からシリアスな話しになってきました。
痛めつけ
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1960年製作の映画)

3.5

ジャンポールベルモントの追悼と言う事でNHKBSで放映されてました。

フランスを代表する俳優さん、監監督はゴダール🇫🇷
フランスの香りがぷんぷんして日本人にはこんな映画撮れないだろうなぁと思った。
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

3.5

ノーラン監督作品なんで、よくわかりませんの世界でした。
また、SFが苦手なのも要因なのかも。

映像や発想力は、さすがにノーラン監督です。
皆様高評価です。

再チャレンジしたいと思う。

劇場(2020年製作の映画)

3.2

記録です。
流して観てしまいました🙇‍♀️

ジェームズ・ボンドとして(2021年製作の映画)

4.0

昨日、最後のダニエルボンドを見届けて、早速、これまでのダニエルボンドの15年の軌跡を追ったドキュメンタリーを見ました。

新ボンドに抜擢された当初は、期待薄や、金髪のボンドってどうなの?などなど。耐え
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

5.0

私ごときがレビューするのがおこがましくて。

ダニエルクレイグ。ずっーと好きです。素敵すぎて💕
スーツが一番似合うボンド。
もう見れないのかと思うと涙涙です。

さっき観てきましたが、何回も公開延期な
>>続きを読む

わが母の記(2011年製作の映画)

3.5

とっても良い映画でした。

なんと言っても、樹木希林と役所こうじの演技につきます。
特に樹木希林のおばあちゃん役が上手すぎて。
TVドラマの『寺内貫太郎一家』を思い出した。
かたやコメディなんで全く違
>>続きを読む

私は告白する(1953年製作の映画)

3.7

素晴らしいヒッチコック。

かなり初期に、こんなに面白い映画を作ったヒッチさんは、やっぱりただものではなかった。

最後の法廷シーンが、特にいい!
モンゴメリークリフト、正統派の美男子です〜

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

3.2

相米慎二監督は、あまり知らなかったのですが、私が在住している隣市の出身なのを最近知った。

遺作です。
ちょっと退屈で、最後の10分くらいが物語って言う感じ。
しかしながら、人生を終わりにしたいと思っ
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.5

潔く殺されます(笑)皆さん。

主人公が殺されてその後どうなる?と思ったけど、その後とんでもなく強すぎる女性出てきた!

ヒラリースワンク?お顔もひとまわり小さくなって若返ったか?なんかヘンだなと思っ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.3

Beatlesのいない世界を描いた作品。
Beatlesの熱狂的なファンではないけど、好きな曲ばかり。

作品の内容もさることながら、曲を楽しみました。
偉大なるグループでした🎶

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.5

一般的なガチなラブストーリーかと思いましたが、自分探しの素敵なあったかい映画でした。

家族もギスギスした状況から打ち解けて、自分まで気持ちが晴れやかになりました。

出だしから中盤までちょっと退屈で
>>続きを読む

間違えられた男(1956年製作の映画)

3.2

ヘンリーフォンダが若い時の映画🎬
かなり古い。
お話しも淡々としている。
そっくりさん。間違えられた悲劇が怖かった。

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.3

主演が、イケメンで良い💕
姉妹の機転のきく行動が素晴らしい✨

しかし、姉妹の姉ちゃんかなり若く見えて年齢からすると無免許運転かと⁉️たくましい姉妹でした。
でも母親と、離れ離れになる時はやっぱり子供
>>続きを読む

隣の影(2017年製作の映画)

3.5

後味悪すぎ💦
トラウマになりそう💦

下手なホラーより、強烈な怖さ。
じわじわと押し寄せてくる隣人達のトラブル。
ここまで派手なトラブルは、ないかと思うけど、近所付き合いって難しいものあります。。。
>>続きを読む

デ・パルマ(2015年製作の映画)

3.3

私の好きな監督のデ・パルマの映画が随所に出ててきた。
あ〜こんなシーンあったよね。
と 懐かしくて懐かしくて。

トムクルーズ主演の「ミッション〜」は、ヒットしましたが、やっぱり昔のサスペンス、特に「
>>続きを読む

ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ(2020年製作の映画)

4.0

考えさせられました。

私は、戦時中の人ではありませんが、戦後の復興から豊かな日本になり、私が子供&若かりし頃は楽しかった🍀

ムヒカさんの教えは、貧しさが教えてくれる事がたくさんある。
納得ものでし
>>続きを読む

断崖(1941年製作の映画)

3.3

ヒッチコックのモノクロ映画。

世間知らずの女性と、口が上手い噂のプレイボーイの結婚生活。

妻疑念を抱く→夫巧みな話術でかわす→妻疑念はれる の繰り返しでした。
途中までメロドラマのようでした。
>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.3

ジャケを見る限りでは、女の子のラブストーリーかと思った。
が ところが拡大して見たら口元に画鋲?

スリリングで次の展開が気になって釘付けでした‼️
誰もが夢見る生活は、夢で終わっていれば良かったのか
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.8

すごくいい映画でした。
家族の意味の本質を問う素晴らしい映画✨
周りを巻き込んで、好きな事に打ち込むまさやが羨ましい限りです。
自分だったら、こんな事したら相手は、どう思うだろう?と思いっぱなし💦
>>続きを読む

スペシャルズ! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話(2019年製作の映画)

3.8

「最強のふたり」の監督作品と言うよりも、フォローさんの高評価と長〜いタイトルに惹かれました。

ほんとスペシャルな人です。
なかなかできない事です。親でさえ大変な子供を預かり、すこしでも社会に適応でき
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.5

フランシス なんて可愛い💕

何をやっても上手くいかず、からまわり。でもめげずに、健気に前を向いていく。

「レディバード」を思い出す。
「フランシス ハ」のタイトル?なんだろうと思ったけど、最後で納
>>続きを読む

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

3.0

日本は、平和ボケ。
爆破予告があるのになんで人々集まる集まる💦

政権に対する怒りが、爆破と言う抵抗で、多数の死傷者が出たが、イマイチ誰からも深刻な状況が感じられない。

2時間ドラマでも良かったのか
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

3.3

ドラマ版だけで充分だと思いましたが、コレはコレで映画でした。

鷹野の生い立ちがリアルに描かれてた。何故に佐藤浩市が車椅子なのかも分かりました。
ドラマだけでは、謎の部分が多く人物関係の繋がり分からな
>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

だからやめておけばいいのに。

私だったら誘われても海底になんて絶対行きません!
次々と困難が押し寄せて、結局、最後まで生き延びたのは姉妹だけ。

海底のマヤ?も不気味だし、鮫も不気味😯怖かった。
>>続きを読む

>|