saさんの映画レビュー・感想・評価

sa

sa

映画(64)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.5

WAVESを見終わったあと、このタイトルの意味を考えた。
感情の波、人生の波。
私はこれかな。
前半と後半で見せ方がはっきり変わるのが印象的でよかった。
ムーンライトの監督だからきっと映像や色が綺麗な
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.5

面白い!
宇宙に1人取り残された主人公だけど
諦めずに次々に問題に取り組んでいく様はかっこいい。
なによりユーモアに富んでてとても見やすかった。
やっぱマッドデイモンはかっこいい。
体作りがすげえのよ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.5

今すぐこのレビューを閉じて、先入観なしで見てほしい。

透明人間(2019年製作の映画)

3.3

ホラー死ぬほど苦手だけど見てみた。
相手からの極限までの支配って本当に怖いし
いつまでも消えることのない傷になるから不気味。
見えない恐怖が演出によって最大限に引き出されていて
主人公の女性の演技が更
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.5

色彩、映像が美しい。
自分の生き方、本当の自分を見つけ出して
最後は報われたのかな。
リリーが美しすぎて、なによりエディの演技が素晴らしすぎる。
切ない愛がそこにあった。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

ラストの音楽シーンの軽快で周りを巻き込む感じがとても好き。
最近差別問題がよく取り上げられるから自然と黒人差別をテーマとしてる映画を見ちゃうんだけど
差別の実態を知ることって大切なことだし
この映画を
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

5.0

愛。
この映画を観るにあたって余計なレビューとか先入観とか捨てて欲しい。
とにかく素晴らしい映画。
私は泣きすぎて目が痛いよ。

愛と哀しみの果て(1985年製作の映画)

3.0

自然がとても綺麗な映画。
いろんな問題に打ち当たりながらも強く生きる女性はかっこいいし
食事のシーンは魅力的。
型にはまらない生き方。いいね。

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.5

最初長!!って思ったけど
180分とは思えないくらいあっという間だった。それくらいテンポもいいし面白い。
初めてピーナッツバターを食べた時のリアクションが可愛くて和む笑
ラストも個人的にはすごく良いと
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.7

二回は観ないといけない映画な気がする、そして自分なりの考察を踏まえて誰かと語り合いたい映画

ターミナル(2004年製作の映画)

3.0

トムハンクスは少し変わった人というか
独特な雰囲気の役柄がめちゃくちゃ上手い。
フォレストガンプっぽさがあった。

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

5.0

久しぶりに号泣しながら観た。
こうあるべき!って型にはまらずに自分の信念と患者を想う気持ちで次々と苦難を乗り越えてく姿は勇気をもらえる。
人を惹きつける、変える力がある人は本当にすごい。
お元気でクリ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

真実の愛。
家族とは、性とは、あるべき形とはなんなのかをすごく考えさせられる。
世の中の当たり前に囚われるのがどんなに窮屈なことか。
自分にとって、相手にとって常に最善を考えていたいな。
素敵な話だけ
>>続きを読む

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

4.6

まさにギャンブルの沼が描かれてる笑
誰しも何かに夢中になった時、のめり込みすぎた時
その他のことを蔑ろにしてしまう。
やらなきゃいけないこと後回しにして痛い目見たり、人間関係もそう。
依存しあってるカ
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

4.5

黒人差別についてよく知らなかったけどこれを機に学ぼうと思った。
まさに今、観るべき映画。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.1

めっちゃ勇気もらえる。
主人公の努力もすごいけど周りの支えも素晴らしい。
自分に何かが欠けてても頑張ろうと思えた映画。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

過去の世界に空想を抱いたり
あの頃はよかった。って思うけど
それって結局誰もが今生きてる世界をめちゃくちゃいい!って思うこと少ないよね。
ないものねだりというか。
0時回る30分前くらいに観始めたらい
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

3.0

野球詳しくないけど楽しめた。
詳しかったらもっとおもろい。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

5.0

これ誰が観てもおもろいでしょ!
登場人物みんな個性があっていいしテンポも良くて歌とダンスが軽快。
面白かった

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

-

いい話、割と幸せな気持ちになれる。
お父さんの盛り話とか嘘って誰でも経験するよね。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

5.0

演出細かいなーって思った。
ブラッドリクーパー歌もいけるんか。やっぱり人生うまくいかない男とかちょっとクズっぽい感じが最高に似合う。

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

-

マット・デイモンがかっこよすぎる
染み付いた身体能力と五感が強すぎる。

ワン・デイ 23年のラブストーリー(2011年製作の映画)

3.0

すれ違う2人の生活と仕事、気持ち
そうなんだよなあ。こういう時って上手くいかないよねえ。
正直めちゃくちゃ期待大で観た割には、、って感じはあった。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

-

まーーーじ切ない。
切なすぎる。センチメンタルにさせてくる。
主人公の女がとても可愛らしい。
だんだんと心を開いていく男との関係も素敵だった。

フォーカス(2015年製作の映画)

3.5

手癖の悪さがすごいけど上手い。
愛のある嘘が多いね。面白かった。

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

-

概念とは。。ってなった
これも伏線というか、あ、そういうことか〜ってなるところあってよかった。
主人公の無双っぷりがハラハラ感は無くすけど
おもろくていい。

>|