koideshiさんの映画レビュー・感想・評価

koideshi

koideshi

映画(123)
ドラマ(0)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

事前情報通り映画のワンカット毎に注目して観ると日本アニメのキャラクターがチラホラ出現しており、色んなキャラクターを探すのが楽しかったです!特に、“メカゴジラVSガンダム”は当然テンションが上がりました>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

アメコミヒーロー大集合な今作ですが、一番魅力的に描かれているのが敵の大将“サノス”というのが意外性があり面白かったです!ラストは衝撃的な結末でしたが、“ドクター・ストレンジ”様の導き出した勝利への未来>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

凄い…凄すぎる!圧倒的な技術力を魅せつけるアニメーションに最高の音楽・感動的なストーリーを以ってして、これほどまでに“正しい”メッセージを老若男女・観客の趣味嗜好問わずに届けている今作『リメンバー・ミ>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

ちはやふる三部作の最終章!一作目から愛情を注いで見守ってきた“水沢高校かるた部”がついに“結び”を迎える今作では、メンバーの一喜一憂を観るたびに涙腺が刺激され、なかなか落ち着いて観れませんでした(笑)>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ギレルモ・デルトロ監督が“美女と野獣”から着想したというこの映画。“美女”でもないし“野獣”でもないのですが、この2人の関係はとても瑞々しく、“美女と野獣”に勝るとも劣らない純愛ラブストーリーでした!>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.1

とりあえず松岡茉優さんがすごい!松岡茉優さんに当て書きしたんじゃないかと思うくらいのハマり役で、松岡茉優さんじゃないと成立し得ない映画でした。演技力というか体現力が本当にすごいです。また、“二”役の渡>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

IMAX3Dで鑑賞。隠された超文明都市“ワカンダ”の登場シーンは、最上級の“秘密基地”を発見した感覚でとてもワクワクしました!マーベルの超大作ヒーロー映画ですが、“貧困の連鎖”や“人種差別”など現在の>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.9

2015年高速鉄道タリス車内で起きた銃乱射事件を描いたこの映画。主役の若者3人を演じたのは、役者ではなく本物の事件の当事者たちというのが本当に驚きです。3人で放浪するヨーロッパ旅行のシーンは本物の友達>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

本作はストーリーや役者陣の演技を含め、とても多くの“痛み”を感じる作品です。言葉や身体的な暴力による痛みもあれば、主役のフランシス・マクドーマンドをはじめキャラクターたちの心情的な痛みもあり、それを容>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.1

IMAX2Dで鑑賞。音楽やダンス、演技がとにかく素晴らしく、最高の“ミュージカル映画”でした!ストーリーは不快な部分を極力取り除いた少し上品過ぎる味付けにはなっていますが、ミュージカルシーンに圧倒的な>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.9

白石監督作品は好きでよく観させて頂いているのですが、今回の作品は正直うーんでした。全体的にキャラクターの演技のテンションが高いのは良いのですが、大仰にするが余り演技の粗があちらこちらに見受けられ、それ>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.8

ストーリー・キャラクター・音楽などすべてがおどろおどろしく、観ている間は常に心がザワついていました。誰も見てはいけないとされる“のろろ様”を半ば強制的に観客に見せつけてくる意地悪さもニクいです。この映>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

キングスマン2作目の今作!出だしからド派手な格闘&カーアクションで一気にキングスマンの世界観に持っていくのは見事!お馴染みキレキレのスパイアクションは言うまでもなく最高だし世界観やキャラクターたちが本>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

途中まで「レンとレイってこのまま付き合うんじゃね?」と思って観てました(笑)BB-8はもうどのゆるキャラよりも可愛い!アイボよりBB-8を生産した方が良いのではないでしょうか(笑)上記の感想から分かる>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.0

今更初めて観たため大変恐縮なのですが、、何この世界観かっこいい!!本当に35年前の映画?と驚くくらい映像も美術も音楽も不気味&スタイリッシュでかっこよく、“攻殻機動隊”や“カウボーイ・ビバップ”など私>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.5

ピース又吉さん原作・板尾創路さん監督だけあり、売れない芸人たちが体験する四苦八苦が痛いほど伝わってくる作品でした。映画としては、最後の見せ場であるスパークスラストライブは非常に感動的で映画内の観客同様>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

寓話的なホラー作品ですが、サスペンスでもありジュブナイルでもあり見所がたくさんあってとても面白かったです!“ピエロ”に“恐怖”を感じてしまうのは私自身もそうなのですが、主人公たちが自分自身の苦しみや恐>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.4

個人的には前編が良かっただけに少し「うーん…」な作品でした。新次と裕二、劉輝の確執や芳子と母親の“繋がり”は有耶無耶なままだし、健二の父親健夫はまだしも彼をずっと引き連れる学生の子の心理がよく分かんな>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

1989年、冷戦末期のベルリンを舞台に繰り広げられるスパイアクション映画。とにかく主人公を演じるシャーリーズ・セロンが抜群にかっこいい!キレキレの格闘やガンアクションを階段や車中など様々な場面でこれで>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

とりあえず、もう圧倒されました。扱うテーマも内容も盛りだくさん過ぎて、全ては語りきれません。ただのボクシング映画じゃなく近未来日本サスペンスだしラブストーリーでもあるし、、見所が本当に多い!こんな映画>>続きを読む

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー(2016年製作の映画)

3.7

とかく舐められがちな“レゴムービーシリーズ”ですがアクションやコメディセンスはやはり最高!今回は“父と息子”の関係を軸に家族愛を描いています。ただ、“レゴムービー”ほどの意外性や感動はなく“レゴバット>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.0

最初は田舎の村で起きた猟奇事件の謎を追うミステリー作品かと思っていましたが、話が進むにつれいい意味で予想を裏切られる展開にどんどん引き込まれてしまいました!特に祈祷師登場後からの展開は白石晃士監督「コ>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.7

犯人役を演じる役所広司さんが素晴らしい!演技の厚みが人間の厚みを体現しているようで、犯人の何層にも重なった“嘘”と“心理”を見事に表現されていました。最後まで観客を“わかりやすく”気持ち良くさせてくれ>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.0

タイトルからして“らしさ”溢れる大根仁監督映画!この方に大人のラブコメディーを任せたらハズレなしじゃないでしょうか。狂わされる男たち、そして脇役の方々の演技も見事でしたが、今回は何と言っても“狂わせる>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.3

前評判通りの良作でかなり楽しんでしまいました。ハラハラドキドキするシーンもあれば切なく泣けるシーンもありそのメリハリが気持ちいい!舞台も列車内だけでなくホームや線路などを使用したり全編通して飽きさせな>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.9

主人公“ダイアナ”を演じるガル・ガドットが本当本気で“ワンダーウーマン”でした!綺麗でカッコ良く、この人しかいないだろうなと思わせるぐらいにはバッチリハマっています!スティーブを始め仲間たちも愛嬌があ>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

音楽とカーアクションがとにかく素晴らしい!“イカした音楽が流れた瞬間、彼はイカれたドライバーへと変身する”という設定がもう卑怯というか映画的に「面白いに決まってるじゃん!」と唸りたくなる作品でした!サ>>続きを読む

台風クラブ(1985年製作の映画)

4.0

瀬戸田映画祭にて初めて拝見させてもらいました!思春期真っ只中にいる中学生の主人公たちが直撃した台風に感化され発露していく内面の数々にとても衝撃を受けました。とは言えそれらは“青春”というものを体良く現>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.2

冒頭のPOV演出から若さ溢れる新たなスパイダーマンを予感させる今作。アクションやストーリーも見応えあり、本当に新たな“スパイダーマン”というヒーローが誕生する瞬間を大画面の中観ることができた喜びでいっ>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.4

人気マンガの実写化は数多いですが、舞台である“杜王町”の空気感や存在感の構築は見事ではないでしょうか。役者の方々もそれぞれが求められるマンガ的な演技を全力で体現しており説得力があったと思います!ただ、>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.5

「白石晃士監督作品“コワすぎ!”シリーズを彷彿とさせる!」と聞き駆けつけたこの映画。似ているかはさておき、要所要所のホラー描写は想像以上の迫力があり驚きました!また面白い場面もたくさんあり、“ザ・マミ>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

妻を亡くした小説家の夫、“幸夫”。軽薄さと悲哀に満ちた演技を魅せる本木雅弘さんが本当に素晴らしく、脇を固める俳優陣、子役の子たちも本当に最高でした!中盤知らされる“幸夫”にとっては予想外のある真実、後>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

“銀魂実写化”という誰しもが認める大大大ハードルを福田雄一監督のユーモアとギャグセンスでヌルッと避けていったような今作。作品全体を通して緊張感が無く“コント感”が否めませんが、その“コント感”こそが福>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

前半の恋愛パートから物語はグングン加速し、後半の戦闘シーンの迫力にはもう目が離せませんでした。命を“殺す”戦場で命を“生かす”デズモンドの姿はイエスを彷彿とさせ、死体塗れのハクソー・リッジで神々しさす>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-04 真相!トイレの花子さん(2012年製作の映画)

4.2

これは今回のシリーズでも屈指の名作!これを観るために今まで観てきたといっても過言ではありません。“トイレの花子さん”に近付くにつれ現れる謎やタイムリープ現象。超展開に継ぐ超展開にもうワクワクが止まりま>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説(2013年製作の映画)

3.6

もうこれは完全に工藤回。ホラー的にも観てて非常に怖かったです。少しネタバレすると、この映画、河童を素手で殴ります。

>|