SYさんの映画レビュー・感想・評価

SY

SY

映画(18)
ドラマ(0)
  • 18Marks
  • 18Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ホーム・アローン3(1997年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の発想力を大人が全て叶えちゃったみたいな容赦のなさと罠の数々。
展開が読みやすいのに尚、声をあげて笑ってしまう。
ここまでわかりやすくスカッと笑える映画は久しぶりで面白かったです。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

全然違うかかもしれないけど、
コメディー映画のTEDと同じパターンなのかな?

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
友達って良いな~。
~人だったらこうするぞ!...日本人はこの映画と同じ状況が起きたらどんな反応を示すんだろうか?
ダメなところを認める勇気。
相手のダメなところ、出来ない
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

5.0

この映画を観て思ったこと、
足早い。
本当に笑って泣ける。
吹き替えのダン中尉の言い方が好き。

世界中がフォレストみたいな人で溢れたらいいのになー、、、それはそれでまずいか!笑

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.1

この映画を観て思ったこと、
お腹減った。
自分で作れそうだなと思ったけど無理そうだから、subwayでそれっぽいのオーダーしてみよう。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
そっちが主人公!?
モーガンフリーマンの名脇役感すごいけどそっちが主人公だったの!?ってなった。

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
サメ怖い。
例えが失礼だけど、トイレを我慢してて間に合うか間に合わないかの瀬戸際な感じとにてる部分があると思った。

ワールド・ウォーZ(2013年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
遅いゾンビがいい。
日本はどうなってたんだろう?
この世に絶対はない。

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
おもろい!!

ゾンビ映画が苦手だったり、嫌いな人に観てほしい。グロテスクなシーンあるけど面白さが勝つから!

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
一度は観てほしい。
グロテスクなシーンもあり、観ていて不快感を味わう可能性もありますが、それもすべて含めてこの映画をだと思います。

今の時代に生まれて良かった。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
友達本当にいいやつ!
離婚してからの関係の方が楽でいいのでしょうか?
女の子は怖い(恋愛の話)
秘書を美人にするのって何で??

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(2009年製作の映画)

4.0

この映画の感想、、、
笑いすぎて覚えてない!w
エンドロールまで大爆笑な映画ってないよなー

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

この映画を観て思ったこと、
俺の家族は何も隠してませんように😢
どんな味なんだろうって思って、検索した自分に怖くなった。
欲望を抑えるのはよくないなー

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.8

何で自分なのか?何で自分だけが?

誰しも考えるときがある問いだと思います。映画の主人公はこの問いに自分なりの答えを見つけようとします。
自分ならこの問いにどんな答えを出すか、考えながら観賞するとおも
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

4.5

キレキレのアクション。
パルクール好きなら必ず見るべき!
アクション映画は好きなんですけど、
この映画を越えるアクション映画ってなかなかないと思います。
でも、どうなんだろう?
アクション映画にもたく
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.4

戦争をテーマにした映画は爆発シーンだったり迫力のある映像で一気に入り込めるが、この映画は実話を元にストーリーが進むので見ていると飽きる人もいると思う。
自分はこの映画を観て、誰も悪くないと思った。どの
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.9

マッツミケルセン関連で調べて見つけた映画。
少し調べてみるとカンヌでも評価が高く、外国語映画賞をとっている。
そこまで評価が高く有名な作品なのに日本で知られていないのはどうしてなのかすごく気になった。
>>続きを読む