大和の武蔵さんの映画レビュー・感想・評価

大和の武蔵

大和の武蔵

映画(237)
ドラマ(16)

七つの会議(2018年製作の映画)

3.0

(世界では)最近はわかりやすい敵役を作らなかったり、一つの側面で悪者にして話を進めずに、多面的な視点で悪者を作らなくても作品を面白くできる脚本増えて、映画楽しみやすくなっていると感じていたが、この作品>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.4

これもまたみんないいやつ!な映画!
お互いを尊重する友情っていいよね!好きなシーンが多過ぎて絞れない!

ロボット2.0(2018年製作の映画)

2.4

話の進み方も遅くて、状況説明も長台詞頼み。これで150分近いのはキツい。
90分くらいならまだ観れたかも。

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

4.0

前作を楽しんだ人は間違いなく楽しめる!
ゲーム内キャラ役者の演じ分けがもう最高!ちゃんと中の人が見えるのがよい、、
ありがとう!ジュマンジ!

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

3.7

Black Lives Matterは最近も世界中で注目されたが、当事者でない自分はほんの一部しか(或いは一部も)理解できてないと言うことが知れる。
言葉では、文章では知っていた色々な形の差別を知る機
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.1

最高に爆笑して、最後は予想外の涙が、、
映画史上最高?のキスシーン。

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

3.0

誰かと一緒にあーだこーだ言いながら、ゆるく楽しんだら楽しい!一人で真剣な向き合ってみたらモヤモヤが残ると思う。お酒を飲みながらカジュアルにどうぞ。

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリーなんだけど、ストーリー映画としてもとても面白い。
本来ならこう言った人物に政治をして欲しい。だが、、というような話。
今の時点から観てるからこそ、見える事もたくさんある。
熱くなるし、
>>続きを読む

フリーソロ(2018年製作の映画)

3.6

すごい映像。これは映画館で観なくてはいけないやつでした。そしたら魅力が倍増。

ランボー(1982年製作の映画)

3.7

子供の頃のランボー2のイメージしかなかったので、ビックリした(よい意味で)

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.4

こんな素晴らしい作品を劇場で見逃したのか、、と後悔するほどよかった。
物語への引き込まれもよいけど、何を置いても圧倒的な映像体験。。
家でも十分な衝撃だったが、一切の前情報無しに劇場で観れたならと思わ
>>続きを読む

レプリカズ(2018年製作の映画)

1.4

キアヌ目当てで観たけど、脚本も演出も極めて酷い。CGも酷すぎて製作年を間違えたかと思ってしまった。10年以上前のクォリティ。
ご都合主義でスルーしてるおかしい部分は山ほどあるが、一番致命的なのは全員感
>>続きを読む

デッド・ドント・ダイ(2019年製作の映画)

3.6

めっちゃくちゃ変な映画。
ゾンビ映画で、ジム・ジャームッシュ作品で、という前提で観ればあとは笑うだけ。
豪華なふざけた映画って感じ一般受け作品ではないと思います。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.4

久々の映画館でボロボロないてしまった。
ストーリーも素晴らしく、演者も素晴らしく、衣装や小物も美しい。
無理矢理文句をつけるなら演者が美し過ぎて、浮世離れしている(結局褒めてる)。
それにしてもティモ
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.8

素晴らし過ぎてうまく説明する言葉が見つからない。韓国映画が羨ましい。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

2.0

人によって評価は分かれるだろうけど、自分にはただただ不快でした。あと中身がないのに長過ぎる。何度も観るのをやめようと思った。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.7

シリアスっぽい話なのでツッコミどころが気になっちゃう人もいるかもだけど、ジャッキー映画と言うジャンル映画として最高に楽しめました。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いろいろな解釈ができるだろうが、枠(決められた価値観)に嵌められそうになり、自死を選ぶ女性の物語と考えると物語の深さをとても感じられる。最後の月からの使者のシーンは抗うことの出来ない死だと思うと、音楽>>続きを読む

>|