YasuhitoToyodaさんの映画レビュー・感想・評価

YasuhitoToyoda

YasuhitoToyoda

33歳
神戸在住。
酔っ払い&出張中にレビュー書きたくなり、読み返すと文章乱れてて赤っ恥。酷いのは修正します!
映画の中に1シーンでも見事な所があれば、後は駄作でも認める派です。
過去観た映画の当時の自分を思い出す作業化でレビュー書きます!
いいね!つけてくれた人=たぶん趣味嗜好が近いから自分が好きそうな知らない映画をレビューしてくれてそう=フォローするスタイルです!

映画(162)
ドラマ(12)

レスラー(2008年製作の映画)

3.8

ミッキーロークの役者魂に震える。

地方プロレスの郷愁と哀愁は万国共通なのか。。

僕自身、プロレスは数回観に行った程度、深夜のプロレスもたまに見るけど、熱狂できるぐらいハマる事が出来なかった。
女子
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.1

全人類の半数は見てる不朽の名作。

当時売れない俳優だったスタローンが脚本を3日で書き上げた作品。

スタローンは実在のボクサー、チャックウェップナーのモハメドアリ戦に感銘を受けて書いたと言われてる。
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.8

仕事帰りにレイトショー劇場鑑賞。
客少な過ぎ。
そして来てる奴ら人生踏み外してる系オーラプンプンか、サブカル好きメガネ男子の2択のみ。


Underworld のborn slippyのイントロが薄
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.3

クリスチャンの友達と合致した意見は
「ノアがムキムキ描写&わけわからん岩の天使の格闘シーンは違うんじゃないか?」

ただ、この映画が突出してる部分が一箇所。

ノアが創世記の7日間を説明するシーンの映
>>続きを読む

ケミカル51(2002年製作の映画)

3.4

ある程度評価高い理由は

・トレスポ以降ロバートカーライルが好き
・サミュエルLジャクソンを愛してる
・ドラッグカルチャー好き

アフロのジャクソンが薬剤師でドラッグディーラー。
新薬作って大儲けの殺
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.2

イングロリアス以降チェックする気が失せてたんですが、、、、ごめんタランティーノ!
貴方をお慕いしております。。。

シックで色気があるし、感情の爆発とスッキリ感はB級映画の醍醐味。

最近ハリウッドで
>>続きを読む

クリムゾン・タイド(1995年製作の映画)

3.8

デンゼルワシントン映画レビューに火が付いたので。

ハックマンの嫌な艦長役は名演。
デンゼルワシントンの眼差しの強さは意志の強さを表現。

というか映画関係ないけども、妄想じゃなく、本当に世界滅亡の紙
>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.6

関西ローカル、サンテレビ吹き替え視聴。

これ何回か深夜放送で観てる。

現場作業に数年従事してた経験のせいなのか、汗だくで汚らしい現場のオッさん等のハイタッチを観ると泣いてしまう病にかかってるので、
>>続きを読む

闇の子供たち(2008年製作の映画)

3.0

タイに仕事で行きまくる&向こうの友達多いです。

宮崎あおいのタイ語が聞いてられへんと定評。

映画自体はおもろーない。

内容は、エログロ?なダーク社会派?
よーは幼児売春と臓器売買のセットで、ビョ
>>続きを読む

GO(2001年製作の映画)

3.7

序盤のスーパーグレートチキンレースの地下鉄は神戸市営地下鉄の上沢駅だ!!!

僕の中で窪塚=GO
たぶん窪塚という俳優自体も、この映画で作られた所は大きいと思う。


大阪生野区にババアの家があった
>>続きを読む

世界の中心で、愛をさけぶ(2004年製作の映画)

2.8

山崎勉の俳優のノートを読み、ネトフリで観れる山崎勉作品を見返し月間。


主演の森山未來さん、、中学が一緒で保健委員の先輩後輩でした。
一緒に尿検査集めてましたが、「当時からオーラがあったなー」という
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

2.3

これは映画好きの大学生が金もらって作った脚本をそのまま通したかのような映画。

・クリフハンガー
・山猫は眠らない
・今そこにある危機

を混ぜてポップに電子レンジでチンしただけのスカスカ料理作品。
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

噂は聞いてたがこれはヤバかった。

観てて感情が置いてけぼりになり、戸惑いと、「は?」が溜まり、意味のわからない少しの感動がスパイスとなり、とりあえず終演後に禁煙してるタバコを吸ってしまった衝撃。
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

飛行機鑑賞。

これは子供居るかどうかで印象が変わるかなと。
僕は好きです。

自分の育ちが大阪の生野区、兵庫県の尼崎という西日本最難関地域ってのもあり、
「似たような家族一杯おるやん。」
ってシンパ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.6

遅ればせながら出張先タイ鑑賞。

最後の15分で久々に鳥肌と薄く涙が。。。。
観るっきゃ伝わらねえ!

ブリティッシュロックのどこか礼儀正しい仲間感が超好き。

パリ、18区、夜。(1994年製作の映画)

3.0

評価難しい映画。

90年代のフランス映画的な怠惰感とアンニュイ感とボジョボジョ小声で喋るフランス語映画。

パリ18区は、パリの北の方でムーランルージュとかあった所。

パリ行っても18区近辺はガチ
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.4

映画館鑑賞。

恐怖感というか、気色悪いというのか、大げさじゃなく観ていて気持ち悪くなった。

ポーニョポーニョポニョ♪って流行ったけど、これガチで笑って観れる映画なんか、自分には理解できず、頭おかし
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

ビジホ鑑賞。
決して大人の有料チャンネル観た後に観たからドキドキ度評価下がってるとかではないです。

最初のジュラシックパークへのオマージュ的な演出がチラホラ。


アクションホラー?の娯楽としては良
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

4.5

並々ならぬ宇宙マニアとして、感動の涙腺が最初から緩んでしまう。

実録ドキュメンタリー映画のザ・ムーンではNASAの残ってた映像、バスやその他宇宙飛行士のインタビューもあり、感動します。

が、アポロ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.2

幼少期に初めてみたジュラシックパークやバックトゥーザフューチャーの時に近い興奮とワクワクを感じました。

冒頭でAKIRAの金田バイク出てきた瞬間にこの映画に対して斜に構えて見始めた中年ギーク達の心を
>>続きを読む

じゃりン子チエ(1981年製作の映画)

4.3

コンプライアンス上もう小学校4年生がクソオヤジを養うためにホルモン焼き屋で働くアニメは放映できないんでしょうか!?


映画版の声優は西川のりお、中山千夏、島田紳助、京唄子と超メジャー級。


恵まれ
>>続きを読む

グッバイ、レーニン!(2003年製作の映画)

4.3

愛おしい映画。

東西冷戦終結時の庶民のストーリー。

優しい嘘と思いやりの映画。

昨今、ドイツの難民受け入れを馬鹿な政策だと揶揄する人も多いけど、たかだか30年前まで壁で阻まれていた事実がドイツの
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.3

最高にイカしてる映画。
ウィーンの街並みと会話だけの映画やけど、最高に胸キュン。

美男美女に生まれてない事を悔やむ映画。

ザ・一期一会

グラン・ブルー完全版 -デジタル・レストア・バージョン-(1988年製作の映画)

3.5

一回しか観てないけど未だに胸に引っかかってる映画。

ただ個人的な感情としては不快感の方が強い。
超個人的な超偏見やけどフリーダイビング系の人らの「俺、海の人だからさ。。。」感がものごっつ苦手。

>>続きを読む

アラビアのロレンス(1962年製作の映画)

4.2

幼少期含めると3回鑑賞。

砂漠に憧れが強烈にあります。
可能であれば砂漠の民と1年ぐらい旅についていって自然の過酷さを味わいたい。
その憧れはこの映画の幼少期の記憶が大きく影響。

イスラムとキリス
>>続きを読む

SF サムライ・フィクション(1998年製作の映画)

3.6

緒川たまきが綺麗過ぎる。

切られるオヤジ役は作家の中島らも。

ラストなんだかんだで好き

御法度(1999年製作の映画)

3.2

これは関西人限定になる楽しみ方かもですが、トミーズ雅の顔がデカ過ぎる&「

お前もそっちか?」と言われて困惑するトミーズ雅の顔がオモロイ。

以外は松田龍平の色気を楽しむ映画。

LGBTとかの言葉が
>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.2

名画。

歴史に名を残す英傑のほとんどが声が大きく良く通る声だったと言われてるけど、人を動かすだけの力がスピーチや言葉にはあるんだなと。

ケネディの宇宙へのスピーチが実際にアポロ飛ばしたし、そーいう
>>続きを読む

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償(2015年製作の映画)

3.7

個人的な部分が大きすぎる評価に。。。

2011-2016まで副業でフェアトレード(エシカルファッション)のブランド立ち上げてました。

実際にバングラデシュや南米の生産者の所で技術指導や相談とか色々
>>続きを読む

チェーン・リアクション(1996年製作の映画)

3.0

90年代HBOで死ぬほど再放送してた作品群。

水から核融合反応的なんでクリーンエナジー産むの開発したせいでオイル産業系から命狙われる話だった記憶。

たぶん今見るとショボいけど、キアヌリーブスが若く
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

4.0

ガンアクション映画。
伝説の元殺し屋ブギーマン。

犬を飼ってる身としては犬を殺す輩は裁判無しで一族郎党全員ぶっ殺しは至極妥当な判断。

ガンアクション&カンフーでガンフーと呼ばれるアクション。
殺し
>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.6

キアヌリーブス月間。

悪魔払い系アクション。
魂の奪い合いバトル。
タバコはやっぱ格好良い。
続編出るかと思いきや全く出る気配ない映画。

聖書読んだことないとオモローない映画。
アジアンな僕らで言
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.6

ひたすらしょーもない。

地獄の黙示録のワルキューレ騎行シーン1分が100とすると、この映画の戦争濃度は2ぐらい。

まあ撤退戦で救助待つ戦意喪失した兵士はただの肉塊が蠢くだけの集団と揶揄されるぐらい
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.0

遅ればせながら鑑賞。

映像、音楽4.5
ストーリーというか主題が個人的には好き。
昨今の哲学なき世の中、1分のネットの名声が本を読んだり家族と過ごすよりも重視されるクソみたいな閉塞感社会を見事に表現
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.8

飛行機鑑賞。

ディープブルーと同じく陽気で喋り過ぎな黒人ブラザー出すのがサメ映画の定番化??

ただディープブルーの方がトークの感じは面白い。

巨大生物好きとして言いたいです。
メガロドンたぶんこ
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.8

飛行機鑑賞。
ダメだ!
ドキドキがないただのb級アクションに。。。
最後のシーンでは初代シュワちゃんが出てきて欲しかった!

てか後50年もすればプレデターと同レベルの軍事技術なるんやろうな。。。