yasukaさんの映画レビュー・感想・評価

yasuka

yasuka

ハル ハートリー
マイクミルズ
ウディ アレン

映画(1375)
ドラマ(0)

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

そうだった。忘れてた。
キックアスは思ったよりグロくて下ネタオンパレードなんだった。

最後のクロエちゃんが街を出る前の
笑ったらぶっ殺すよがさいっこうにキュートでした!!

How They Get There(原題)(1997年製作の映画)

3.5

とっても気持ちのいい音楽でノリノリなふたり。
ふたりの世界に入り込むのもいいけど、ちゃんと周りは見ましょう。

この後があればいいけど。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

2.5

アカデミー作品賞ということでいつか、いつかは観なくてはと思っていたが、なかなか気が進まなかった。
やっと観始めてもなかなか進まず、3日くらいかかった。ドラムの音が次第にストレスになった。さほど面白くな
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.6

昔よくこういう邦画よく観てたなぁって懐かしくなった。静かでなにか悲しくて朝の光が美しい感じの。
冒頭のシーンでニニフニ思い出した。
初恋の女の子が出て来たとき、あの人気者の彼は周りがつくりあげた偶像だ
>>続きを読む

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

3.0

後味が悪い。

気持ち悪い。

ただ、思ったほどの秘密ではなかった。

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

3.8

オープニングからセンスある作品。
音楽は心地良いし主人公は美男美女の兄弟だし安心して観ていられる前半。からの人形屋あたりからのホラー。
犯人のイカれ具合が怖い。サイコ思い出した。

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

3.8

うんうん。
始まりから終わりまでかなりツボ。センス最高。笑った笑った。
心地よくなりたい夜にどうぞ。

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

1.0

オラフのせいで映画館出たら日付け変わってたわ。
スタッフ誰もいなくて駐車券の延長できなくて困った。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

待ちに待ったデートの日に

もし彼女が来なかったら…
いや、もし来てしまったら…
外堀を埋めていたあの楽しかった日々に戻りたい…

という気持ちにとても共感( ´∀`)

ぬるま湯は心地よいですから。
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

悲しくて悲しくてとてもやりきれない。

腕はなくなったけど、死ななくて良かった。

あの子は死んだけど、あなただけでも助かって良かった。

そう思わなきゃ生きていけないから、私たちはなにか不幸があるた
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

えらいものをみてしまった。


どえらいものをみてしまった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

あの世はとっても美しかった。

そして隠された真実には家族の愛がとっても詰まっていて、暖かい気持ちになって、涙なしには観られなかった。

忘れないこと、語り継ぐこと、きちんと死者を祀ることにすごく意
>>続きを読む

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.5

スタイルが良くて美人な女より見た目冴えなくても心のある女を選びなさいよって若者に言っても聞く耳持たないか…。
痛い目にあってから気付くことだものね。

しかしモッズとロッカーにこんな歴史があったとは。
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.7

高校生だった頃の空気を思い出した。

教室。カーテン。風。校庭から聞こえる部活動の音。

高校生ってだけで気持ちも身体も不安定だった。理由などなく。

そんな時期だからこそ今となってはくだらないと思う
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.6

ジャケットではこの変態中年女性がイザベル ユペールだと気付きませんでした。
先日アスファルトを鑑賞して心洗われたばかりだったので、本当に振り幅の大きい女優さんだなと思いましたが、宣伝文句の世界が衝撃を
>>続きを読む

あの頃エッフェル塔の下で(2015年製作の映画)

3.6

なんて儚いふたりの愛。
初めはなぜこのふたりがと思ったが猛烈に惹かれ合い、なくてはならない存在に。

電話ボックスで「そこから何が見える?」なんてロマンチックな会話をしたかと思えば、お互い他の人と浮気
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.3

お弁当をつくってくれてありがとう。
夕飯をつくってくれてありがとう。
映画に連れてってくれてありがとう。
って
ひとつひとつのことに感謝を伝えるパターソン。
何気ない日々を丁寧に生きるって素敵なことだ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.3

この映画で重要なことは、面白いか面白くないかということではない。
これは映画への深い愛情がたっぷりつまった映画である。そして映画を愛する者にはそれが必ず伝わると思う。

魚が苦手な私はグロテスクな彼を
>>続きを読む

ハッピーボイス・キラー(2014年製作の映画)

3.0

いくらポップに殺人を描いていてもやっぱり怖かったよー:(;゙゚'ω゚'):
狂ってたよー:(;゙゚'ω゚'):

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.8

お兄ちゃんとの思い出に(/ _ ; )

本当に、見てて微笑ましくて、涙が出る兄弟愛だった。

想像もつかないけれど、やっぱり自分のルーツが分からないってのは、軸を不安定にさせるのだろうな。

本当に
>>続きを読む

ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償(2015年製作の映画)

3.5

分からない。どうすればこの問題が解決するのか分からない。そんなこと思いながらも昨日も行ったH&M。
私たちが安い値段で買わなきゃあの叩き売りレベルの服たちの値段が上がって、労働者の賃金と安全が確保され
>>続きを読む

若き人妻の秘密(2011年製作の映画)

3.3

踊りながらとてつもない目力で誘うレア セドゥ。
女から見るとちょっとおえってなるくらい妖艶。
レア セドゥは笑ってるイメージがほとんどないなー。

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.6

この警官はいい人なのに何故か信用できないと思ったのも、魔法のマントの話を聞いたときに嫌な予感がしたのも、昔観たことがあったからだった。思い出した。
とても見ていられないシーンがあり途中でやめたのだった
>>続きを読む

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

3.6

3人の共通点?うつ?同性愛?
親が子供に与える影響力の大きさ。
とっても重たいおはなしでした。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

リニューアルされた座席は、海苔の香り。

新しいものの香りって苦手なんですよね、新車とか、新築とか。なかなか掃除する機会のない映画館の座席は不衛生ですので、もちろんリニューアルしていただけて嬉しい限り
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

4.6

久しぶりに良い映画を観た。

なにが良いとは説明できないけど。

登場人物みんなが愛おしくて抱きしめたくなるような、言葉はいらないような、エレベーターに車椅子残して会いに行っちゃうような。

青い夢の女(2000年製作の映画)

3.0

やっぱり精神科医にも精神科医が必要なのね。ループループ。

悪魔の棲む家(1979年製作の映画)

1.5

ひどい。
悪魔の件はなにも解決しないまま
夫婦はこの家を放棄した。って字幕が流れてエンドクレジット。
この映画のオチそのものが放棄されとるやないかい。

ニュースの天才(2003年製作の映画)

2.0

後半ずっと頭にきてたけどいちばんは、クビを言い渡された後、上司に空港に送ってと頼むシーン。頭悪いの?
ひとりだとどうにかなりそうだから、ってそれ上司に頼むことじゃないし、別にどうなったって構わないし。
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.5

こんな信長はずるい。

信長も蘭丸も完全に泣かせにきてるやん。

こりゃ蘭丸もどこまでもついていくわー

綾瀬はるかと堤真一は海街ダイアリーなんかよりずっっと気持ちのいい関係だね。

>|