Yasuさんの映画レビュー・感想・評価

Yasu

Yasu

映画(142)
ドラマ(0)

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

レクターの冷静な分析と駆け引きの話術に惚れた。ジョディフォスターの美貌は言うまでもなし。

サイコモノは好きだが、少し物足りない。個人的には皮を剥ぐシーンもあればいいと思った。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

5.0

産まれた瞬間からハードモードの運命に争う術もなく親の言いなりになるしかない子供たち。

未だに人身売買は全世界で取引があるのだろうけど、いつかこの映画のような世界がなくなることを祈るばかり。

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.8

今の自分の私生活を振り返っても、いつも気にしている言葉の使い方について考えさせられた。

いい歳になると言いたいことも言えなかったりするけど、やっぱり言葉で伝えるって当たり前だけど大事。

実体はない
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

4.5

光、特に空、雲、太陽の描写が美しく、物語の感動を引き立てている。

観る年齢と家族の中の自分の立ち位置によって感想が分かれると思うが、全般的に綺麗にまとまっている。

もう一度観たいと思える作品。
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

それぞれ生活に事情を抱えていても
同じ夢に向かって頑張る姿とそれを
応援するムーンの明るいキャラがいい。

日本のアイドルはディスられてる?w

テイラースウィフトはやっぱり良い!
と改めて感じさせて
>>続きを読む

ファースト・キル(2017年製作の映画)

3.3

リーバイが傷を治してもらってから
ちゃんと説明すればここまで拗れる
ことなかったんじゃないかなぁ?

けど、汚職といっても警官が正義!
って雰囲気はどの国でも当然なんだね。

人質になってる時の会話が
>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.5

あっさりしてて面白い。

スリのスキルは観ていて楽しかったけど、
それ以外は特にひねりも深みもなく、
ただ淡々とストーリーが進んでいく感じ。

僕の大事なコレクション(2005年製作の映画)

3.2

ナチスネタということで期待したが、
内容はかなりマイペースでシュール。

じいさんが思う過去の事実と自殺した
心境に深さを感じた。正直あまりよく
分からなかったのだけど…

サミー デイビス Jr.J
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.5

観終わったあとに感じたことは、
この少尉が上司だったらなぁ!
ということ。

厳しいけど機転がきいて部下を
良い方向へフォローしてくれる。

内容はまっすぐでこういうのもあり。
水中での戦闘がイマイチ
>>続きを読む

2012(2009年製作の映画)

3.2

迫る天変地異から逃げ惑うシーンは大規模で迫力があったが、途中から飽きてくる。

中盤から大体ラストがイメージできる内容だったけど、もう少し短くできないもんかね。

絶望的な状況で人命を守るために自分た
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.5

ロビンの人が良すぎる部分が夫婦関係を瓦解に導いたのだろう。ゴードとの関係を即絶っていれば何も問題は起こらなかった。
昔のサイモンは確かにクソだが、墓場まで持っていく覚悟が出来ていれば予め予防線を張れた
>>続きを読む

キング・アーサー(2016年製作の映画)

3.8

SFだから所々違和感はあるが、派手なアクションがテンポよく続く。逃走シーンでは自撮りカメラ持って走ってたのかな?と思うくらい、臨場感があった。
ストーリーも寄り道しすぎず心地よい。メイジの魔法は見応え
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.3

トミーリージョーンズとウィルスミスの印象が強いシリーズだから、正直あまりしっくりこなかった。
双子はもう少し使い道があったと思う。

リプリー(1999年製作の映画)

3.6

原作情報ゼロで観たけど、見応えあり。
保身による口封じが明るみに出ないよう、周りを欺く方法が其の場凌ぎだが、考え抜かれていて面白い。
ディッキーの指輪にこだわるあたりに狂気を感じるが、マットデーモンが
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.8

この映画は感想が難しいけど、何がここまで点数を引き上げたか考えると戦闘シーンのリアルさなんだと思う。
戦艦の戦闘シーンはあまり馴染みがない分新鮮さがあったし、規律を遵守しなければ乗員全員の死に直結する
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

5.0

観る価値ある一本。
トムハンクスとディカプリオの演技が上手く、内容も次々展開が新しくなるので観ていて飽きない。観終わった後もまた観たいと思える作品。

実話を再現しているからかリアリティも良く、ルパン
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

長澤まさみの配役に違和感があったけど、内容は知識ゼロでも楽しめた。

人狼 JIN-ROH(1999年製作の映画)

3.7

独特の画風が面白い。
陰影の使い方で暖かさと冷たさが
よく表現されている。
戦後の日本の雰囲気も好き。

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.5

男女差別がなくなった現代を生きているから、普段は意識しないが、過去の努力が実を結んでいると実感できた作品。
ただ、事実に基づいた内容だからか、観終わった後の印象が薄い。
最後の法廷のシーンでは口頭だけ
>>続きを読む

ザ・ガンマン(2015年製作の映画)

3.7

ショーンペン好き必見。
役作りの肉体改造がヤバい!
サスペンスキャラから一気に脱却(笑

ただストーリー自体は悪くないが、内容が薄い。スナイプ好きとしては凄腕スナイパーのスキルをもっと盛り込んで欲しか
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

いい話。
当時の差別社会があそこまで露骨だったのかと考えさせられた。
未だ理不尽な差別はあるが、周りに流されるのではなく、人として何が正しいかを判断できる人が増えてくれればと願う。

ポワゾン(2001年製作の映画)

3.2

ラストはなんで生きてるんだ?
とモヤモヤ…

最後は首を折られて死んでもらいたかった笑というか、首折り機がどう動くのかが見たかった😅

しかしルイスは完全に自分を見失ってたね。けど、あそこまで惚れちゃ
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

若干20にしてあの切り返しには感心した。
バレたら殺される絶望と人の死をなんとも感じない感情の麻痺が極限状況を生んでいてよく表現されている。

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

数字を追いかける営業の泥臭さはそれほど感じなかった(ここをもう少し出してもらいたかった)が、内容はスッキリとまとまっていて良かったと思う。ただ、キャストが豪華すぎて要所要所の印象がボヤけてしまっている>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.3

実話に基づいた内容だけど、100km以上で暴走してるはずが、ところどころ30kmくらいしか出てなくね?と、臨場感にかける場面が結構あった🤔けど、デンゼルワシントンがハマり役👍家族愛もいい感じのアクセン>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.0

鉄鋼ジーグの元ネタが分からないけど、
イタリア映画っぽい独特のクセがあった。
ヒーローものと謳われているけど、タイトルと内容が微妙にアンマッチな気がする。和訳だからかな🤔

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

MIシリーズとして見応えがあった。
トムも結構歳だから次回予告っぽい
終わり方をしなかったのかな🤔
スパイものは好き。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.8

クルーも含めて冬眠ってどうなの?
とは思ったけど、あのシチュエーションに自分が立たされた時、なすすべなければ同じことをしたかも?と考えてしまう。
終わり方も良かった。

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

2.5

海外と日本の基本的な恋愛観が違うから、共感できる部分がなかった⤵︎それを度外視しても何の脈絡もなくヤルのが早すぎて、その後がグダグダになってる感じ。キャラ設定次第ではもう少しいい映画になり得るかな。

沈黙の包囲網 アジアン・コネクション(2015年製作の映画)

2.0

ヒデェ映画w
内容が単調で安っぽすぎる。
セガール出す意味もないw

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.2

実話だったのね。
元兵士に殺された理由が知りたかったが、スナイプ物は好き。もう少し技術面のシーンが欲しかったかな。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

金かけてない割には面白いと思えたが、2度3度観る気にはならない。日暮は応援したくなったけどヒロインや日暮の娘にはムカついたw

イコライザー(2014年製作の映画)

3.9

デンゼルワシントンがハマり役。
冷静な殺しに魅せられる。

>|