ユタ

ユタ

点数高めな人です。

海辺のポーリーヌ(1983年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

15歳の女の子ポーリーヌと、その従姉マリオン、モテるハゲのアンリ、イケメンなのにモテないピエール、海でポーリーヌと知り合う男の子シルヴァンたちが色恋沙汰で揉めたり、恋愛談義したりする映画。

フランス
>>続きを読む

あの頃エッフェル塔の下で(2015年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

面白かった。外交官で人類学者の主人公ポールが若かりし頃の恋愛を回想する話。

こんなお洒落でかっこいい感じでは全然ないけど、レヴィ=ストロース懐かしい…とか思ったり、自分の大学時代のことを思い出して色
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

最近4点ばかりつけてる気がする…。
ゴジラに関して詳しくなく、庵野作品もエヴァのテレビシリーズくらいしか見たことない自分でも楽しめました。

庵野版ゴジラVS日本。エヴァっぽさも感じられた。
はみ出し
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

前に見てたのですが、ポケモンやってて鑑賞メモ書き忘れてました!

今回は、ポケモンによって30億ドルほどの恩恵を受けるとも言われているアップル創業者の映画です(無理やりつなげた)。


まずアーロンソ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

公開当時映画から離れてたので未見でした。今頃みました。

いろんな方が色々書いていると思いますし今更特に書くともないのですが、面白かったです。
アメコミ詳しくない自分でも楽しめた。

町山智浩が言って
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

狭い団地で起こる人間関係の悲喜こもごも
‥‥と思いきや「思わぬ展開」の話。
多分予告編では終盤の展開は想像つかないと思う。


劇場で見たのだが、かなりご年配の方が多かった。
斎藤工が序盤から結構飛ば
>>続きを読む

アイ・ウェイウェイは謝らない(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

中国の芸術家アイ・ウェイウェイのドキュメンタリー。
昔森美術館での展覧会に行ったことがあり、気になって鑑賞。

北京オリンピック会場・鳥の巣の設計に参加しながらも、政府プロパガンダの道具にされていると
>>続きを読む

仮面/ペルソナ(1967年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

TSUTAYAの発掘良品にて。

失語症になった女優と看護師が療養の為共同生活を始めるが‥という話。

あんな状況じゃ、そら逆転移が起こるに決まってると思ったけど、作り手からすればそんな所はどうでもよ
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように
>>続きを読む

お引越し(1993年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

両親が別居したことで一人の少女が揺れながらも、大人になっていく様を描く。



蓮實重彦がフレデリックストロースの言葉を引用しながら「鮮血の飛び散る暴力映画より遙かに暴力的な作品」と言及していたけど、
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

昔、強盗や殺しもいとわない悪党であった農夫・ウィリアムマニー(イーストウッド)が賞金首を殺す旅に出るが‥という話。


西部劇はどちらかというと苦手でくわしくなのですが、楽しめました。

それは、この
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

新人刑事ミルズ(ブラピ)とリタイヤ間近のベテラン刑事サマセット(モーガンフリーマン)が、”七つの大罪”になぞらえた猟奇殺人を犯す連続殺人犯を追う話。

※ネタバレ設定ですが、終盤、ラストの内容はふせて
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

犯罪心理学者の夫婦が越してきた家の隣には、奇妙な隣人が住んでいた‥というサイコサスペンス。

黒沢監督がインタビューで、役者は監督の駒というか、巧さを重視してないのでは?というインタビアーに対し”役者
>>続きを読む

スクリーンで観る高座・シネマ落語&ドキュメンタリー「映画 立川談志」(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

立川談志の落語を語る上で欠かせない「業の肯定」「イリュージョン」について知ることができる。

「イリュージョン」に関してはナレーションでもいわれている通り言葉にするのが難しいので、この映画で見ることの
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます。

26歳で証券会社を設立したジョーダン(ディカプリオ)が非合法な手段を用いウォール街で成り上がっていくが…という話。


終始ラリってる感じというか、狂乱のなか欲望の渦に飲み込まれてる感じというか、三時
>>続きを読む

Peace(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

Netflixで鑑賞。

音楽、テロップ、ナレーション一切なしのドキュメンタリー。想田監督の”観察映画”番外編。
福祉車両運転手をしている柏木さんと、福祉NPO代表の奥さん。
利用者の障害者の方、NP
>>続きを読む

ウィークエンド(1967年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

ギャオでやってたので軽い気持ち見てみよう、と思ったら返り討ちにあった。

互いに愛のない夫婦が週末、親の遺産を得るためにパリから田舎へ帰るというドタバタコメディ、
なのだけど引用やパロディが多く簡単に
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます。

岡田(濱田岳)は、バイト先の先輩安藤(ムロツヨシ)が惚れているカフェ店員阿部(佐津川愛美)との仲を取り持とうと奔走するなかで、カフェの常連である昔同級生だった森田(森田剛)と久々に再会する。岡田は阿部>>続きを読む

石の微笑(2004年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

繊細で家族思いの主人公フィリップは、妹の結婚式で花嫁付添人のセンタと出会う。
彼女はフィリップを「運命の人」と呼び、お互い一目惚れした二人はやがて結ばれるが、センタはフィリップに愛の証明のためにと4つ
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

個人的に「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で、はからずも運ばれてくるトマトソースのハンバーグのくだりを褒めてて、信頼できると思った是枝監督。笑

期待通り良い作品でした。

凍らせたカルピ
>>続きを読む

麦子さんと(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

ギャオで視聴しました。

この映画は、主人公麦子が、母親の想いに気付かず傷つけたことに後悔する話で「決して時間は巻き戻せない」っていう苦さ、痛さが根底にある。

だけどそれだけじゃなく、「母親が生きて
>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

もう2度と見たくない映画。
もちろん褒め言葉です。

ここで戦争がどうこう語るつもりはありません。
個人的に、「野火」は”戦争”というものを真正面から描いた本物の戦争映画だと思いました。


そして名
>>続きを読む

キングス&クイーン(2004年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

画廊を営むノラは実業家の男と結婚を目前にしているが、父親がガンで余命わずかと知り愕然とする。

一人目の亡くなった夫との間に生まれた子供を父親に任せきりだったからだ。

そこで過去に一緒に暮らした経験
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

こういう映画は精神的にも体力的にも余力がないと、引っ張られてしまうので、
頻繁には見ないのですが、見てよかったです。

予習をしたおかげか、美しいショットの数々に見とれたおかげか、最後まで興味深く見る
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

ディズニーによる「多様性」の授業。
それを「親子で安心して楽しめるノワール」に仕上げるという発想と実現できる力量はさすが。

差別の根っこにある”恐れ”だったり、”事実を話しているだけ”という言葉の危
>>続きを読む

メアリー&マックス(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

メアリーは親の愛情を受けずに育ったいじめられっ子の女の子。一方マックスはアスペルガー症候群と診断され、社会とうまく馴染めない中年の男性。友達のいない二人がひょんなことから文通を通して心を通わせるように>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

最高でした!
自分のような一作目のロッキーをリアルタイムで知らない若い世代こそみるべき傑作だと思いました。ライアンクーグラーが同年代ってのも大きいと思う。
見終わったあと、無駄にシャドーボクシングした
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

映画の中では、死者の通り道とされる滝と陸地の境界であったり、夫が死んだ海と陸地の境界が重要なシーンで出てきます。そこからも読み取れるように岸辺とは、私たち生きているものの”こちら側”と死んだものたちの>>続きを読む

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

笑いやオマージュも散りばめられていて、少しホロっとさせてくれる青春映画。
こういう映画を道徳の授業で使っても良いのでは?と思いました。

エマストーン演じる主人公がゲイの男の子やモテない男の子を助ける
>>続きを読む

スイートプールサイド(2014年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます。

個人的な意見ですが、
つまらなかったとは思いませんが、傑作かと言われれば正直そこまでは、、という感じでした。

変態がどうとかじゃなく、原作からなのかもしれないけど、単にストーリー自体に感情移入できま
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

ゲイのカップルが、ドラッグ漬けで育児放棄の親に育てられたダウン症の子供を家族として迎え入れ愛情深く育てるが、当時の厳しい現実、差別の壁が立ちはだかるという実話ベースのお話。

フィクションの部分を御涙
>>続きを読む

青春残酷物語(1960年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

松竹ヌーベルバーグ。身体中で世の中にぶつかり、敗北する恋人同士の若者二人。

やり場のないエネルギーを持て余し破天荒に生きながらも、あらかじめ自分たちの未来を諦めているような表情が印象的だった。そして
>>続きを読む

Seventh Code(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

フールーお試し中で見ました。

基本的には前田敦子のアイドル映画、長めのMVという感じでややライトな物語設定なのですが、さすが黒沢清だけあって完全にルックはガッツリ映画でした。

舞台はロシア。
実は
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます。

面白かったですが、少し期待しすぎたかな、という感じでした。

たしかに美しい作品で、映画的に引き込まれる瞬間は何度もあったし(多くの人が指摘している、二人の視線の交わし合いの素晴らしさ!)、ケイトブラ
>>続きを読む